お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

目が乾く原因と対策

目が乾く原因と対策

仕事中やコンタクト装着時など、日常生活において「目が乾く」と感じることはありませんか?目の乾きは生活習慣によるものから、ドライアイという病気が原因の場合もあります。

日常生活や病気によって目が乾く原因と対策・専門治療について、解説いたします。

目が乾く原因

目が乾く原因として、生活習慣が影響する場合が多いです。現代ではデスクワークやスマートフォンが普及したこともあり、長時間画面を見ることによって瞬きの回数が減ることから、目が乾きやすくなります。

このほかにもエアコンによる空気の乾燥や、コンタクトレンズの長期・長時間の装着、生活習慣の乱れ、ストレス、アイメイクなども目の乾きを引き起こします。加齢も原因の一つです。

また、眼科手術の術後症状、マイボーム腺機能不全(MGD)、結膜炎、シェーグレン症候群など医療手術や疾患の合併症で、ドライアイが発症することがあります。

目が乾くときの対策

生活習慣が原因の際は、以下のような対策をしてみてください。

  • 市販の目薬を使う(人工涙液型)
  • デスクワークやスマートフォンなどの画面を長時間見る際は、1時間ごとに目を休ませる。意識的にまばたきを行う
  • 加湿器などを使用して部屋の湿度をあげる
  • コンタクトの装着時間を減らす。乾きにくいタイプのコンタクトレンズに変えてみる
  • アイメイクはしっかり落とす

市販の目薬はドライアイ対策に効果的ですが、配合されている添加物によって目に負担を与えることがあります。市販の目薬を選ぶ際は、防腐剤が入っていない人工涙液型のものを推奨いたします。

ドライアイの可能性もある

「目が乾く」「目がしょぼしょぼする」「異物感や違和感がある」という症状が気になる場合、ドライアイが発症している可能性があります。デスクワークやコンタクトレンズの装着、エアコンの使用などは、ドライアイを引き起こしやすいです。

ドライアイはただの不快症状ではなく、涙の質や分泌量に関わる病気です。ドライアイであれば、眼科で専門治療を受けることができます。

ドライアイとは

ドライアイとは涙の分泌量が減ったり涙の質が低下することによって、眼の表面を潤す力が低下する疾患のことです。涙の働きは、眼の乾燥を防いだり眼に入ったゴミを洗い流すだけでなく、殺菌作用もあります。

ドライアイになると、目の乾きや不快感だけでなく、頭痛や肩こりなど全身の不調を感じることもあります。

重症化すると角膜や結膜の損傷などを発症する場合がありますので、早めに眼科で検査を受けることを推奨します。

目の乾きは眼科で治療できる

目が乾く際の対策を行っても改善しない場合は、眼科で検査を受けましょう。

当院ではドライアイに関わる各検査を一台でこなすことができる検査機器「idra」を用いて、ドライアイの原因や症状を検査します。

検査の結果から、症状や程度に合わせたドライアイ治療を提案いたします。治療例としては、以下のようなものがあります。

  • 点眼薬

症状が軽い場合は潤いを持たせる点眼薬で緩和させることができます。

  • 涙点プラグ

重症化している場合には、涙点に栓(涙点プラグ)をして、涙を目の中に溜める治療を行います。

  • マイボーム腺開口部の洗浄・MGD改善治療

まぶたにあるマイボーム腺には、涙の安定性を担う油層をサポートする働きがあります。しかし、ドライアイ患者の86%が、何らかの原因によってマイボーム腺の機能が低下している「マイボーム腺機能不全(MGD)」であると報告されています。

当院では、マイボーム腺開口部の洗浄や、MGDに対するIPL光線療法を取り扱っています。IPLは世界中で行われているレーザーによるMGD改善治療で、手術のような外科的治療ではないので患者様への負担も少ないです。

目が乾くと感じたら眼科へ

目が乾くと感じたら、目薬を使用したり適度に目を休めたりと、少しづつ工夫していきましょう。生活習慣やコンタクトレンズの使用も、見直す必要があるかもしれません。

日常習慣の見直しで改善しない際は、ドライアイが発症している可能性があります。ドライアイは放置していると重症化することがあります。違和感が続くようなら、早めに眼科を受診しましょう。

当院では緻密なドライアイ検査の結果をもとに、程度・タイプに合わせた治療法を提案しています。点眼治療からマイボーム腺改善治療まで行っていますので、目が乾く・痛いなど感じていましたら一度ご来院ください。

	
検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
シェアする: