お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

近視矯正の種類|近視の原因と矯正方法、向いている人、費用を紹介!

シェアする:
近視の原因と矯正方法について

現代では近視の方がとても増えています。大人だけではなく、小学生の近視も増えています。

今回は自分にあった近視矯正方法が知りたい、そして子供に合った近視矯正を知りたい方とお考えの方のために、そもそも近視とは何か、近視の原因と主な近視矯正の方法、費用、それぞれの矯正方法が向いている人の特徴などをまとめました。

近視とは

「近視」とは、近くのものは見えるのに遠くのものが見えない状態のことを言います。

人間の眼は、ちょうどカメラと同じ仕組みとなっており、カメラのレンズに当たる水晶体の厚みを調整してピントを合わせ、フィルムに当たる網膜に像を結びます。近くも遠くもきちんと見える「正視(せいし)」の人は、網膜に正しくピントが合いますが、「近視」の人は網膜よりも手前にピントが合ってしまうため、遠くのものがぼやけてしまうのです。眼球の前後の長さ(眼軸)が正常よりも長い場合がほとんどですが、水晶体や角膜での光の曲がり方(屈折率)が正常よりも強い場合にも近視となります。

近視の原因

近視になる要因ははっきりとはわかっていませんが、遺伝的要因と環境的要因があると考えられています。

眼鏡で矯正できないくらい強度の近視(病的近視)の場合は、遺伝の影響が大きいとされています。また眼鏡で矯正できる単純近視であっても、両親が近視の子供は、そうでない子供(片方の親のみが近視、もしくは両親ともに近視ではない子供)に比べて近視になるリスクが高くなるという結果もあります。

環境要因としては、テレビゲームやスマホ、読書など近くでものを見ることが多い環境は近視の原因になるとされています。近くを見過ぎると目が疲れ、近くにピントを合わせやすくなるように目が適応するからです。ただし、同じような環境でも近視になる人とならない人がいるので、環境要因だけで説明するのは難しいとされています。

近視の矯正方法

近視を矯正する方法は、大きく分けて処方によるものと手術によるものがあります。

処方

主に仮性近視(偽近視)の方へ、点眼薬の処方が行われることがあります。

低濃度アトロピン点眼によって、成長期の眼軸長の伸びを抑えることで近視の進行が抑制され、さらにその効果が点眼中止後も持続することが期待されます(Ophthalmology. 2016 Feb;123(2):391-9)。アトロピンの点眼によって、水晶体の厚みを調節する毛様体筋の緊張を取ることができます。薬が効いている間は瞳孔が開いて近くが見えにくくなるため、夜寝る前に用います。2021年5月現在、日本で承認を受けている低濃度アトロピン薬剤はなく、健康保険の適用外の方法となりますが、日本でも導入する施設が増えてきています。

注意点としては、近視の進行を止めるものではなく、あくまで進行抑制が期待されること、また、現在の近視を直接的に矯正する効果はないことです。大きな副作用は報告されていませんが、今後明らかになる可能性もあります。

手術

近視を矯正する外科手術には、レーシック(LASIK)と有水晶体眼内レンズ(眼内コンタクトレンズ、ICL)があります。近視の進行の観点から屈折矯正手術ガイドラインでの手術適応年齢は18歳以上となります。

近視矯正の種類

近視矯正の方法には、主に眼鏡、コンタクトレンズ、オルソケラトロジー、ICL、レーシックの5種類があります。

眼鏡

眼鏡は、ピントが合わない分を矯正するために用います。眼鏡のレンズは凸レンズを用います。凸レンズはピントを遠くにする働きがあるため、近視で近くなりすぎたピントを網膜の位置に合わせてくれます。「眼鏡をかけると近視が進む」と思い込んで眼鏡をかけたがらない人も多いですが、眼鏡と近視の進行は全く関係ありません。むしろ眼鏡をかけずに目に負担をかける方が良くありません。

初めて近視を矯正する方にはまず眼鏡の使用をお勧めします。また、お手入れが簡単で掛け外しも自由自在であるため、小学生の視力矯正はほぼ眼鏡で行っています。

眼鏡の費用は1本3万円程度が目安です。近視が進行したり、顔の大きさが成長すると眼鏡を買い換える必要があります。

オルソケラトロジー

オルソケラトロジーは、就寝中にコンタクトレンズを装着することで、日中に眼鏡やコンタクトレンズを装用することなく遠くを見ることが出来るように角膜を矯正することを目的とした方法です。

就寝時に特殊な形のコンタクトレンズをつけて寝ることで、角膜の形を矯正し、日中の視力矯正が期待できる方法です。使用をやめると視力は元の状態に戻りますが、手術を受ける必要がない矯正方法です。角膜が柔らかい子供のうちに使用を始め、使い続けることで近視の進行を抑える効果も期待されています。

向いている方は、眼科手術に抵抗感がある方、18歳未満の方です。特に小学生くらいから始めるのが効果的とされています。比較的軽い近視または乱視の方が対象となり、近視の度数は-4.00Dまで、乱視の度数は-1.50D以下を原則とします。

オルソケラトロジーは健康保険の適用にならないため、施設によって費用は異なります。先進会眼科での費用な治療の流れの詳しくはこちらをご覧ください。

また、オルソケラトジーの注意点や合併症ですが、基本的には一般のコンタクトレンズと同様です。

不衛生に扱うと角膜炎・角膜上皮障害・角膜感染症・角膜内皮障害・巨大乳頭結膜炎といった合併症が起こるため、正しくレンズケアをすることが大切です。

また、定期検診が必要であることや、夜間に光がにじんでみえるハロー・グレア現象にも注意が必要ですので、検討する際は合併症やリスクについても納得できるまで医師に確認しましょう。

ICL

ICL(Implantable Contact Lensアイシーエル:(眼内コンタクトレンズ))とは、眼の中に小さなレンズを埋め込んで近視・遠視・乱視を矯正する手術です。近年レーシック共に手術数が増えています。術後は眼鏡やコンタクトレンズなしでも遠くが見えるようになることが期待されます。

18歳以上の方で、近視・遠視・乱視が強い方、角膜形状不正などの理由でレーシックが適応とならない方に特におすすめです。

ICLは健康保険の対象外であり、費用が高額になる傾向があります。手術費用はクリニックごとに設定します。ICLの費用相場は、両眼45.1万円~66万円(税込)です。先進会眼科での費用についてはこちらをご覧ください。

ICLの合併症としては主に、結膜炎、急性角膜浮腫、持続性角膜浮腫、眼内炎、ハロー・グレア、前房出血、前房蓄膿、レンズ偏位、黄斑浮腫、瞳孔異常、瞳孔ブロック緑内障、重篤な眼炎症、虹彩炎、硝子体脱出、角膜移植などの報告があります。また、稀ですが、炎症や角膜内皮減少、高眼圧、白内障などの合併症が起こった場合は追加の手術処置が必要になることがあります。

手術である以上、リスクもゼロではないため、信頼できる医師から適切な説明を聞き、自身で納得した上で手術を受けましょう。

レーシック

レーシック(LASIK(エキシマレーザー屈折矯正手術:Laser in situ keratomileusis))は、視力矯正手術の一つです。エキシマレーザーを使用して角膜を薄く削ることで光の屈折率を正し、視力矯正を目的に行います。角膜のカーブを調整することで、中等度までの近視や乱視・遠視の矯正が期待できます。以前は杜撰なレーシック手術が問題となったこともありましたが、近年は日本眼科学会が出した屈折矯正手術のガイドラインに則り、適応基準のもとで実施されることが増えました。

18歳以上で屈折矯正量は原則6Dまでといった中等度の近視・乱視・遠視の方が適応となります。

レーシックもICLと同様に健康保険の対象外です。当院でのレーシックの費用や詳細はこちらからご確認ください。

レーシックでは、変化させた角膜は戻せない、視力の再低下が起こる可能性がある、夜間に光が見えづらくなることがある(ハロー・グレア)、一時的にドライアイとなる可能性がある、術後1週間ほどはメイクや入浴時に目の周りに気を付ける必要がある、稀にケラトエクタジア(医原性の角膜不正乱視)が起こる可能性がある、などの点を考慮しておきましょう。

手術である以上、リスクもゼロではないため、信頼できる医師から適切な説明を聞き、自身で納得した上で手術を受けましょう。

子どもの近視矯正

お子様の近視の矯正には眼鏡から開始することがお勧めでしょう。眼球が成長し切るまで近視の進行は止まらないので、眼鏡のレンズも定期的に入れ替える必要があること、またコンタクトレンズは適切な管理ができないと目を傷つけることにつながるからです。

小学生の軽い近視のうちであれば、オルソケラトロジーによる視力矯正がある程度期待できます。詳しくは、先進会眼科にご相談ください。

子どもの視力は回復できる?子どもに合わせた近視治療法

目のトレーニング

  1. 遠くの目標物を決める
  2. 顔の前に程よく手を伸ばし、目標物として指を立てる
  3. その指にピントを合わせ、片目で指を10秒見る
  4. ③と同じ片目で遠くの目標物を10秒見る
  5. ③・④の手順を10セット繰り返す

※このトレーニングは近視や老視を回復するものではありません

まとめ

以上、近視矯正の方法とそれぞれに向いている人、費用などをまとめました。遠くのものが見にくくてお困りの方、またお子様の視力が落ちてきているのが気になる方は、ぜひ一度きちんとした検査を受けましょう。

また眼鏡やコンタクトレンズは眼科で処方箋をもらうとスムーズに作成できます。近視以外の病気が隠れていないかなどを確認するために定期的に受診すると良いでしょう。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長