お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
HOME > 白内障とは│症状・治し方などの基礎知識 > 白内障手術後の仕事復帰の目安と注意点

白内障手術後の仕事復帰の目安と注意点

視界に霞みや滲みが現れる白内障は、症状が悪化する前に手術で治すことが大切です。さらに、手術した直後は、日常生活やお仕事復帰にあたり注意が必要です。

当院の白内障手術は日帰りで完了するものなので、入院や、お仕事を休む必要はございません。しかし、手術後1週間は感染症が発生しやすい状況なので、お仕事内容によっては安静期間が必要となります。

術後のデリケートな状況でどのように過ごすべきか、正確な知識をいれておきましょう。

白内障手術後に仕事復帰できる期間

白内障手術後、仕事に復帰できる期間は仕事内容によって異なります。

デスクワークは翌日から通常復帰して通勤することが可能です。一方、力仕事や農業など身体に負担が掛かるお仕事は、1~2週間の安静が大切です。特に、重いものを持つような作業は、傷口が開いてしまう可能性があります。

仕事内容については主治医にも申告して、手術前に仕事復帰について相談し、必要に応じて1週間~2週間は安静に過ごすようにしましょう。

デスクワークは翌日から

身体に負荷の掛からないデスクワークでしたら、翌日から復帰していただけます。

目をこすったり触ったりしないように、気を付けましょう。アイメイクや洗顔は1週間後から可能となります。

力仕事や運転を主とする仕事は1~2週間程度

力仕事や屋外での作業、配送業などは、1~2週間程度安静にする必要があります。お仕事以外でも注意して欲しい点ですが、重いものを持つときに、傷口が開いてしまう場合があります。また、屋外で目にゴミが入ったり、患部に触れてしまった場合に、感染症を患ってしまう可能性もございます。

仕事内容はあらかじめ主治医に申告して、どのくらい安静期間が必要かを職場に伝えておきましょう。

術後1週間以内は翌日の検診を含めて何度か診察を受けていただくので、医師に相談のうえ、安全な状況になってから復帰しましょう。

また、運転に関しては休養期間の目安はなく、基準は視力と自覚的な見え方を判断の一つの指標にします。術後の検診にて、視力の様子を見て再開を検討しましょう。

白内障手術後に日常生活に戻るまで

白内障手術後、日常生活において、しばらく洗顔や洗髪は控える必要があります。

顔の汚れが気になる場合は、目の周りに水がかからないようにして、タオルで目元を避けて拭く程度にしましょう。

それぞれ、必要な間隔を一覧化してみました。

※下記はあくまで目安になります。術後の通院で診察を受けながら、主治医にご相談ください。

翌日1週間後2週間後
シャワー首下のみ〇
入浴首下のみ〇
洗顔
洗髪
アイメイク
髭剃り
デスクワーク
力仕事
スポーツ*

*水泳や登山などハードな運動は1ヶ月以上あけましょう

また、運転に関しては免許取得の際と同様、視力と自覚的な見え方を基準に判断します。そのため、期間に目安はなく、視力の状況で判断しますので医師に相談しましょう。

ほかアウトドアや旅行、特に温泉旅行などは注意が必要となるので、診察状況から医師に判断してもらいましょう。

白内障手術後の注意点・流れ

白内障手術後の過ごし方について、期間別に注意点をご説明します。

白内障手術当日・翌日

当院の手術は日帰りで完了するため、術後そのまま帰宅していただきます。当日は入浴を控えて、安静にお過ごしください。

手術後1週間は傷口が塞がってないため、感染症を患いやすい期間です。術後から目に触れたり、ゴミや埃・水が入ったりしないよう、充分に気を付けて過ごしてください。

手術後は、しばらく目薬を使用していただきます。こちらは大体3ヶ月ほど継続していただきます。診察の都度、医師の指示に従っていただき、決して自己判断で使用をやめないでください。

翌日は、経過観察のために来院していただく必要があります。基本的に翌日から、デスクワークなど身体に衝撃や負担のかからないお仕事は復帰可能です。

シャワーや入浴は首から下のみで、洗顔は濡れたタオルで目元を避けて拭く程度におさめてください。

白内障手術後1週間

1週間内はとにかく目元に刺激を与えないように、慎重に過ごしましょう。術後は翌日検診と経過観察で数回の通院が必要な場合があります。ライフスタイルの過ごし方にお悩みがあれば、診察の際にご相談ください。

1週間経過したら、洗顔やアイメイク、基本的な日常生活は可能となります。しかし、力仕事や重いものを持つこと、またはスポーツにおいては、2週間あけてからが安心です。

白内障手術後1ヶ月

1ヶ月したら、傷口もほぼ治り、アウトドアや激しいスポーツも概ね可能となります。目薬に関しては、術後3ヶ月ほど続けてもらう必要があります。医師の指示に従って、継続してください。

視力が安定していき、来院が月1くらいになります。必要であれば、眼鏡をつくれます。

白内障手術後3ヶ月

経過が順調でしたら、基本的に目薬の使用が不要になりますが、自己判断せず医師の指示に従ってください。

3ヶ月以降、視界に白い霞みや滲みが感じられたら、後発白内障が発症している可能性があります。後発白内障は、白内障手術で最も多く認められる合併症です。しかしこちらは白内障とは異なる疾患であり、レンズを入れ替えることなく、レーザー手術で数分で治せます。

白内障手術後と仕事復帰に関するFAQ

白内障手術を受けたあと日常生活で注意することや、仕事復帰についての疑問にお答えします。

白内障手術後、すぐに仕事復帰できる?

当院の白内障手術は日帰り手術でございます。事務やデスクワークでしたら、翌日から通勤していただけます。

しかし、術後は眼の傷口が治っていない状況です。身体に負荷のかかる力仕事や、屋外で動く事の多いお仕事でしたら、1週間~2週間控えていただきます。感染症や刺激による後遺症を防ぐために、経過を観察しながら復帰という流れになります。

白内障手術を受けた後に日常で気を付けることは?

まず、術後1週間は傷口が塞がっていない、とてもデリケートな状態です。埃や菌によって、感染症を発症しやすい不安定な期間です。常に目元をこすらないこと、触らないことを意識してください。

目元を濡らすことも感染症の原因となりますので、1週間洗顔は、濡れタオルで目の周り以外を拭く程度にしてください。シャワーや入浴も同様で、1週間は首から下のみで、洗髪も安全のために控えることをおすすめします。ほかスポーツなど日常の過ごし方については、都度の診察にて、医師の説明を聞いてください。

白内障手術後、目薬の使用が必要って本当?

術後の状態を安全に保つために、しばらく目薬を毎日使用していただきます。点眼期間は3ヶ月目安になりますが、経過を観察次第、継続していただく場合もございます。

継続については自己判断で止めずに、医師の指示に従ってください。

視力や眼の状況が安定するのはどれくらいかかる?

術後は瞳孔が広がった状況、手術したばかりなので、違和感があるかもしれません。また、人工眼内レンズに変更するため術前とは見え方(コントラストやピント)が変わるため、最初は戸惑われる方もいらっしゃいます。徐々に慣れていくことがほとんどです。

視力は1ヶ月で安定していきます。必要な方は1ヶ月の経過で、裸眼の視力に合わせて眼鏡を作れます。

3ヶ月以上経って視界に霞みや違和感を感じられた際は、後発白内障という合併症が発症している可能性があります。早めに検査を受けましょう。

まとめ

白内障手術は日帰りで終わるものですが、眼の水晶体を入れかえるという、非常に重要な内容です。手術後1週間以内は、目元に負担が掛からないように、充分に注意してお過ごしください。

お仕事復帰に関しては、ご職業によって復帰できる早さに違いがあります。無理をされて傷口が開いてしまったら深刻な事態になりますので、医師に相談のうえ、安全な状況になってから復帰してください。