お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

飛蚊症が消える?自然に治る可能性はあるのか

飛蚊症が自然と消える

虫や糸くずなどの浮遊物が見える「飛蚊症」。眼の中の硝子体が濁ることによって現れる症状です。

慣れないうちは気になる症状ですが、自然に治ったり消えたりすることはあるのでしょうか?

飛蚊症が現れた際、放置していいのか、消えることはあるのかを解説します。

飛蚊症の症状について

飛蚊症とは、視界に虫や糸くずなどの浮遊物が映る症状のことです。

飛蚊症の原因は、眼球の中に詰まっている透明なゼリー状の物質「硝子体」の濁りです。

通常、角膜や水晶体を通して入ってきた光は、この硝子体を通過して網膜まで達します。しかし、加齢や病気など何らかの原因によってこの硝子体に濁りが生じると、明るいところで見た時にその濁りの影が網膜に映り、虫や糸くずが浮いているように見えます。

飛蚊症には「生理的飛蚊症」「病的飛蚊症」の2種類があります。

飛蚊症の多くは生理的飛蚊症になります。生理的飛蚊症の殆どは老化によるもので病気でないため、治療をせずに経過観察することが殆どです。

しかし、生理的飛蚊症か病的飛蚊症かによって治療方法が異なりますので、まずは眼科でどちらの飛蚊症なのかを調べる必要があります。

自己判断で放置は危険

飛蚊症の多くは、生理的飛蚊症といわれています。生理的飛蚊症は主に加齢が原因であり、病気ではないので治療が必要ないことが殆どです。

しかし、病気を原因とする病的飛蚊症の場合は、網膜剥離や緑内障など重篤な病気が原因である可能性が高いです。緑内障は日本国内において、失明原因のトップです。

病的飛蚊症の場合早急な治療が必要になりますので、自己判断で生理的飛蚊症と判断しないようにしましょう。

飛蚊症が自然に消えることはない

生理的飛蚊症の場合、治療を行わずに様子を見ることが殆どですが、基本的に飛蚊症が自然に消えることはありません。市販の目薬や薬で治ることも考えられません。

飛蚊症の症状が視力に支障をきたすほど重症な場合は、内服治療やレーザー治療「ビトレオライシス」を行います。ビトレオライシスとは、浮遊物による視覚障害を解消できるレーザー治療です。リスクの低い低侵襲な治療法で痛みを伴わず、15〜20分で完了します。健康保険適用外になります。

どうしても気になって仕方がないという方以外は、原則的に経過観察で充分です。

飛蚊症は慣れてくる場合も

飛蚊症は自然に消えることはありませんが、その症状は慣れてしまうと気にならなくなる場合がほとんどです。

自分で気にならなくなることで「飛蚊症が消えた感じがする」「自然に治ったようだ」と感じる方もいるようです。

いつもと違う見え方を感じたら受診を

飛蚊症は治療が必要ない場合が殆どですが、急に浮遊物が見えたり、見え方が変わってきた場合は一度眼科を受診しましょう。

眼の症状の自己判断は危険です。生理的飛蚊症か病的飛蚊症か、医師に判断してもらったうえで、経過を診ていきましょう。

飛蚊症が気になる場合は、お気軽にご相談ください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
シェアする:
岡 義隆
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長