お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

白内障は自分で治すことは可能?白内障と診断されたら

白内障を自分で治す

老化現象の一つである眼の病気「白内障」。水晶体が白く濁ることで、見えづらさや眩しさを引き起こします。

60代以上の8割が罹っているといわれる白内障ですが、自分で治すことは不可能な病気です。点眼治療や手術など、眼科での専門治療を受ける必要があります。

白内障と診断された場合の治療方法などを解説いたします。

白内障と診断されたら

白内障は老化現象の一つであり、いずれ誰にでも発症する病気です。眼のレンズにあたる水晶体が白く濁ることが原因で、見えにくさや眩しさを感じるようになります。

白内障は放っておくと進行していく病気なので、医師と相談しながら適切な専門治療を進めていく必要があります。

白内障の治療には点眼薬や手術などがあります。点眼薬による治療は白内障発症初期の進行予防・抑制に有効です。

白内障手術では、濁った水晶体を吸引して、代わりに人工レンズを挿入します。一度手術を受けたら、再発することはありません。

当院では保険適用や選定療養制度が適用される一般的な白内障手術から、最先端の白内障手術機器を使用したレーザー手術まで取り扱っています。

発症初期は自覚症状がないため気付きにくい病気ですが、早期発見・治療が肝心です。

大きな異常を感じられなくとも、眼科での定期検診を受けるようにしましょう。

白内障は自力で治すことはできない

一度白く濁ってしまった水晶体を、簡易的な治療や自分で治すことはできません。

症状が進行している場合は、濁った水晶体を人工レンズに差し替える手術を受ける必要があります。

発症初期の進行抑制・予防には点眼薬が有効的です。自覚症状がないうちから点眼治療を行うことで、症状が軽い状態を維持することができます。

※点眼薬はあくまで進行を抑制するものであり、白く濁った水晶体を改善させる効果はありません。

白内障の治療は手術のみ

見えにくさや眩しさを感じるほど白内障が進行している場合、症状を改善するには手術が必要になります。

白内障の手術では、白く濁った水晶体を吸引して、人工レンズを挿入します。手術は日帰りで完了し、一度受けたら白内障が再発することはありません。

当院では、保険適用や選定療養制度適用となる一般的な白内障手術から、最先端の白内障治療機器を導入したレーザー手術を取り扱っています。

レーザー手術では、1000兆分の1の照射が可能なフェムトセカンドレーザーを使って、患者様の眼に合ったプログラムを決定し、水晶体の切開・摘出を遂行します。正確性が高く、眼への負担も抑えられる手術です。

水晶体の代わりに挿入するレンズは、1点に鮮明にピントを合わせられる「単焦点眼内レンズ」、2点以上にピントを合わせられる「多焦点眼内レンズ」など、非常に豊富な種類を取り揃えています。理想の見え方やライフスタイルに沿ったレンズを提案いたします。

手術方法も人工レンズも、幅広い選択肢の中から、ご要望に沿ったものを選択いただけます。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始

早期発見で手術しなくて良い場合も

白内障の発症初期は、視機能に不便を感じられないため、自覚症状がない場合が殆どです。この時点から点眼薬による進行抑制治療を開始していれば、症状が軽い状態を維持できるため、手術を受ける必要がなくなることもあります。

発症初期に進行を抑制するためには、早期発見を見逃さないように定期的に眼科検診を受けることが大切です。

もし早期発見を逃してしまっても、手術を受ければ改善することができます。一度手術を受ければ、再発することはありません。

自覚症状を感じたらすぐに受診を

白内障は自分で治すことができない、進行性の病気です。

現時点で「物がぼやけて見える」「視界が霧がかっている」などの見えづらさを感じるようでしたら、既に症状が悪化している可能性が高いです。

早期治療が肝心な病気なので、早めに眼科を受診しましょう。

白内障が発症している場合は、点眼薬で進行を抑制・予防したり、手術で水晶体を人工レンズに差し替える必要があります。

当院では、患者様の白内障症状に合わせた治療を行っています。少しでも白内障の心配がありましたら、一度ご来院ください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
シェアする:
岡 義隆
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長