お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

オルソケラトロジー治療の費用について

オルソケラトロジー治療の費用

手術不要で近視を矯正できる「オルソケラトロジー」。就寝中にコンタクトレンズを装着することで、日中快適な見え方ができるようになります。

ここではオルソケラトロジーの費用や、保険適用について解説いたします。

視力矯正手術のレーシックやICLとの費用比較も記載いたしますので、 参考にしてください。

オルソケラトロジー治療とは

オルソケラトロジーとは、就寝時に特殊コンタクトレンズを挿入することで、日中の視力を回復させる治療です。

手術を受けることなく、近視・乱視を回復することができます。

長期的にコンタクトレンズを使用する前提の治療なため、使用を中止すると視力は元に戻ります。

継続して治療を受けることで、近視進行の抑制効果も期待できます。

オルソケラトロジーの費用

オルソケラトロジーは治療を継続することで、回復した視力を日中維持することが可能です。

そのため、当院では長期治療を前提とした定額制となります。

トライアル費両眼9,800円(税込)
初期費用(3ヶ月分)両眼42,000円(税込)
4ヶ月以降両眼6,800円/月(税込)

※検査費用は、保険適用となります。別途ケア用品の費用が必要です。

他の視力矯正法との違い

オルソケラトロジーのほか、当院の視力矯正治療には「レーシック」「ICL」があります。

レーシックは、レーザーを角膜に照射することで視力を矯正する手術です。視力矯正手術の中では安価で、コストを抑えられるメリットがあります。

しかし、角膜の形状や厚みによっては、不適応となる場合もあります。

ICLは、眼内コンタクトレンズを眼に永久的に挿入することで、視力を矯正する手術です。レーシックやオルソケラトロジーと比べて費用は掛かりますが、一度の手術で長期間回復した視力を維持する事が可能です。

また、角膜の形状や度数についても幅広い症例に対応することができます。

費用比較

レーシック、ICLの費用は以下になります。オルソケラトロジーと違って手術になるため、出費は一度のみとなります。

▼レーシック

※メニューによって、費用に差があります。オーダーメイド式の質の高いメニューほど、費用が高額となる傾向があります。

iFSイントラレーシック両眼19.8万円(税込)
アイデザイン アイレーシック両眼30.8万円(税込)
アイデザイン リフラクティブ ストゥーディオ両眼38.5万円(税込)
アイデザインPRK両眼46.2万円(税込)

▼ICL(眼内コンタクトレンズ)

ホールICL −5D未満両眼45.1万円(税込)
ホールICL −5D以上両眼52.8万円(税込)

費用は保険適用になるか

オルソケラトロジーは、検査は保険適用となりますが、契約成立後から自費診療になります。

4ヶ月目以降、月ごとに6,800円(税込)発生します。

コンタクトレンズのケア用品も、保険適用外となります。

先進会眼科のオルソケラトロジーの特徴

当院では丁寧な適応検査やカウンセリングを行ったうえで、トライアルレンズを試していただき、患者様にオルソケラトロジーのご契約、継続を判断していただきます。

オルソケラトロジーの費用や効果について不明な点がありましたら、ご納得いくまで質問してください。

当院で、オルソケラトロジー治療で使用するレンズは、厚労省より認可を受けているコンタクトレンズ「マイエメラルド(Emerald™)」になります。

世界各地で使用されていて、通常のハードコンタクトレンズと同程度の安全性を備えています。

日中、眼鏡やコンタクトなしで、クリアな見え方になりたい方は、是非オルソケラトロジー治療をご検討ください。