お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色
HOME > ICL(眼内コンタクトレンズ)とは│費用・他の手術との違いなど > 老眼になったらICLで治せる?そもそもICLで老眼になりやすくなる?

老眼になったらICLで治せる?そもそもICLで老眼になりやすくなる?

ICL(眼内コンタクトレンズ)は、25歳前後までに進行しやすい近視、乱視または遠視を矯正できる手術です。
眼内レンズを眼のなかに挿入することで、永久的に近視・遠視の矯正が出来ます。

しかし、近視や乱視、遠視とは別に、40代前後から誰しも目の老化現象である老眼が始まります。
老眼は眼のレンズである水晶体そのものが、老化によって硬くなることが原因です。眼内レンズの挿入によって、矯正できるものではありません。

ここでは老眼とICLの関連性における、

「老眼による見え方への影響を、ICLで矯正することはできるの?」
「若年でICLを受けることによって老眼の時期が早まることはないの?」

このような疑問にお答えしていきます。

老眼とは眼のピント調整がうまくできなくなった状態

老眼とはいずれ誰もが経験する目の老化現象です。

通常、物を見る時は眼のレンズにあたる水晶体を支える筋肉・毛様体筋が働き、水晶体の厚みを調節することでピントを合わせます。

しかし、年齢とともに水晶体が硬くなることにより、的確なピントの調整が出来なくなってしまいます。

症状としては、目が霞んだり、細かい文字が読みにくくなります。

そのまま放置していると、眼精疲労や頭痛、肩こりなど身体の不調を引き起こします。

およそ、40歳前後に始まります。

ICLで老眼そのものを治療することはできない

老眼は眼のなかのレンズである水晶体が硬くなり、調節機能が低下することが原因です。

ICLは眼内レンズを挿入して近視や遠視、乱視を矯正する手術なので、老眼そのものを治療することはできません。

ICLで老眼の見え方を調整することは可能

ICLでも挿入するレンズによって、老眼の見え方を調整することは可能です。

近視を矯正するICL手術を受けた場合、遠方は裸眼で見えるようになりますが、近方を見る時は、老眼鏡の仕様が必要になります。

この、一般的にICLで近視や遠視矯正のために使用するレンズは、「単焦点レンズ」といい、1箇所にピントを合わせられるレンズに該当します。

しかし、コンタクトレンズや眼鏡に遠近両用のものがあるように、ICLにも老眼に対応できる遠近両用眼内コンタクトレンズが登場しています。

複数の箇所にピントを合わせられる「多焦点レンズ」です。

こちらを使用すると、老眼の原因である水晶体の根本的な治療ではありませんが、近方も遠方も見えるようになります。

先進会眼科では適応の判断を慎重に行うため、まずは検査にお越しいただきお問い合わせください。

多焦点眼内レンズは白内障治療に使われるレンズ

遠近両用眼内レンズ=多焦点眼内レンズは、白内障治療でポピュラーに使用されるレンズです。

白内障もまた、老眼と同じく眼の老化現象として避けられない病気です。

白内障は水晶体自体が白く濁っていく病気なので、ICLを挿入していたとしても、症状が進行していきます。

白内障手術では、濁った水晶体を取り出して、透明な人工レンズを挿入します。

白内障と老眼、双方の根本的な原因である水晶体を入れ替えるため、どちらも治すことができます。

白内障のレンズには単焦点眼内レンズと、多焦点眼内レンズがあります。

多焦点眼内レンズは近方も遠方もピントを合わせられるので、老眼の症状にも適用できます。

単焦点眼内レンズ・多焦点眼内レンズのどちらが患者様にとって適切か、患者様の眼の状況、ライフスタイル、ご希望等をよく話し合い、希望に沿った眼内レンズを選択することができます。

ICLで老眼になりやすくなることはない

老眼は誰もが経験する老化現象なので、ICL手術を受けたからといって、老眼になりやすくなることはありません。

老眼になる時期は人それぞれですが、ICLの影響によって時期が早まる、老眼が進むということはないのでご安心ください。

まとめ

ICLでは老眼の根本的な原因である、水晶体の硬さを治すことは出来ません。

あくまで眼内コンタクトレンズのインプラントであり、水晶体を取り換える手術ではないからです。

また、ICLの手術を受けたからといって老眼が進行したり、老眼の時期が早まることはありませんので、手術を検討されている方はご安心ください。

当院では、患者様の眼の状態や、ライフスタイル、ご要望に合わせて最適な老眼の矯正方法をご提案いたします。

老眼にお悩みの方、ICLに疑問がある方は、お気軽にお問い合わせください。