お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

ICL手術で起こりうる副作用とは?よくある質問や注意点も解説

シェアする:
メガネの女性

眼の中にレンズを入れることで近視や乱視、遠視を矯正するという新しい手術方法に「ICL手術」があります。

ICL手術は角膜を削らず、またレンズを挿入する際に切る範囲が小さいため、レーシックを受けられない人も受けられる可能性があります。

今回は、ICL手術とレーシックの違い、手術のメリット・デメリット、副作用、注意点などを詳しく解説します。

ICL手術は副作用が少ない視力矯正法?

ICL(有水晶体眼内レンズ)は「眼内コンタクトレンズ」としても知られています。このICLを使用して、水晶体を残したまま眼球の中にレンズを挿入する手術のことをICL手術と言います。新しい屈折矯正方法で、近視、遠視、乱視の矯正が可能です。

手術後は定期的な通院が必要になりますが、角膜を切る範囲が3mmと小さく、角膜を削らないため副作用がレーシック手術より少ない視力矯正手術として注目されており、コンタクトレンズのように毎日のお手入れや着脱の手間はありません。現在は徐々にICL手術が主流となりつつあります。

ICL手術とレーシック手術の違い

視力矯正のための手術としてよく知られているのが「レーシック手術」です。レーシック手術とは、レーザーによって角膜を薄く削り、角膜のカーブを変えることで屈折矯正する手術法のことです。

レーシック手術を受けると、ICL手術と同様にコンタクトレンズやメガネを着ける必要がなくなります。

コンタクトレンズによる眼の違和感が軽減されるほか、メガネを着けないことで顔の印象が変わるなどのメリットがあるでしょう。

しかし、強度近視や乱視の程度が強い人では十分な治療効果が期待できないことがあるほか、老眼の治療はできません。

また、手術時点でみられる屈折異常を矯正するものであるため、その後の近視の進行を食い止める効果はありません。

ICL手術とレーシック手術の大きな違いの一つは、角膜を削らず施術できるICL手術のほうが、不正乱視が起こりにくくなっている点です。また、レーシックが不適応と診断された人でも手術を受けられる場合があることも魅力の一つと言えるでしょう。

そしてICL手術には、術後の見え方に違和感があったり問題が生じたりした場合に、ICLを取り出すという選択肢があります。この点がレーシック手術とは大きく異なるポイントです。

また、ICL手術の費用相場については、両眼で45.1万円~66万円(税込み)です。自由診療のため、病院やレンズの種類によっても費用に差があります。また、度数が強いものや乱視矯正も行う場合は費用が高くなります。

手術前の適応検査や、手術後のアフターケアが費用に含まれていない場合もあるため、費用の内訳についても事前に詳しく確認しておくことをおすすめします。

ICL手術のメリット

ICL手術にはいくつかのメリットがあります。
例えば、ICL手術ではレーシックに代表される従来の手術よりも角膜を切る範囲が小さく、角膜を削る必要がないため、以下のような人にも適応が可能です。

  • 強度近視がある人
  • 角膜の形状に問題がある人
  • 角膜の厚みが足りない人
  • 円錐角膜の人
  • ドライアイ症状が強い人

上記のような症状を持つ人は、以前はレーシック手術の適応外となっていました。しかし、ICL手術であれば、レーシックによる屈折矯正ができなかった人も手術を受けることが可能な場合があります。

また、眼内にレンズを挿入するため、コンタクトレンズのように毎日のお手入れをしたり、定期的なメガネの度数調整をしたりというわずらわしさから解放されます。仕事や家事・育児などで毎朝忙しくしている人にとっては、時間の短縮やストレスの軽減につながるでしょう。

ICL手術のデメリット

ICL手術は保険適用外の手術となるため、全額自己負担となります。また、ICLのレンズそのものが高額なため、レーシック手術を受けるよりも高額になります。さらに、ICL手術はSTAAR社によるICL認定医のみにしか行えない手術であるため、眼科であればどこでも手術を受けられるというわけではありません。

手術までの待機時間が長くなる傾向にあるのもICL手術のデメリットです。

レンズはその人の度数に合わせて作成するため、国内にレンズの在庫があれば1週間程度、海外に発注する場合は2~3ヶ月程度かかることもあります。

そのためICL手術を希望する人は、早めに検査を受けることが大切です。先進会はSTAAR社とグローバルパートナーシップを締結し多くのICLレンズをあらかじめ先進会眼科のそれぞれの拠点に在庫をしています。

それにより患者様になるべくお待たせすることない手術スケジュールを組むことが可能です。

ICL手術の副作用

副作用のイメージ

すべての手術には、手術後のリスクや副作用が伴います。ICL手術では「暗い場所で光が見えにくい可能性」や「感染症にかかりやすくなる」などの症状がみられることがわかっています。それぞれを解説します。

暗い場所で光が見えにくい可能性がある

ICL手術後は、軽度ですが「ハロー・グレア」が見えることがあります。ハロー・グレアとは、暗いところで光がにじんで見えたり、光の周囲がぼんやりして見えたり、周囲に光が入ってまぶしく見えたりする現象のことです。

特に、夜間暗い場所では、車のヘッドライトや街灯が光の輪になって見えると感じる人もいます。

多くの場合、術後1ヶ月程度でほとんど気にならなくなるでしょう。しばらく経ってもハロー・グレアが残る場合は医師に相談しましょう。

感染症にかかりやすくなる

ICL手術では水晶体と虹彩の間にレンズを挿入し固定するため、その過程でメスによる3mmほどの入口を作ります。この傷口から細菌が侵入してしまうと、感染症を起こす可能性があります。

特に術後2週間はまだ傷口が完全に塞がっていないため、手洗い前の手で眼をこすったり触ったりすることや、不特定多数の人が出入りするプールや温泉などの公共施設の使用は控えましょう。

先進会眼科では開院以来20年間、手術による感染症はありません。

また、農作業や粉塵が飛び散るような作業現場に立ち入る際は、ゴーグルを着けるといった工夫も必要です。そのほか、医師の指示に従い、目薬の差し忘れがないようにしましょう。

ICL手術の副作用に関するよくある質問

ICL手術を検討している方の中には、老眼や失明、白内障などの副作用が気になるという人もいるでしょう。

大変稀ではあるものの、手術に一般的にみられる合併症や副作用として、ICL手術にも下記を伴う可能性があります。

結膜炎、急性角膜浮腫、持続性角膜浮腫、眼内炎、ハロー・グレア現象、前房出血、前房蓄膿、眼感染症、レンズ偏位、黄斑浮腫、瞳孔異常、瞳孔ブロック緑内障、重篤な眼炎症、虹彩炎、硝子体脱出、角膜移植。

また、稀ですが、炎症や角膜内皮減少、高眼圧、白内障などの合併症が起こった場合は追加の手術処置が必要になることがあります。

ここではICL手術の副作用に関するよくある3つの質問をメインにそれぞれ解説します。

老眼になりやすくなる?

ICL手術を受けると老眼になりやすくなるのではないかと気にする人もいますが、答えはノーです。

老眼そのものは、加齢とともに起こる生理的な現象であるため、ICL手術をしたからと言って老眼になりやすくなることはありません。

視力矯正手術と老眼は別のしくみです。老眼についてのお悩みをお持ちでしたら別途医師にご相談ください。

失明する可能性はある?

眼の手術である以上、全ての治療において絶対ということはありません。

また、ICL手術で失明の報告はありませんしICL手術で失明することはほとんどないといえます。しかし、手術として眼にメスを入れる以上、失明のリスクはゼロとは言い切れないのが現状です。

ICL手術を受ける際には、医師から失明のリスクについてしっかりと説明を受け、納得した上で受けましょう。

白内障になる可能性はある?

人の身体にとって異物であるレンズを眼の中を入れる以上、白内障や緑内障、角膜内皮障害などのリスクはあります。

ICL手術ではこれらの合併症のリスクは少ないとされていますが、それでもゼロではありません。白内障のリスクについても、事前に説明を受け納得した上で施術を受けましょう。

ICL手術の注意点

ICL手術後は、いつ頃から日常生活に支障なく完全復帰できるのかや、その後の通院の必要など、気になるポイントは多いことでしょう。それぞれを解説します。

日常生活の完全復帰までに約1ヶ月かかる

手術後、視力や見え方の面で日常生活に完全に支障がなくなるまでに、約1ヶ月かかります。

前述のように、ICL手術後はハロー・グレアによって夜間や暗所での見え方に違いがみられるほか、眼内にレンズが入ったことで違和感が起こるケースもあるので、慣れる期間が必要となるためです。

また、術後からしばらくは感染症の予防や炎症を抑える目的で点眼する必要があります。

術後しばらくはデリケートな期間が続くため、医師の許可がでるまで激しい運動やプール、銭湯などの利用は避けるようにしましょう。

定期的な通院が必要になる

手術を受けたあとも、眼の経過観察のために定期的な通院が必要です。手術直後は翌日、1週間後、1ヶ月後など頻繁に通院して眼の状態を確認します。

状態が安定しても定期的に通院して、眼の状態を確認することも大切です。また、手術を受けた眼に違和感や痛みなどの症状があれば、ためらわず受診しましょう。

まとめ

近視や乱視、遠視を眼の中にレンズを入れることで矯正するICL手術は、角膜を切る範囲が3mmと小さいため、近視が強い人やレーシックを受けられない人も手術を受けることができる可能性があります。

ICL手術を受ける際にはメリットとデメリットを理解し、手術で起こる副作用や術後の注意点について事前にしっかりと説明を受け、納得して手術に臨むことが大切です。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長