お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

瞼が垂れる原因とは?よく見られる症状や治療方法、予防策を解説

シェアする:
瞼の垂れる原因について解説

目が小さくなった、または視界が狭くなった、眼が開きにくくなったとお感じの方は、もしかしたら瞼が垂れてきているのかもしれません。

今回は、瞼が垂れるのはそもそも病気なのかどうか、そして瞼が垂れる原因や、瞼が垂れる病気と症状、瞼が垂れる病気の中でも眼瞼下垂の治療や手術について、さらに予防法についても簡単にまとめました。

瞼が垂れる原因とは

瞼が垂れる原因は、老化によるものや、まぶたの筋肉機能の衰えによるものなどがあります。

老化によるもの

大人になってから瞼が垂れてくるのは、ほとんどが加齢の影響です。まぶたを持ち上げる筋肉(上眼瞼挙筋)の端にある腱膜(けんまく)とまぶたの先端にある瞼板が離れるために起こるものと、まぶたの皮膚自体がたるんでくることで起こるものがあります。これらは必ずしも病気と言えるものでもありませんが、垂れてきた瞼が邪魔となって目が見えない場合などは、手術を検討することがあります。

高齢の方、また眼の手術を受けた・眼に怪我をしたことがある方、コンタクトレンズを使ったことがある方の瞼が垂れてきた場合は、老化によるものを疑います。

まぶたの筋肉機能の衰えによるもの

まぶたを持ち上げる筋肉(上眼瞼挙筋)そのものが衰えることによって、まぶたが垂れるものです。

瞼が垂れることで起こる症状

まぶたが垂れると瞳の部分にまぶたが被さるので、視野が狭くなったり視力が低下したりします。腱膜が弱くなっている場合は、まぶたを支えきれないのでまぶたが重たく感じます。そのほか眼精疲労、頭痛、肩こりなどの症状を引き起こすこともあります。

また、自分ではまぶたが垂れているとは感じていなくても、他人から「左と右で眼の開き具合が違う」「眠そうだ」などと指摘されて、初めてまぶたが垂れていることに気がつく方もおられます。

瞼が垂れる病気(眼瞼下垂)

眼瞼下垂は、本人が眼を閉じようと思っていなくても上まぶたが垂れ下がって物が見えにくくなる病気です。瞼が黒目の一部またはほとんどを覆い隠すため、視力の低下をはじめ、眼精疲労や頭痛・肩こりなどの症状が出ることがあります。

眼瞼下垂には、生まれつき瞼が垂れている先天性眼瞼下垂と、徐々に瞼が下がってくる後天性眼瞼下垂に分かれます。

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂は、まぶたを引き上げる上眼瞼拳筋が生まれつきないことや、まぶたを動かす神経の生まれつきの異常などが原因で起こります。

後天性眼瞼下垂

後天性眼瞼下垂は、まぶたを引き上げる腱膜に異常があり筋肉の動きがまぶたに伝わらない「腱膜性」、重症筋無力症など、まぶたの筋肉自体に異常があるためにまぶたが持ち上がらない「筋原性」や、ホルネル症候群といった動眼神経麻痺などによって筋肉を支配する神経に異常が起こる「神経原性」の3種類に分けられます。

まぶたが垂れる病気のうちで最も多いのが、腱膜性の眼瞼下垂です。加齢が原因となります。まぶたの筋肉自体には問題がないので、持ち上げる働きは正常です。

非常にまれではありますが、脳動脈瘤による動眼神経の圧迫によって眼瞼下垂が起こることがあります。この場合は、眼科的に診察すると、眼の動き自体にも制限があり、散瞳しています。脳神経外科による緊急の治療が必要となります。

その他

眼瞼下垂と似たような状態になる病気に、偽眼瞼下垂と機械的下垂があります。

偽眼瞼下垂は、まぶたを引き上げる腱膜や神経・筋肉の異常以外の原因によってまぶたが上がらなくなる状態です。例えば一重まぶたや奥二重のように、まぶた自体が比較的厚い場合は、まぶたが重くて開きにくくなることがあります。そのほか、眼瞼痙攣や顔面神経麻痺などでも偽眼瞼下垂が起こることがあります。

機械的下垂は、まぶたや眼窩の腫瘍、外傷、炎症などによってまぶたや眼窩が物理的に引き伸ばされることによって起こる下垂です。眼球の突出や位置の異常を伴うことが多いです。

眼瞼下垂の治療方法

眼瞼下垂に対する治療は、基本的には手術です。脳動脈瘤などが原因で動眼神経麻痺が生じている場合、重症筋無力症やホルネル症候群などの場合は、まずは元の病気の治療を優先します。

眼瞼下垂の手術は通常局所麻酔で行われるので、手術方法によっては日帰りが可能なケースが多いです。眼が見えにくい、頭痛や肩こりなどの症状がある場合は健康保険の適応となりますが、単に見た目を良くしたいだけの場合は自費診療となります。

なお、「手術で二重まぶたにすると治るかも?」とお考えの方もいらっしゃいますが、整形手術で二重まぶたにしても眼瞼下垂は治りませんのでご注意ください。

先天性眼瞼下垂

先天性眼瞼下垂の場合は、重症化していなければ手術を急ぐことはあまりありません。定期的な経過観察を行い、ある程度経っても改善しない場合、また視力などに影響が出てきた場合はまぶたの筋機能を回復する手術(筋膜吊り上げ術)を検討します。ただし、まぶたとまぶたを動かす神経はつながっていないため、まぶたの動きが正常な場合と同じになることはありません。

後天性眼瞼下垂

腱膜性眼瞼下垂の場合は、二重の線(一重の場合は二重を作る予定の位置)のあたりを切開し、緩んだ上眼瞼挙筋の腱膜を見つけ、縮めて瞼板に縫い付ける挙筋前転術を行います。程度が重い場合は、上眼瞼挙筋とともに、まぶたを上げるもう一つの筋肉であるミュラー筋も同時に短くして縫い付ける挙筋短縮術を行います。

神経性または筋原性の眼瞼下垂、重度の腱膜性眼瞼下垂の場合には、先天性眼瞼下垂と同じく筋膜吊り上げ術を行うことがあります。

その他

偽眼瞼下垂の場合は、余ってたるんだ皮膚を切除する重瞼部もしくは眉毛下皮膚切除術を行うだけで、症状の改善が期待されます。

瞼の垂れを予防する方法

瞼が垂れるのを予防するためには、瞼への物理的な刺激を避けることが一番の対策となります。瞼を強く擦ったり、マッサージをするのはもってのほかです。また、アイメイクやアイプチ、付けまつげ・エクステも瞼に負担をかけます。

コンタクトレンズを付けたり外したりするときには、上まぶたを無理やり指で持ち上げるのではなく、下まぶたを引きましょう。まぶたのためには、眼鏡の方が負担が少ないです。どうしてもコンタクトが良い場合は、ハードよりもソフトコンタクトレンズをおすすめします。

瞼が垂れてきたと思ったら眼科へ

「まぶたが垂れてきたかもしれない」と思われる場合、まず眼科を受診することをお勧めします。本当に瞼が垂れてきているのか、また他の病気が原因になってはいないかを確認します。また、「昨日まで何ともなかったのに突然瞼が垂れてきた」という場合は、脳動脈瘤による動眼神経麻痺など、緊急を要する病気の可能性があります。

眼瞼下垂の手術自体は美容外科でも手がけている病院がありますが、美容外科で治すことができるのは見た目だけです。視力や視野の問題を上手に解決することは難しいです。また眼瞼下垂の手術の後は、これまでまぶたで覆われていた眼がむき出しになるので光がまぶしく感じたり、ドライアイになることがあります。また乱視に影響が出る場合もあり、眼科での治療が必要になることがあります。

まとめ

以上、瞼が垂れることが気になる方向けの情報をまとめました。瞼が垂れること自体は必ずしも病気というわけではありませんが、稀に緊急を要する身体の病気であることがあります。突然瞼が垂れてきた場合は早めに病院に行きましょう。

そのほか、瞼が垂れることで視界が狭くなったり暗くなって日常生活に支障がある場合などは、手術をすることで改善が見込めます。先進会眼科では眼瞼下垂の診療も手がけています。気になる症状がありましたら、医師にご相談ください

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長