お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
診療時間 平日10:30~19:00 /日祝10:30~18:00
english English 新型コロナ対応施策

円錐角膜治療

円錐角膜とは

円錐角膜とは、黒目の表面にある角膜の中央部分が薄くなることで変形し、前方へ円錐状に突出してしまう病気です。思春期に発症することが多く、10~20年ほどかけてゆっくりと徐々に進行していきます。30歳を過ぎる頃から進行が停止するといわれていますが、これには個人差があり、30歳を過ぎても症状が進行する方もいらっしゃいます。 日本での患者数は約1万人に1人程度であるといわれています。


正常な角膜(左) 円錐角膜(右)

症状

円錐角膜の主な症状は、乱視です。角膜がゆがむことで乱視となり、視力が低下していったり、ものが歪んで見えたりしますが、この状態は10~20年かけてゆっくりと進行していきます。また、ごく初期の頃は見え方に軽い変化が起こる程度で、まぶしさや光に過敏になるといった症状が見られます。
症状が進行し、角膜の内面にある弾性繊維の膜に小さい裂け目が生じると視力が低下します。この裂け目は瘢痕を形成しますが、瘢痕の量が増えていくと視力の矯正がコンタクトやメガネでは難しくなり、治療が難航するという特徴があります。
症状がさらに進むと、急性水腫という合併症を引き起こすこともあります。急性水腫とは、角膜内に水が溜まり角膜が突然白く濁る状態です。症状は、著しい視力低下です。また、どちらの目にも均等に症状が出るというわけではなく、症状の出方には左右差がみられる場合もあります。

また、円錐角膜によって角膜の中央部分が薄くなっていくことで、角膜拡張症(ケラトエクタジア)を合併することもあります。角膜拡張症を合併すると、近視がどんどん進んでいきます。

原因

円錐角膜の原因は不明です。遺伝性の可能性も考えられていますが、遺伝性であるケースは約6%程度といわれています。
近年考えられる例としては、コンタクトの長期使用、目をこすることによる眼球へのダメージ、アトピー性皮膚炎、ダウン症などが関係しているとされています。

治療方法

円錐角膜の治療は進行程度の段階に分けて行われます。

まずは、メガネ、ソフトコンタクトレンズでの矯正がありますが、円錐角膜そのものを改善させることはできません。視力の変化に伴ってメガネやコンタクトを作り直すことが増えてきたという場合には進行しているサインですので、次の段階の治療を考える必要があります。
症状が徐々に進行してきたら、ハードコンタクトレンズを装用することがあります。角膜の突出を抑え、視力を向上させることを目的としており、進行を抑えることが期待できますが、さらに症状が進行すると、手術適応となります。
以下の治療法は、国内外の医学論文にて円錐角膜治療に有効であると立証されており、当院ではこれら世界標準の治療を長年に渡り患者様に提供し優れた成果を上げています。

1. 角膜内リング(ICRS:Intrastromal Corneal Ring Segments)

角膜リングは元々、軽度の近視矯正のための器具でしたが、その技術を応用し、近年では円錐角膜の治療にも用いられるようになりました。半円弧の形をした2つのリングを、角膜内に挿入して角膜の形状を矯正するための骨組みにすることで、角膜の突出の軽減、不正乱視や角膜の非対称性を改善させる効果が期待できます。
手術時間は片目で15分程度、角膜の中にレーザーでトンネルを作り、患者さまの角膜の形状に合わせた方向に、角膜内リングを挿入します。
コンタクトレンズ不耐症(ふたいせい)によってそもそもコンタクトが使えなかったという方は、この治療によってコンタクトレンズ不耐症を改善させることができ、ソフトコンタクトレンズによる視力矯正やハードコンタクトレンズによる治療が行えるようになります。

先進会眼科で使用するリング(Intacs)は2004年に円錐角膜用としてFDAに承認されました。
リング挿入後は乱視が軽減するため、裸眼視力の改善やソフトコンタクトレンズや眼鏡での矯正が可能になります。
先進会眼科では、角膜切開の際にフェムトセカンドレーザーを使用することにより、精密で安全な手術が可能になりました。

2. 角膜クロスリンキング(角膜CXL:Crosslinking)

円錐角膜の進行予防を目的とする治療法です。角膜にビタミンB2が配合された薬剤を点眼し、浸透させながら長波長紫外線を30分間程度照射します。これにより、角膜実質のコラーゲン線維の強度があがり、角膜の強度も上がるため、進行を予防することができると考えられています。円錐角膜に加え、円錐角膜の合併症にも挙げられている角膜拡張症(ケラトエクタジア)に対しても有効な治療法です。角膜クロスリンキングは、日本では保険適応ではありませんが、ヨーロッパ・米国では円錐角膜治療として広く使用されており、実績のある治療法と言えます。
しかし、角膜クロスリンキング治療を行うためには角膜の厚みがある程度維持されていることが必要となるため、円錐角膜が進行しすぎたケースや、角膜拡張症になっているケースでは適応になりません。
また、円錐角膜の進行は予防できるものの、視力低下や見え方のゆがみといった、症状の改善は難しいという特徴もあります。しかし、角膜を平たんにできる可能性があり、近視の度数改善への効果が期待されています。


柔らかい組織 硬くなった組織

角膜クロスリンキングとは、ドイツのSeilerらが開発した治療法で、角膜にリボフラビン(ビタミンB2)を点眼しながら、365nmの紫外線を照射する治療法です。角膜実質内のコラーゲンを結合させ、柔らかい組織を硬い組織に変えることで円錐角膜の進行を予防します。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113 (レーシックいい瞳)
10:30~19:00(日・祝 10:30~18:00)
休業日/年末年始

円錐角膜治療の費用

角膜クロスリンキング 片眼:150,000円(税別)
両眼:300,000円(税別)
角膜内リング 片眼:490,000円(税別)
両眼:980,000円(税別)
フェムトレーザー角膜移植 片眼:1,000,000円(税別)
両眼:2,000,000円(税別)

※健康保険適応外(自費診療)です。
※角膜内リングは発注時に片眼につき前金5万円をお預かりします。
※発注後のキャンセルはできません。
※手術後の検診と点眼薬はは3ヶ月間無料です。