お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

ICLは白内障のリスクがある?手術を受けられるのかどうか・安全性を解説

シェアする:
ICLと白内障の解説

ICLによって白内障が発症することは基本的にありません。ICLとは近視、遠視、乱視などの屈折異常に対する屈折矯正手術法の1つで、白内障の発症とは関係ないものです。

この手術を受けることで、メガネやコンタクトレンズを使用しなくても遠くがよく見えるようになることが期待できます。気になっている人もいるのではないでしょうか。

この記事では、ICLと白内障について詳しく解説します。

白内障とは

白内障は眼の水晶体が加齢性の変化によって白く濁る病気です。水晶体が白く濁ると眼の奥まで光が届かなくなり、視力低下に繋がります。白内障を発症する原因として、さまざまなことが言われていますが、主な原因は加齢です。60歳以上の高齢者の約8割の人が、白内障を患っていると言われています。白内障の程度や進行には個人差があり、白内障を患っていても、視力や生活に影響がない人もいます。

白内障の治療として、投薬治療が挙げられます。進行を止めたり、遅らせたりするのが目的です。しかし、生活に支障が出るほど視力が低下している場合には、手術が適用されます。水晶体を人工眼内レンズに置き換える手術を行います。片眼にかかる時間は数十分程度で、経過観察のため翌日に来院が必要にはなるものの、日帰り手術が可能です。

白内障とは│症状・治し方などの基礎知識

ICLとは

ICLとは近視、遠視、乱視などの屈折異常を矯正する目的で行われる屈折矯正手術、またはその手術に使用する眼内レンズのことを言います。

ICLを受けることで、メガネやコンタクトレンズを使用しなくても遠くがよく見えるようになります。メガネやコンタクトレンズにかかる時間や手間、ランニングコストから解放されるため、受ける方が増えているのが現状です。手術の方法、ならびに安全性・白内障との関係についてご紹介します。

ICL(眼内コンタクトレンズ)とは│費用・他の手術との違いなど

ICLの手術内容

ICLでは、眼の中にレンズを挿入して屈折異常を矯正します。手術の方法は以下の通りです。

  1. 点眼による局所麻酔を行う
  2. 角膜にとても小さな切開創を作成する
  3. 切開創から折りたたんだレンズを眼内に挿入する
  4. レンズが広がったことを確認して、手術終了(切開創は自然に吸着して閉じるので基本的に縫合はしない)

上記は手術当日の手順です。手術は両眼行ったとしても、30分以内で終了することが多いです。その後は自宅で休養していただきます。

ICLを受けるにはさまざまな条件があり、そのための検査が2時間~2時間半ほど必要です。また、挿入するレンズの度数を正確に決めるために、事前の通院が必要になります。加えて、術後の経過観察も欠かせません。

ICLの安全性

ICLと同じ屈折矯正手術には、レーシックという方法もあります。レーシックは眼の表面の角膜を変化させることで、屈折異常を矯正する方法です。

レーシックに比べてICLは角膜での手術ではありません。また、レンズが合わないといったトラブルが発生した場合には、手術によりレンズを取り出して元の状態に戻すことも可能です。さらに、レーシックでは角膜を切除するために角膜の厚みが必要であるという理由から、強度の近視の人は手術を受けられません。対して、ICLは強度の近視の人でも受けることができます。強度の近視などが理由でメガネやコンタクトレンズが欠かせない方にとっては魅力のある手術です。

白内障の場合、ICLは受けられるか

白内障が発症している場合、ICLを挿入しても視力の矯正は見込まれません。そのため、白内障の治療として水晶体を取り除き、人工眼内レンズに置き換える手術を行います。そもそも、ICLは白内障の手術を応用した方法です。そのため、白内障の治療のために挿入する白内障の人口眼内レンズでも屈折異常の矯正が期待できます。

白内障とICLの違いは、自分の水晶体を取り除くか残すか、そして人口眼内レンズの挿入位置の違いです。白内障の手術で水晶体を取り除くと、眼のピント調節機能がなくなってしまいます。それを解決するために多焦点の眼内レンズもありますが、水晶体が健康な場合は、水晶体を残したまま屈折異常を矯正するためのICLを挿入するほうが良いケースが多いというわけです。

ICLのリスク

メリットを多く感じるかもしれないICLですが、起こる可能性のあるトラブルとして以下が挙げられます。

  • 挿入したレンズの度数が合わない
  • ハロー・グレア現象
  • 術後の感染症

それぞれについて解説します。

ICLを受けて白内障になることはない

手術である以上リスクがゼロとはいえませんが、ICLを受けたことが原因で白内障を発症することは基本的にありません。白内障は白髪のように、体質や加齢が原因で誰しもに発症する可能性がある疾患です。病気の進行や発症する時期は人それぞれであり、ICLを挿入している方が白内障を発症しやすくなるということは基本的にないと考えられます。

レンズが合わない

ICLは患者様の眼の屈折状態や眼球の大きさ、角膜の形状などのデータを集計した上で度数を決定します。それでもごくまれに、挿入したレンズが希望していた見え方と違うと感じる患者様もいます。そのような事態を防ぐためにも、患者様の希望の聞き取りや検査を丁寧に行うことが重要です。しかし、万が一そのようなことが起こったとしても、手術によりレンズを取り出して、改めて合うレンズを挿入することができます。この点は、ICLのメリットと言えるでしょう。

ハロー・グレア

ハロー・グレアは主に、夜に光を見たときに起きる現象です。光の周りに、円状にもやがかかったように見えることをハロー、光がまぶしく見えることをグレアと言います。

この現象は白内障の手術後に起きることがありますが、ICLレンズでも同じことが起きる可能性があります。この現象を感じるのは手術の直後が多く、しばらく経過すると症状が収まることがほとんどです。さらに最近では、ICLの研究が進み改良していることで、この現象が起こりにくくなっています。ハロー・グレア現象が術後しばらく経過しても続いている人は、眼科医に相談しましょう。

術後の感染症

確率は低いことですが、切開創を作ることからも感染症の危険性がまったくないわけではなく、その影響は無視できません。そのため、感染症を起こさないよう注意する必要があります。主な注意すべきこととしては、以下のようなことが挙げられます。

上記のことに注意すれば、感染症が発症するリスクをできるだけ小さくできます。

確率は高くないものの、手術に一般的にみられる合併症や副作用としては下記を伴う可能性があり、報告されています。
結膜炎、急性角膜浮腫、持続性角膜浮腫、眼内炎、ハロー・グレア現象、前房出血、前房蓄膿、眼感染症、レンズ偏位、黄斑浮腫、瞳孔異常、瞳孔ブロック緑内障、重篤な眼炎症、虹彩炎、硝子体脱出、角膜移植。

また、稀ですが、炎症や角膜内皮減少、高眼圧、白内障などの合併症が起こった場合は追加の手術処置が必要になることがあります。

ICLを受けた後に白内障になった場合

ICLを受けた後に白内障を発症した場合は、挿入したICLと白濁した水晶体を取り除き人工水晶体を挿入する、白内障の手術を受けることが可能です。そのことについて紹介します。

白内障の手術は受けられる

ICLは一度挿入したレンズを必要によって手術で取り出すことができる点がメリットと言えます。ICLの挿入後、数十年経過して白内障が発症したとしても、白内障の治療を受けることが可能です。 ICLを取り外して、元の状態に戻してから白内障の治療を受けることができます。

ICLと白内障の手術方法は同じ

ICLと白内障の手術は手順がほとんど同じです。ただし、白内障手術の場合は、水晶体を超音波の装置で砕いて取り除く手術過程が必要になります。切開創を作って眼の中にレンズを挿入する点は同じです。

白内障は眼疾患の中で患者数の多い疾患であり、白内障の手術は多くの眼科で日常的に行われています。その術式とほとんど同じであるICLは、その点において眼科領域ではなじみのある手技だと言えるでしょう。

まとめ

ICLは遠視、近視、乱視といった屈折異常を矯正することができる手術方法です。現在は屈折異常があっても、メガネやコンタクトレンズを使用して生活することができますが、手術の負担に配慮したICLは、日常生活を変えてくれる方法の1つであると言えます。

ICL手術の費用相場については、両眼で45.1万円~66万円(税込み)です。自由診療のため、病院やレンズの種類で費用が変わり、度数が強いものや乱視矯正も行う場合は費用が高くなります。
手術前の適応検査や、手術後のアフターケアが費用に含まれていない場合もあるため、費用の内訳についても事前に詳しく確認しておくことをおすすめします。

先進会眼科ではICLの治療を積極的に行っており、多くの手術実績もあります。ご相談だけでも承っておりますので、ぜひお気軽にご連絡ください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長