お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

多焦点眼内レンズの欠点とは?メリットとデメリットの解説

白内障手術で最も重要となるのがレンズ選び。定めた焦点が一つの距離である単焦点眼内レンズに対して、多焦点眼内レンズは2焦点以上の距離にピントを合わせられます。

今回は多焦点眼内レンズのメリットとデメリットを解説していきます。

多焦点眼内レンズのデメリット

2焦点または3焦点以上にピントを合わせられる、多焦点眼内レンズ。

眼鏡やコンタクトからも解放され、見え方に満足される患者様は多いです。

しかし、多焦点眼内レンズにも、レンズの構造上デメリットがあるのも確かです。

デメリットとメリットどちらも把握したうえで、医師とともにご自身に合ったレンズをお選びください。

費用が高額になる

基本的に単焦点眼内レンズと比べて、多焦点眼内レンズは費用が高額になります。

当院は単焦点眼内レンズ採用の白内障手術は保険適用内でご用意しておりますが、多焦点眼内レンズを採用する際は、自己負担額が発生します。

当院では選定療養の届出を行なっていますので、多焦点眼内レンズ手術をご希望の際は、患者様に選定療養制度を利用していただけます。

選定療養制度とは、白内障手術の費用は保険適用となり、多焦点眼内レンズのレンズ代のみ自己負担になる制度です。

本来、手術費用とレンズ費用全て自己負担となる多焦点眼内レンズ手術が、レンズ代のみ自己負担となりますので、患者様のご負担が減少します。

コントラストに劣る

多焦点眼内レンズのデメリットとして頻繁にあげられる点が、視界のコントラスト低下です。健康な白内障前の視力や、単焦点眼内レンズのピントが定まった距離の視界と比較すると、多焦点眼内レンズのコントラストは劣ることがあるといわれています。

白内障の症状がある程度進行している場合は、もともとコントラストが低下しているので、多焦点眼内レンズを挿入したとしてもコントラストが向上します。

そのため、そのようなケースの場合には問題はありません。

しかし、症状が軽度であったり殆ど自覚症状がない場合は、術前よりもコントラストの低下が気になる場合があります。

多焦点眼内レンズをご希望の際は、ご自身の眼の状態も見ながら、手術の時期や内容を検討していきましょう。

適応にならないことがある

最適なレンズを選ぶ際には、事前の問診、適応検査、コンサルテーションなどを経て、医師と患者様で決定します。

その際、多焦点眼内レンズが不適合だと診断される場合もあります。

眼に白内障以外の病気が併発していたり、瞳孔径が小さいなど眼にレンズが合わない場合、まだコントラスト低下の症状がない場合など、多焦点眼内レンズが適応しないことがあります。

白内障手術後の見え方がしっくりこない、というのを避ける為に、事前に多焦点眼内レンズの適応性や、視界の特徴、副作用などをしっかりと確認しておきましょう。

多焦点眼内レンズのメリット

多焦点眼内レンズのデメリットや注意点を解説していきましたが、多焦点眼内レンズはメリットが非常に多い眼内レンズです。

種類が豊富にあり、レンズによって焦点や見え方の構造に違いがあります。

裸眼で快適に生活が出来るよう、患者様1人1人の眼の状況やご要望に沿った最適な種類を選べます。

近くも遠くも見えるようになる

多焦点眼内レンズの最大のメリットは、近方と遠方どちらにもピントを合わせられることです。

白内障による霞みや滲みなどの支障だけでなく、加齢による視力低下にお困りの方も多いかと存じます。

眼のピント調整力を改善できる多焦点眼内レンズは、白内障の改善だけでなく、老眼もカバー出来ます。

多様なレンズから最適な見え方を選べる

多焦点眼内レンズは、非常に豊富な種類があります。

まず、合わせられる距離のピント数に違いがあります。

2焦点にピントが合わせられる2焦点眼内レンズ、3焦点・5焦点眼内レンズまで開発されています。

またレンズのメーカーや種類によって見え方に違いがあります。

多焦点眼内レンズの副作用として挙げられやすいハロー・グレア現象(暗いところで眩しさを感じる、ライトが見えにくいなど)を減少する仕様のもの、全体的に視界の精度をあげたもの、ブル―ライトカット機能を搭載したものなど、構造や価格によって様々です。

眼鏡なしで生活できる

多焦点眼内レンズを挿入した9割近くの方が、眼鏡やコンタクトから解放されます。

運転中など注意が必要なシーンでは眼鏡を使用する方もいますが、日常生活を裸眼でおくれるようになる方がほとんどです。

ピント調整に代わる多焦点性の向上によって、白内障の症状とともに、老眼もカバー出来る点は多焦点眼内レンズの特徴です。老眼鏡から解放された、快適なライフスタイルをおくれます。

まとめ

白内障手術を受けるにあたり「単焦点眼内レンズと多焦点眼内レンズで迷っている」という声を、よく聞きます。

かかる自己負担額や見え方の違いによって、それぞれメリットもデメリットもあるのは確かです。

患者様の眼の状態や白内障の進行状態、ライフスタイル、性格などによって向いているレンズは異なります。

レンズ選びに不安な方は、一度当院にご相談くださいませ。