お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

白内障の進行は止められるのか|手術と放置するリスクについて

白内障の進行は止められるのか|手術と放置するリスクについて

60代以上の8割が罹っている眼の病気「白内障」。

物がぼやけて見えたり、視界が霧がかって見えたりと、視機能に支障を及ぼします。進行速度には個人差がありますが、放置していると徐々に水晶体が濁っていき、見えづらさが悪化していきます。

白内障の進行を止めるには点眼薬での治療が有効的ですが、症状がある程度進行している際は、手術が必要になります。

白内障の進行についてや、放置した際どのような状況になるのか、解説いたします。

白内障とは

白内障とは、眼の中のレンズにあたる組織・水晶体が白く濁ることで、視界に支障が出る病気です。

水晶体は視界のピントを合わせたり、網膜に像を映し出す働きをします。その水晶体が白く混濁してしまうことで「物がぼやけて見える」「視界が霧がかって見える」「光が眩しくなる」など、様々な症状が現れます。

白内障が発症する原因の一番は老化によるものです。老化現象の一つなため、いずれ誰にでも発症します。60代以上の8割が罹っているといわれています。

日本では失明率が3%と低い病気ですが、放置していると進行していくため、早期発見・治療することが大切です。

水晶体を人工レンズに差し替える手術にて、改善することができます。一度手術を受けたら、再発することはありません。

白内障の進行を止める方法

白内障は進行性の病気ですので、放置していると徐々に視機能に支障が生じていきます。そのため、早期発見・治療が重要です。

白内障の進行を抑制するには、眼科での専門治療が必要になります。

見えづらさを感じるほど症状が進行している際は手術が必要ですが、発症初期でしたら点眼薬での治療が有効的です。点眼治療では進行を抑制・予防する効果が期待できます。

日本の白内障に対する点眼薬は、ピレノキシン点眼薬、グルタチオン点眼薬が処方されています。早めに点眼薬によって進行を抑制できれば、手術しなくても良い場合もあります。

医師の指示に従って、処方された点眼薬を継続するようにしてください。

白内障の進行速度

白内障は進行性の病気ですが、進行速度は人によって差があります。

発症してから長期間変化が見られない方もいれば、短期間で急に悪化する方もいます。

自己判断で眼科に行くのを止めず、慎重に進行状況を観察していくことが大切です。

治療方法は、程度に合わせて眼科医と相談しながら決めましょう。

白内障を放置するとどうなるのか

白内障は放置していると症状が進行していく病気なので、眼科での専門治療が不可欠です。

医療水準の高い日本において、失明率は3%と低めですが、世界では失明原因のトップです。

放置するとどうなるかというと、徐々に水晶体の白濁が進行していき、見えづらさが目立つようになります。さらに、日本での失明原因トップである緑内障や、水晶体融解性ぶどう膜炎など深刻な合併症を引き起こす可能性もあります。

見えづらさが続くことで、転倒や骨折のリスク、精神的なストレスの蓄積も考えられます。

心身の健康を保つために、白内障は早期治療が大切な病気です。

白内障の見え方

白内障を放置していると、見えづらさや眩しさを感じるようになります。以下のような症状が気になるようになったら、悪化させないように早めに眼科を受診しましょう。

  • 物が二重に見えたりぼやけて見える
  • 光が眩しく感じる
  • 暗いところと明るいところで見え方が違う
  • 視界が霧がかっているように感じる

白内障の手術

発症初期でしたら、進行抑制に有効的な点眼薬で様子を見ますが、視機能が低下するほど症状が進行している場合は手術が必要になります。

基本的に濁った水晶体は元に戻すことができないので、改善するには手術しかありません。

白内障の手術では、濁った水晶体を吸引して、人工レンズに差し替えます。人工レンズは水晶体のように濁ることがないので、一度の手術で改善することができます。

手術で使用するレンズには種類があり、当院では全ての種類を揃えています。見え方の希望やライフスタイルに合わせたレンズを選ぶことができます。

人工レンズによる見え方の違い

白内障手術の際、水晶体の代わりに挿入する人工レンズによって見え方に違いがあります。

当院では、患者様一人ひとりの見え方の希望やライフスタイルから、適したレンズを提案させていただきます。

レンズの種類は大きく分けて、単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズがあります。単焦点眼内レンズは1箇所に焦点を合わせられるレンズで、多焦点眼内レンズは2箇所以上の異なる距離に焦点を合わせられるレンズのことです。

  • 単焦点眼内レンズ

単焦点眼内レンズは、近方・遠方・中間距離のいずれか1箇所にピントを合わせられるレンズです。当院では単焦点眼内レンズを挿入する白内障手術は保険適用になります。

焦点の合う距離は鮮明に見えるため、手元で作業することが多い方などにおすすめです。

焦点が合っていない箇所はぼやけるため、眼鏡やコンタクトレンズを併用した生活になります。

  • 多焦点眼内レンズ(2焦点眼内レンズ)

多焦点眼内レンズのなかで、近方・遠方・中間距離いずれか2箇所にピントを合わせられるレンズです。

デスクワークや運転、運動なども裸眼で行えるようになります。

  • 多焦点眼内レンズ(3焦点眼内レンズ)

多焦点眼内レンズのなかで、近方・遠方・中間距離の3箇所にピントを合わせられる、画期的なレンズです。

術後は裸眼で日常生活をおくれるようになります。

人工レンズの手術費用

当院では多くの白内障手術を揃えていますが、単焦点眼内レンズを用いた一般的な白内障手術は保険適用になります。費用は片眼6万円で、自己負担額によって変動します。

多焦点眼内レンズをご希望の際は、手術費用は保険適用のまま、レンズ代のみ自己負担いただく選定療養適用の手術もございます。

当院の白内障手術費用一覧はこちらです。※レンズの種類や眼の状況によって、変動がある場合もございます。

白内障手術(単焦点眼内レンズ):片眼約6万円
※健康保険適用なので、自己負担額によって変動
白内障手術(多焦点眼内レンズ):両眼137.5万円(税込)
※術度3ヶ月の検診・アフターケア含む
レーザー白内障手術(単焦点眼内レンズ):両眼77万円(税込)
※術度3ヶ月の検診・アフターケア含む
レーザー白内障手術(多焦点眼内レンズ):両眼146万円(税込)
※術度3ヶ月の検診・アフターケア含む

レーザー白内障手術は費用が掛かりますが、精密で正確性が高く、眼への負担も抑えられます。特に多焦点眼内レンズと相性のいい手術です。

費用に術後3ヶ月の検診・アフターケア代を含んでいるので、術後、不安なことがあればいつでもご相談いただけます。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始

まとめ

白内障の進行速度は人それぞれですが、放置していると症状は悪化していきます。生活が不便になったり、緑内障など重篤な病気を引き起こす可能性があります。

進行を止めるには、眼科での点眼治療が必要です。点眼治療は白内障発症初期に有効的です。

既に見えづらさを感じている場合は手術が必要になります。

当院の白内障手術には、保険適用や選定療養制度適用となるものから、非常に精密な技巧で手術を遂行するレーザー治療まであります。

手術の際に眼内に挿入する人工レンズも、見え方が異なる多くの種類を揃えています。

症状が悪化しないうちに、治療を受けることが大切です。見えづらさや眩しさなど、視界に違和感を感じるようでしたら、お気軽にご相談ください。

※発症初期は自覚症状がない病気なので、定期的に眼科検診をうけることも進行予防になります。

シェアする: