多焦点眼内レンズ、レーザー白内障、ICL、レーシック、円錐角膜、オルソケラトロジー
平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
新型コロナ対応施策
背景色
網膜硝子体手術

硝子体混濁の見え方と治療法について

硝子体混濁の見え方と治療法について

眼球の内部の透明なゲル状の硝子体。眼球の形を保ち、入ってくる光を屈折させるのに重要な役割がある硝子体は99%が水でできています。

硝子体の濁りにより光が通らなくなった状態を『硝子体混濁』と言います。

この記事では、硝子体混濁の見え方やどういった症状があるのかを解説していきます。

硝子体混濁の見え方

硝子体混濁になると、虫が飛んでいるように見えたり、ものがかすんで見えるようになります。

症状が進み、混濁が強くなると、原因を特定するのが難しくなっていきます。

原因は、様々ですがぶどう膜炎などの炎症性疾患が多いと言われています。その他にも、黄斑円孔や黄斑前膜、硝子体出血、強度近視や加齢など…様々な症状が硝子体混濁の原因に挙げられます。

ですので、「硝子体混濁」という疾病名があるわけではないのです。何かしらの病気によって硝子体混濁が起きており症状を表している、と考えるのが良いでしょう。

硝子体混濁の症状

では、上記に挙げた硝子体混濁の症状は具体的にどういったものなのでしょうか。ここからは具体的な症状を解説していきます。

ぶどう膜炎

ぶどう膜炎は、眼の中の虹彩、毛様体、脈絡膜の3つの血管の多い組織「ぶどう膜」に炎症が起こる症状です。炎症性物質や白血球に硝子体の中に入ると、硝子体混濁の原因になります。

見え方としては、ものがゆがんで見える、かすんで見えるほかに、まぶしく感じるなどが多いです。他にも眼が充血して見えたり、目の痛みが見られます。

中には、飛蚊症の症状のように虫やほこりが飛んでる症状を感じる方もいます。

飛蚊症

飛蚊症は、眼球の硝子体に濁りができたときに見られる症状です。

本来透明なはずの硝子体に濁りが生じることで、目の前に虫が飛んでいたり糸くずなどの「浮遊物」が飛んでいるように見えます。

目を動かすといっしょに動いているように見え、大きさや量、形も異なります。

ほとんどの場合、経過観察で問題ありませんが、まれに、網膜剥離・硝子体出血・ぶどう膜炎などで飛蚊症を発症していることもあるので注意が必要です。

硝子体混濁と飛蚊症の違い

硝子体混濁という病気はないので、飛蚊症との違いというものはありません。硝子体混濁が起こることによって飛蚊症になるため、違う病気ではないのです。

角膜と水晶体を通して外から入ってきた光は、硝子体を通過して網膜まで達してものを見ることができます。しかし、硝子体が混濁すると明るいところを見たときにその濁りの影が網膜に映り、虫や糸くずなどの浮遊物が飛んでいるように見えるのです。

飛蚊症は放置していても問題はない症状ですが、まれに重篤な病気である可能性がある「病的飛蚊症」の場合もあります。

自分で判断することはできないため、眼科で検査を行いましょう。

飛蚊症の症状についてはこちらの記事で詳しく解説しています。

飛蚊症(ひぶんしょう)レーザー治療

飛蚊症の治療方法|原因と治し方について解説

硝子体混濁の治療法

硝子体混濁は様々な病気によって起こります。また、病気ではなくとも強度近視や加齢によって硝子体混濁になることもあります。

ですので、硝子体混濁になったからと言ってこの治療法を行いましょうと決めることはできません。

症状によって、点滴や飲み薬、目薬や注射など最適な治療法を提案いたします。

また、硝子体混濁が進行してからは、検査で原因の特定が難しくなることがあるため、治療を進めるためにも早期での検査が大切となります。

症状によっては失明に繋がることも

硝子体混濁は、網膜剥離や糖尿病網膜症など失明に繋がりかねない恐ろしい病気が隠されている場合もあります。

ものが見えにくい、ものがぼやけて見えるだけだと老眼や眼精疲労だと思って放置されがちですが、症状によっては失明の可能性も出てきます。

自己判断で放置していると進行し、気付いた頃には…ということもあります。

何の原因によって硝子体混濁が起きているのかを知るためにも、ぜひ一度眼科へ足を運ぶことをおすすめいたします。

見え方に違和感を感じたら先進会へ

硝子体は健康的な見え方をするのに大切な場所です。

99%が水でできているということもあり、非常にデリケートなため、様々な目の病気の原因に繋がる部位でもあります。

どの症状も、最初はものがかすんで見える程度なので大したことないと思われがちですが、目の病気はとにかく早期発見が肝心と言われています。

一生健康な目でいるためにも、見え方に違和感を感じたらぜひ先進会へご相談ください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
シェアする:
岡 義隆
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長