お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
HOME > 白内障とは│症状・治し方などの基礎知識 > 白内障手術│流れ・注意点・当院の特徴を説明

白内障手術│流れ・注意点・当院の特徴を説明

加齢や合併症により、眼のレンズである水晶体が白く濁ってしまう病気、白内障。放置していると症状は進行していき、視界が霞んだり、白く濁ったりと視力に様々な影響が現れます。

白内障を根本的に改善するには、白く濁った水晶体を人口レンズに入れ替える手術が必須。手術の流れや注意点、費用などをご説明します。

白内障手術の流れ

白内障の手術をご要望の際は、まず手術の対象になるか眼や身体の検査を受けてもらいます。対象であれば詳しい説明と問診に入りまして、手術のご予約をおとりいたします。

手術では、白濁した水晶体を切開して、超音波機器で砕いて吸引します。そして、医師と患者様で決めた人工レンズを眼のなかに入れます。手術自体は15分〜30分程度で終わります。

術後1週間以内は感染症が発症しないように目元に刺激を与えないよう、注意して生活していただきます。

術後の経過を見るために、通院スケジュールを組んで、定期的に診察を受けていただきます。

白内障手術前日まで

手術前日までに、視力検査・眼底検査・採血検査などを行って、白内障手術の対象になるかを調べます。白内障の進行状態や、白内障以外の眼の病気や感染症を患っていないかも確認します。白内障手術の適応性があり手術をご希望でしたら、術後の見え方の要望やライフスタイルなどを問診していきます。

術後の見え方に大きく影響するレンズの種類を、医師と患者様で決定します。

白内障手術の内容

白内障手術は超音波水晶体乳化吸引術という方法で行われます。白内障によって濁った水晶体を超音波機械で砕いて吸引し、人工レンズを挿入する手術です。

最初に点眼麻酔を行ったら、水晶体の前面に小さな穴をあけます。水晶体周囲のセロファン状の膜である嚢は残したまま、穴から超音波水晶体乳化吸引器を使用して、白く濁った水晶体を砕いて吸引していきます。

水晶体の吸引が完了したら、空っぽになった嚢のなかに、眼内レンズを挿入します。

全てで15分前後で完了します。

白内障手術後の注意点・通院

当院では片眼の手術であれば帰宅の際に眼帯をしていただきます。片目が見えない状況となりますので、可能でしたらご家族に同伴していただき、注意してご帰宅ください。

手術後も良い視力を維持するために、定期的に検査を受けていただきすので、通院スケジュールを組む必要があります。

通院目安としては手術を受けてから1週間以内に2~3回診察、1週間後に1回、1ヵ月後に1回、2ヵ月後に1回……と、徐々にペースが減っていきます。

手術後1週間以内は、感染症を起こす危険性が高いため、こまめに経過を観察します。この期間は特に、強く目を瞑ったり、こすったりと触ったりしないようにご注意ください。洗顔も目周りに刺激を与えないために、1週間は控えましょう。目周りを避けてタオルで優しく拭く程度に収めましょう。(首から下は通常通りに洗って問題ありません)

白内障手術後の仕事

白内障手術をした当日は運転は控えてください。

翌日以降はデスクワークなど、激しく動かないオフィスワークでしたら可能です。重労働や肉体労働などは、1週間以上あけてからが安全です。お仕事内容や状況によっては3週間以上あけた方が良い場合もあります。

術後の医師の説明を守って、慎重に生活してください。

白内障手術の費用

当院の白内障手術は保険適用となります。

基本的な単焦点眼内レンズを使用した、当院の白内障手術の費用はこちらです。

日帰り手術(片眼)約6万円

*自己負担の割合によって変わります。

焦点が2箇所以上の多焦点眼内レンズをご希望の際は、手術費用は保険適用のままレンズ代のみ自己負担していただく選定療養か手術も含めての自由診療での手術の選択肢があります。

検査、診察及びコンサルテーションから、医師と患者様で十分に話し合いにご希望で適切な眼内レンズを決定いたします。

当院の白内障手術の特徴

当院では白内障の治癒率向上を目指すために、薬剤や手術による治療だけでなく、白内障、網膜症、黄斑変性症とともに、眼の病気に対して総合的な治療を行っています。

当院の白内障手術には保険適用手術選定療養制度が適用となるもの、自由診療がございます。レンズの選択や、手術内容による違いになります。

全ての取扱眼内レンズをご用意していますので、患者様の見え方のご要望、ライフスタイルに合わせて眼内レンズを選択していただけます。もちろん医師からも、検査結果と細かな問診から、患者様に最適なレンズをご提案いたします。

また、当院の白内障手術は、最新で精密な機器を使用したデジタル手術になります。この最先端機器のなかには、レーザー白内障手術で使用するフェムトセカンドレーザーが含まれ、ミクロン単位に精密な手術が実現します。レーザー白内障手術では、濁った水晶体の切開、核の分割にフェムトセカンドレーザーを用いることで、精密で高速に治療を遂行いたします。

また、患者様の眼に合わせて正確な手術プログラムを組み立てるべリオン、術中にリアルタイムに眼の状況を観察して正確なデータを確認できるORAなども揃っています。

豊富な眼内レンズと最先端機器をご用意して、患者様に最適な白内障手術をご提供いたします。

まとめ

白内障の基本の手術の流れについて、解説いたしました。白内障は加齢が主な原因でしたが、ここのところは若年層の発症率も増加しています。世界的には失明の原因トップです。

白内障は症状が進行しても手術は可能ですが、視界に影響を及ぼす病気なので、早期発見が大切です。また、最初は視界に症状が現れないため自覚症状が出にくい病気なので、定期的に検査を受けることが重要です。

当院ではフリーダイヤルまたはWEB予約(24時間受付)、LINEにて検査のご予約を承っています。少しでも白内障や眼の状況が気になる方、手術を検討されている方は、お気軽に検査をお申込みください。