お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

レーシックの代替の治療法|オルソケラトロジーとICL

視力矯正手術といえばレーシックが思い浮かぶ方が多いかもしれませんが、角膜を直接変化させるプロセスや、コスト面で不安がある方もいるのではないでしょうか。

当院では、ICL(眼内コンタクトレンズ)やオルソケラトロジーなど、レーシック以外にも視力低下を改善できる手術や治療を揃えています。

ここでは、各治療の特徴や費用など、視力回復治療の比較をご覧いただけます。

視力矯正治療の種類

当院で取り扱っている視力矯正治療には、レーシック、ICL(眼内コンタクトレンズ)、オルソケラトロジーがございます。

レーシックは最もポピュラーに普及されている視力矯正手術です。プロセスとしては、角膜を切開してフラップと呼ばれるフタを形成し、フラップをめくったところにレーザーを照射していきます。レーザーによって角膜の形状や角度が矯正され、視力を改善することができます。

ICLは近視・遠視・乱視を矯正する視力矯正手術です。眼内コンタクトレンズを永久的にインプラントすることで、視力を回復させます。

オルソケラトロジーは、手術不要の視力治療法になります。就寝中に特殊コンタクトレンズを挿入することで、日中の近視・乱視症状を改善し裸眼で過ごすことが可能です。

症例の適応範囲が広い「ICL」

ICL(眼内コンタクトレンズ)はレーシック同様、世界中で症例実績をもつ視力矯正手術です。近視・遠視・乱視の症状に適応します。

レーシックのように眼の組織を直接変化させるのではなく、眼内コンタクトレンズを永久的に眼内に挿入することで、視力を回復させます。

角膜の形状問わず幅広い症例に適応できるので、レーシックが不適応の方でも適応になりやすいです。回復した視力が比較的維持されるという報告もあります。

眼内コンタクトレンズは追加処置によって抜去できるので、もし将来、眼の病気によって手術や治療が必要になった際に取り出すことができます。

このように有用性や利便性の高い手術ですが、レーシックやオルソケラトロジーよりも費用は高額になります。

手術不要、子どもも可能な「オルソケラトロジー」

オルソケラトロジーはレーシックやICLと違い、手術不要の視力回復治療です。

就寝中に特殊コンタクトレンズを挿入することで、翌朝コンタクトレンズを外すと、裸眼の状態で視力が回復されています。

使用を中止すると視力が戻ってしまいますが、長期間使用することで日中の視力の回復とともに、近視進行を抑制する効果が多数報告されています。

レーシックやICLと違って、学童期のお子様も対象になる視力治療です。日中スポーツをされたり、眼鏡やコンタクトを装着するのが難しい方、お子様の近視進行抑制におすすめな治療法です。

当院での治療費用の比較

当院の視力矯正治療の価格は以下になります。

レーシック両眼19.8万円~46.2万円(税込)
※メニューによって費用差あり
ICL(眼内コンタクトレンズ)両眼45.1万円~52.8万円(税込)
※度数によって費用差あり
オルソケラトロジー初期費用(3ヶ月分):両眼42,000円(税込)
4ヶ月以降:両眼6,800円/月(税込)

レーシックとICLは眼科手術になるため費用が高額になりますが、一度手術を受けると長期に渡って手術によって回復した視力が維持されます。

また、当院では上記の手術費用に検診・アフターケア代を含んでいます。術後1年間~3年間(期間はメニューによって異なります)は定期検診や、必要に応じた治療・再矯正が無料になります。

当院でのオルソケラトロジーは初期費用は掛かりますが、4ヶ月目以降は月に両眼6,800円で治療を継続できます。

コンタクトレンズは1dayタイプで毎日両眼に装用すると月に両眼6,000円くらいなので、大きな費用差がありません。

日中、眼鏡・コンタクトを装着する負担が軽減できて、近視進行抑制効果も期待できる面を考慮すると、お試しやすい価格ではないでしょうか。

各治療法に向いている人・向かない人

どの視力矯正治療を受けるか悩んでいる方に向けて、各治療の向き・不向きを紹介します。

※あくまで目安になりますので、実際のメニュー選びに関しては、当院まで直接ご相談ください。

向いている人向かない人
レーシック・費用を抑えて近視
・乱視・遠視を改善したい
・術後はすぐに視力回復してほしい
・角膜を変化させるのに抵抗がある
・重度な近視
・乱視・遠視
ICL(眼内コンタクトレンズ)・長期にわたって良質な視力を維持したい
・角膜を変化させるのに抵抗がある
・近視・乱視・遠視の症状が強い
・費用を抑えて視力矯正がしたい
オルソケラトロジー・手術が受けられない年齢(学童期のお子様など)
・近視進行を抑制したい
・手術に対して心理的・費用的に抵抗感がある
・重度な近視
・乱視の方
・短期間で視力を根本改善したい

どの治療法が向いているかまずはご相談を

当院では、事前に丁寧な適応検査やカウンセリングの機会を設けたうえで、治療や手術をご案内いたします。オルソケラトロジーをご希望の際は、患者様ご自身でトライアル体験を経てから、装用のご契約をご検討いただきます。

患者様一人ひとりに見合ったメニューや見え方をご提案いたしますので、どの治療法が向いているのか分からない方、決まっていない方などでも、お気軽にご相談ください。

ライフスタイルやお困りごとに沿った治療をご提供いたします。