多焦点眼内レンズ、レーザー白内障、ICL、レーシック、円錐角膜、オルソケラトロジー
平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
新型コロナ対応施策
背景色
白内障手術

白内障の治療で使用される眼内レンズ|保険適用から選定療養まで

白内障の治療

見えづらさや眩しさが生じる「白内障」は、放置すると悪化していく進行性の眼疾患です。一度進行してしまったら、改善するには手術しかありません。

白内障は、眼の中のレンズにあたる水晶体が白く濁る病気です。手術では水晶体を取り除いて代わりに人工の眼内レンズを挿入します。

手術で挿入する眼内レンズの種類によっては、手術後も眼鏡やコンタクトレンズの装着が必要になります。

ここでは、白内障手術で使用される眼内レンズの種類や、術後のコンタクトレンズ装着について、解説いたします。

白内障とは

白内障とは、眼の中のレンズにあたる組織・水晶体が白く濁る病気です。水晶体は視界のピントを合わせたり、網膜(眼のフィルム)に像を映し出す働きをします。その水晶体が白く混濁してしまうことで「物がぼやけて見える」「物が二重に見える」「視界が霧がかる」「光が眩しくなる」などの症状が現れます。

白内障は老化現象の一つなため、発症する原因の一番は老化によるものです。60代以上の8割が罹っているといわれています。

日本では失明率が3%と低い病気ですが、進行性の病気なため、放置していると悪化します。悪化によって、緑内障など重篤な病気を引き起こす可能性もあります。

早期発見・治療することが大切です。

水晶体を人工レンズに差し替える手術を受けると、改善します。眼内に挿入する人工レンズには、見え方が異なる様々な種類があります。

治療には手術が必要

見えづらさを感じるほど症状が進行してしまったら、手術を受ける必要があります。手術では、濁った水晶体を吸引して、人工レンズを眼内に挿入します。

まずは白内障手術の対象になるか、視力検査・眼底検査・採血検査などで調べます。手術の適応性がありましたら、カウンセリングしながら人工レンズの種類を医師と患者様で決めていきます。

手術は15分ほどで完了し、日帰りになります。濁った水晶体を超音波機器で砕いて吸引し、人工レンズを挿入します。

手術を終えてからは、経過観察のために定期的に検診に通う必要があります。

白内障に使われる眼内レンズ

白内障手術の際、水晶体の代わりに挿入する眼内レンズによって見え方に違いがあります。

眼内レンズの種類は大きく分けて、単焦点眼内レンズ多焦点眼内レンズがあります。単焦点眼内レンズは1箇所にピントを合わせられるレンズで、多焦点眼内レンズは2箇所以上の異なる距離にピントを合わせられるレンズのことです。

当院では全ての白内障用の人工眼内レンズを取り扱っています。丁寧な問診から、患者様の見え方の希望やライフスタイルに適したレンズを提案いたします。

当院で取り扱っている眼内レンズの一例をご紹介します。

以下の人工眼内レンズ以外でも、患者様が気になる眼内レンズやご要望のライフスタイルに合うものをお探しでしたら、ご来院の上、医師にご相談ください。

・単焦点眼内レンズ

近方・遠方・中間距離のいずれか1箇所にピントを合わせられるレンズ。当院では単焦点眼内レンズを使用した白内障手術は保険適用になります。焦点の合う距離は鮮明に見えるため、デスクワークや職人技など、手元で作業することが多い方におすすめです。

焦点が合っていない箇所はぼやけるため、術後は眼鏡やコンタクトレンズが必要になります。

・多焦点眼内レンズ(2焦点眼内レンズ)

多焦点眼内レンズのなかで、近方・遠方・中間距離いずれか2箇所にピントを合わせられるレンズ。術後はデスクワークや運転、運動なども裸眼で行えるようになります。

・多焦点眼内レンズ(3焦点眼内レンズ)

多焦点眼内レンズのなかで、近方・遠方・中間距離の3箇所にピントを合わせられる、画期的なレンズ。術後は裸眼で日常生活をおくれるようになります。

眼内レンズを用いる白内障手術の値段

当院では単焦点眼内レンズを用いた一般的な白内障手術は保険が適用します。費用は自己負担額によって変動となります。

多焦点眼内レンズは自己負担になりますが、手術費用は保険適用のまま、レンズ代のみ自己負担いただく選定療養適用の手術もございます。

最先端の白内障手術機器を使用した、レーザー白内障手術もございます。

▼当院の白内障手術費用一覧

※レンズの種類や眼の状況によって、変動がある場合もございます。

白内障手術(単焦点眼内レンズ):片眼約6万円
健康保険適用なので自己負担額によって変動
白内障手術(多焦点眼内レンズ):両眼137.5万円(税込)
術度3ヶ月の検診・アフターケア含む
レーザー白内障手術(単焦点眼内レンズ):両眼77万円(税込)
術度3ヶ月の検診・アフターケア含む
レーザー白内障手術(多焦点眼内レンズ):両眼146万円(税込)
術度3ヶ月の検診・アフターケア含む
検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始

手術後のコンタクトレンズ装着について

白内障手術で単焦点眼内レンズを選んだ場合は1箇所にしかピントが合わないため、術後に複数の位置にピントを合わせて見たい場合には眼鏡やコンタクトレンズの使用が必要になります。

手術を受けてもコンタクトレンズを装着することは可能ですが、手術直後は傷口が塞がっていない状況です。

術後は経過観察で通院が必要になります。1ヶ月後の検診で医師の判断がOKが出れば、装着が可能です。しかし、状況によっては3ヶ月後になる場合もあります。

コンタクトレンズ装着のタイミングは医師と相談しながら決めましょう。

術後は眼の状況がデリケートなので、自己判断でコンタクトレンズの使用開始をしないようにしましょう。

また、複数の箇所にピントを合わせられる多焦点眼内レンズでしたら、手術後に老眼鏡をかけることなく、裸眼でも過ごしやすくなります。

まとめ

白内障は視機能に様々な支障を及ばせる病気ですが、一度の手術で改善することができます。

手術では、濁った水晶体を吸引して、人工の眼内レンズを挿入します。当院では全ての取扱眼内レンズを用意しているので、患者様の見え方のご要望や、ライフスタイルに沿ったレンズを選択いただけます。

手術も保険適用や選定療養制度適用となるものから、最先端の白内障手術機器を使用したレーザー治療まで取り扱っています。

WEBやLINEにてお気軽に検査を予約できます。眼の状況で気になることがあったり、白内障がご心配でしたら、一度ご来院ください。

シェアする:
岡 義隆
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長

ICL・レーシック適応検査予約最短日
ICL・レーシック適応検査予約最短日
東京
9/29
大阪
10/7
福岡
9/29
適応検査を申し込む