多焦点眼内レンズ、レーザー白内障、ICL、レーシック、円錐角膜、オルソケラトロジー
平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
新型コロナ対応施策
背景色
飛蚊症レーザー

若くても飛蚊症になる?学生や20代・30代で発症する原因

若くても飛蚊症になる?学生や20代・30代で発症する原因

明るいところや青空などを見つめた時、目の前に虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見える「飛蚊症」

原因の多くは加齢によるものですが、近年では中学生や高校生、20代など若い年齢で発症する方も増えています。

若い年齢で飛蚊症が発症する原因や予防法について、解説いたします。

飛蚊症とは

飛蚊症とは、虫や糸くずなどが浮いているように見える症状のことです。白い壁や青空を見た時に目立ちやすく、暗いところでは目立ちにくいことが多いです。視線を動かしたり、まばたきをしても見えます。

飛蚊症の主な原因は加齢ですが、網膜剥離や緑内障など病気によって発症することもあります。飛蚊症自体は、病気ではなく症状になります。

飛蚊症になる原因

飛蚊症の原因は、眼の中にあるゼリー状の組織・硝子体が濁ることです。

角膜や水晶体を通して入ってきた光は、硝子体を通過して網膜(眼のフィルム)に像を映し出します。しかし、硝子体に濁りが生じると、明るいところで見た時にその濁りの影が網膜に映り、浮遊物が飛んでいるように見えます。

硝子体が濁る原因は、主に加齢です。加齢によって硝子がは萎縮していくことで、硝子体の後面が網膜から剥がれやすくなります。剥がれた硝子体が小さな虫や糸くずのように見えることがあります。

飛蚊症のほとんどが加齢を原因とした「生理的飛蚊症」になりますが、なかには網膜剥離や緑内障など病気によって併発される「病的飛蚊症」もあります。

中学生や高校生、20代・30代でも発症する

飛蚊症のほとんどが加齢によるものなので、高齢者ほど発症しやすいです。

しかし、現代は20代や30代で発症する方も少なくありません。幅広い年代に起こる症状です。

中学生や高校生、20代など若年層の飛蚊症のなかには生まれつき飛蚊症のケースもあります。

加齢による飛蚊症や生まれつき飛蚊症の場合、病気ではないので、急いで治療する必要はありません。ですが、自分では加齢によるものか病気によるものか判断がつかないので、飛蚊症が現れ始めたら、眼科で検査を受けるようにしましょう。

飛蚊症が若い年齢で発症する原因

長時間のデスクワークやスマートフォンの普及によって目が疲れやすくなることから、若いうちから飛蚊症を発症するケースが増えています。

眼精疲労や紫外線曝露が、飛蚊症の原因になることがあります。

また、若年症の飛蚊症のなかには生まれつき飛蚊症の場合もあります。生まれつき飛蚊症になる原因は、胎児のうち硝子体に走っていた血管が、生まれてからも残っていることです。通常、出産とともに硝子体に走っている血管は消えますが、残ってしまった場合は濁りの原因となります。

若年層での飛蚊症発症を予防するには

目のダメージ蓄積を減らすために、一定時間パソコンやスマートフォンを使ったら適度に目を休ませるようにしましょう。

外出時はサングラスや日傘を用いて、紫外線から目元を守ることも大切です。

目元に限りませんが、細胞の酸化は老化の原因になりますので、抗酸化力のある栄養素を摂取するのもおすすめです。

ビタミンCやビタミンEが豊富な野菜や果物を摂取したり、ルテインが豊富に含まれた緑黄色野菜を中心に自炊するなど、食生活にも工夫しましょう。

当院では、保険適応のサプリメントも処方しています。

目の酷使を控えて若年層での発症を予防

眼精疲労や紫外線ダメージなどは、若年層の飛蚊症発症原因に繋がります。スマートフォンやパソコンを長時間使用する際は、適度に目を休めるようにしましょう。

飛蚊症は病気ではありませんが、網膜剥離や緑内障など重篤な病気のサインとして発症することもあります。飛蚊症の症状が気になり始めたら、生理的飛蚊症か病的飛蚊症か調べるために、一度眼科を受診しましょう。

当院ではWEB予約やLINE予約も承っています。症状が気になる方は、一度予約をお申し込みください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
シェアする:
岡 義隆
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長

ICL・レーシック適応検査予約最短日
ICL・レーシック適応検査予約最短日
東京
7/14
大阪
7/1
福岡
6/27
適応検査を申し込む