お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色
シェアする:

ICL術後の保護メガネは必要か

スターサージカル(STAAR Surgical )

先進会眼科は、スターサージカル(STAAR Surgical )社とグローバルパートナーシップ契約を締結しております。 (プレスリリースはこちら① / こちら②


icl 保護メガネ

近視や遠視、乱視を矯正するICL(眼内コンタクトレンズ)は、長期安定性と安全性が確認されている視力矯正手術です。

眼内レンズの挿入で視力矯正を行うため、必要に応じて取り外すことも可能です。

それでも術後2週間ほどは切開創が治癒していないデリケートな状態です。その間は感染症を防ぐために、処方薬の服薬や、生活規制が必要になります。

今回はICL手術を受けた後の対応や、保護メガネの必然性について解説します。

ICL術後の対応

手術は日帰り手術になります。当日は洗顔、洗髪はお控えください。入浴は首から下のシャワーのみ可能です。

洗顔、洗髪は手術後4日目から可能です。

お仕事復帰に関しては、デスクワークであってもできる限り当日・翌日は控えて、二日後から再開としてください。

お仕事復帰のタイミングは職種によって異なりますので、予め医師にご相談ください。

ICL手術の後2週間は特に、日常生活において目の中に異物が入らないように注意して過ごす必要があります。

アイメイクは1週間は控えていただき、1週間検診後、問題なければ可能です。

※詳しくは「保護メガネ以外の対応」をご覧ください。

ICL術後、保護メガネは必要か

術後暫くは切開創が塞がっていないため、感染しやすい状況です。

この期間、異物が目に入ってしまったり、擦ったりしてしまうととても危険です。

外出時に目元に触れたり異物が入るのを防ぐため、保護メガネを着用してください

保護メガネは就寝中にも、目元を触ったり、擦るのを防ぐ効果もあります。

実際の着用については、医師にご相談ください。

どれくらい着用すればいいのか

手術後、感染症にかかりやすい4週間は着用を推奨します。

就寝時も目元に触らないために1週間は保護メガネをかけたまま、仰向けの姿勢で眠ると安心です。

実際の着脱のタイミングに関しては、術後の安定状況やライフスタイルにもよりますので、医師にご相談ください。

保護メガネ以外の対応

手術後、医師からお薬(点眼薬や服用薬)が処方されます。

これらは炎症を抑えるのに必要なものなので、医師の指示に従って厳格に継続してください。

また、洗顔に限らず、日常生活やお仕事の復帰するタイミングも気を付けていただく必要があります。

日常生活の規制においては、こちらをご参考にしてください。

項目可能になるタイミング
デスクワーク・術後2日目から可能
運転・翌日検診で医師と要相談(※)
入浴・肩から下のシャワーは当日から
・洗髪は術後4日目から
・洗顔は術後4日目から
スキンケア・メイク・目の周りを避けたスキンケアは当日から可能
・アイメイク・ベースメイク以外は翌日検診後から可能
・アイメイク・ベースメイクは術後1週間後から可能
コンタクトレンズ
カラーコンタクトレンズ
・手術後1か月〜3か月の検診で医師にご相談ください
まつ毛パーマ・まつ毛エクステ・術後1か月の検診で問題なければ施術可能

(※)視力が回復し、昼間・夜間ともに手術後の見え方に慣れることが必要

その他、ライフスタイルやお仕事に関して、術後の過ごし方で不安な点は医師にご相談ください。

術後の検診について

ICL手術を受けられましたら、翌日から3か月後まで定期検診に来ていただきます。

通院目安は、手術翌日、1週間後、1か月後、3か月後になります。

(目の状態によって、増えることがあります)

術後の定期検診は、術後1年間のアフターケアとして、手術費用に含まれています。

定期検診以外でも気になることがありましたら、アフターケア適用期間内でしたら、無料で対応させていただきます。

※経過観察のために、1年後も1年に1度は受診をお願いしています。

まとめ

視力矯正手術を受けた際は、眼の状態が安定するまで安静に過ごしていただく必要があります。

決して目元に触れたり、擦ったりしないようにしてください。

便利で安全性の高い保護メガネを使用すると、就寝中も目元に触らないように対策することが可能です。

術後の保護メガネ使用について気になる点がありましたら、お気軽にご相談ください。

ICL手術後のスポーツについて