お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

レーシック手術は老眼にも有効的なのか

近視・遠視・乱視を矯正する眼科手術、レーシック。

視力を矯正できる、という手術のため、現在老眼を自覚されている方でレーシックで老眼を矯正したい、とお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

ここでは、レーシックで老眼が改善できるかどうかを解説いたします。

レーシックとは

レーシックとは、レーザーを角膜に照射させることによって近視・乱視・遠視を改善する視力矯正手術です。

レーザーで角膜表面に「フラップ」と呼ばれるフタを作り、フラップを開けたところにレーザーを照射して角膜を削ります。

レーザーで角膜の屈折力を調整し、調整後フラップを元の位置に戻します。

屈折力が改善されることによって、裸眼の状態でもクリアな見え方ができるようになります。

レーシックの手術は20分程度で終わり、日帰りで手術を受けることができるため、時間がないという方でも比較的受けやすい手術です。

また、手術後すぐに視力が回復するのもレーシックの特徴です。

コンタクトレンズやメガネを毎日着ける煩わしさや、この先何度も購入することを考えると、レーシック手術を受ける方が経済的ではないでしょうか。

レーシック手術で老眼の治療は可能か

レーシックは、近視・遠視・乱視を対象とした矯正方法です。

老眼は水晶体のピント調節能力が年齢とともに衰えていく生理現象です。

ですので、老眼そのものを治療することはできません。

同時に、眼疾患がある方(白内障、緑内障、網膜剥離、結膜炎など)や内科的疾患がある方(糖尿病、肝炎、膠原病など)はレーシックが受けられない可能性があります。

レーシックでの老眼治療はできませんが、近方・遠方・中間距離のうち2箇所、または3箇所や5箇所に焦点を合わせられる「多焦点眼内レンズ」を利用して老眼を治療する方法があります。

当院では、「多焦点眼内レンズ」での白内障手術も行っています。

老眼治療だけでなく、白内障も同時に治療できるのでまずはお気軽にご相談ください。

お客様の眼の状態と、これまでの実績やデータに基づき、医師がライフスタイルや要望に合わせたプランを提案いたします。

老眼になる時期とレーシックの関係

レーシックを受けると老眼になる時期が早まるという噂を聞いたことがある方もいるかもしれません。

先述したように老眼は生理現象です。レーシック手術を行うにせよ、行わないにせよ、老眼になる時期は変わりません。

老眼になる原因として、目の中のレンズでピント調節を司っている水晶体が衰えることにあります。

老眼になると近くを見るときの調節がうまくできなくなります。

老眼はピント調節能力の衰えによるため、レーシック手術との関係はないと言えます。

老眼世代の年齢の方でレーシックをはじめとする視力矯正手術を受けますと、手術の後は遠くが見えるようになるため、近くを見る際のピント調節がしづらい状態となります。近くのものを快適に見るには老眼鏡の助けを借りる必要があります。

一般的な老眼になる時期

日本人では40歳を超えると老眼になり始めて、45歳から50歳で老眼を自覚する方が多いです。

視力が衰えた際に、自分が老眼で視力が衰えているのか、近視・遠視・乱視で視力が低下しているのかどうかで治療法が異なってきます。

当院では、術前検査により患者様のご要望・ライフスタイルに最適な手術を提案いたしますので、まずは是非一度ご相談ください。

レーシックで治療可能な症状

一般的にレーシックで治療が可能な症状は、近視・遠視・乱視です。

また、視力の悪さが要因と考えられる肩こりや眼精疲労を感じられている方に関しても、レーシック手術を行うことによって改善する可能性があります。

その他、ドライアイでコンタクトレンズをあまり使いたくない方もレーシック手術を受けるメリットがあると言えるでしょう。

まとめ

レーシック治療では、老眼を治療することはできませんが近視・遠視・乱視においては有効的な眼科手術と言えます。

老眼を改善したいという方は、「多焦点眼内レンズ」での治療を行うのも一つの手です。

「多焦点眼内レンズ」は手術後の眼鏡依存を減らし、裸眼でも快適に生活できることを目的として開発されているため、老眼鏡が手放せないという方は検討してみてはいかがでしょうか。

老眼になったからといって視力の改善を諦めず、まずはお気軽にご相談ください。

	
検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始