お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

ICLの手術で失明の恐れはある?視力低下やレンズのズレについて解説

icl 失明

世界的に認知度と実績が飛躍している視力矯正手術・ICL(眼内コンタクトレンズ)

安全面でも高い評価を得ていますが、ICL手術によって失明の恐れはないのかという心配の声を聞く事もあります。

ここでは、ICL手術における失明の可能性について、説明いたします。

また、白内障を合併させる可能性や、視力低下・レンズのズレについてなど、心配されやすいリスクについても、明記していきます。

ICLで失明することはほぼありません

ICL手術で失明することはありませんが、手術である以上、感染症などに罹った場合を考慮すると可能性が0%とは断言はできません。

しかし、当院では実績として20年、手術による感染症はございません。

手術で感染が起きないように、当院では徹底的な対策を行っています。

内眼手術ですので、手術前後の患者様自身にも点眼や注意事項を守っていただくよう、しっかりとお願いしております。

ICLでは術後の感染症に注意

ICLの手術後は、切開創が塞がっていないため、感染しやすいデリケートな状況に在ります。

洗顔を控えるなど、医師が指示した生活制限を厳守していただく必要があります。

ご自身で行う点眼薬の使用も、自己判断で止めずに継続していただきます。

ICLで白内障になることはない

眼にレンズをインプラントするICLは、その手術負担が白内障に繋がるのではないか、と不安に思う方もいるようです。しかし、ICL手術を受けることで白内障が引き起こされることはありません。

白内障は老化現象なので加齢とともに、いずれ誰しもが経験する病気です。

白内障の発症にICLの手術歴は関係ありません。

術後、白内障になっても治療の妨げにはならない

また、ICLのメリットとして、必要であればICLのレンズの取り外しが可能な点が挙げられます。

白内障は先ほど記載したように老化現象の1つなので、発症年齢に差はあれど何れ誰しもに発症します。

その際、白内障手術の必要に応じてICLはレンズを取り外すことが可能です。

可逆的であるICL手術の特徴の一つでもあります。

ICLの手術後、視力が低下することはありますか?

ICL手術が評価されている点として、視力の長期安定性が挙げられます。

比較的、近視の戻りは少ない、という報告があります。

が、手術後も変わらず近くを見ていると、新たな近視が出ることがありますので手術後の生活は新たな近視にならぬようにお気をつけください。

術後は安定までに時間がかかる

手術直後は、多少の炎症や手術の影響によって視界がぼんやりとしています。基本的に数日から1週間ほどで見え方が安定していきますが、人によっては1か月から3か月ほどかかる場合もあります。

レンズを挿入する際に切開創を作成するため、傷口がしっかりと閉じるまで一時的(2週間~3週間ほど)に乱視が発生することもあります。

傷跡が治ることによって、改善するので落ち着いて様子を見ていきましょう。

ぼやけや見え方が不安定でなかなか落ち着かない場合は、ご相談ください。

眼内に挿入したコンタクトレンズはズレることはほぼない

ICL手術で使用される眼内レンズは、虹彩と水晶体の間に固定できる構造です。

そのため安定性が高く、強い衝撃にも耐えられるようになっていますので、レンズがズレる可能性はほぼありません。

また、通常のコンタクトレンズよりも耐久性が高く、生体適合性に優れた素材を使用しています。

コンタクトレンズのように、曇ることもありません。

ICLで失明する可能性は極めて低いが感染症には注意が必要

ICL手術による失明の危険性はほぼ考えられませんが、眼という非常にデリケートな器官を手術するため、事実上絶対とは言い切れません。

感染症のリスクは極めて稀ですが、手術直後から暫くは医師の指示に厳格に従って過ごされるよう注意していただきます。

当院は手術費用に1年間の検診・アフターケアを含んでいます。術後の経過観察は眼の安全のために、非常に重要です。

少しでも違和感があった際は、術後の定期的な診察でご相談いただけます。