お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

白内障で視力回復できる?白内障の手術内容や眼内レンズについて解説

シェアする:
白内障の解説

白内障の主な治療は手術です。

今回は白内障の治療を検討中の方に向けて、そもそも白内障とはどんな病気か、白内障の手術内容と使用されるレンズ、白内障の手術で視力が回復できるかどうかと回復にかかる時間を解説するとともに、白内障の治療に関するよくある質問に回答しました。

手術を受けるかどうか迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

白内障とは

白内障とは、眼の中にある水晶体が白く濁る病気です。水晶体とは、眼の中でレンズの役割をする部位です。視界のピントを合わせたり、網膜に画像を映す働きをします。その水晶体が白く濁ることで、視界が白くかすんだり、物がぼやけたり二重に見えたりします。

白内障の原因として、最も多いのは加齢です。高齢者ほど発症しやすい病気で、60代以上の6〜8割が白内障の初期水晶体混濁である※と言われています。そのほか、アトピー性皮膚炎や糖尿病など全身性の病気によるもの、ぶどう膜炎や網膜剥離などの眼の病気に併発するもの、母親の体内で風疹に感染するなど先天的なもの、目の外傷や薬の副作用によるものなどがあります。

※白内障手術をめぐる現在の環境 – 日本眼科医会

初期は自覚症状がなく気がつかないことも多いため、早期発見が大切です。

白内障の手術内容

白内障を治すには、白く濁った水晶体を取り除き、人工の眼内レンズに入れ替える手術を行います。

最初に点眼麻酔を行った後、水晶体に小さな穴をあけます。水晶体を包む薄い袋(嚢:のう)は残したまま、穴から超音波水晶体乳化吸引器を使用して、白く濁った水晶体を砕いて中身だけを吸い出します(超音波水晶体乳化吸引術)。きれいに吸引した後、空っぽになった袋のなかに、事前に決めておいた眼内レンズを入れます。手術自体は15分〜30分程度で終わります。

白内障手術の視力回復効果はレンズによって異なる

白内障手術の視力回復効果は、使用するレンズによって異なります。

白内障治療で使用する人工レンズは主に、焦点が1つである単焦点眼内レンズと、2点以上焦点を合わせられる多焦点眼内レンズの2種類です。多焦点眼内レンズは、主に遠くと近くといった2点以上に焦点を合わせることができる老眼対策のレンズです。

このほか、着色レンズ(青色光を抑制する)、非球面レンズ、乱視矯正レンズなどがあります。着色や非球面のレンズは像のコントラストが良くなり、暗い場所では球面レンズの見え方は良くなります。乱視矯正レンズは、主に角膜正乱視を矯正し裸眼視力を上げるために使用します。

レンズは患者さんの年齢や眼の状態、見え方の希望などに応じて使い分けられており、最新しいのレンズが全ての患者さんに良いというわけではありません。担当医とよく相談してレンズを選択することが重要です。

単焦点眼内レンズ

単焦点レンズは、近くか遠く、どちらか一方に焦点を合わせたレンズです。近くとはおおよそ30cm~40cm、遠くとはおおよそ3m~5mの距離をいいます。

単焦点眼内レンズのメリット

焦点は近くか遠くかのどちらか一方にしか合いませんが、焦点が合う場所はとても明確に見えます。近くに焦点を合わせた場合は、スマホや読書、デスクワークが快適に行えるようになります。遠くに焦点を合わせた場合は看板や信号などにピントが合うので、運転がしやすくなります。

単焦点眼内レンズのデメリット

近くか遠くの一箇所以外は焦点が合わないため、術後も眼鏡またはコンタクトが必要になります。

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズは、2箇所以上に焦点を合わせることができるレンズです。2焦点眼内レンズ近くと遠く、または遠くと中間距離など2箇所に焦点が合うように作られています。3焦点眼内レンズは近くと遠く、そして中間距離すべてに焦点が合います。現在では5つの距離まで焦点を合わせることができる5焦点眼内レンズも使用されており、高機能なものが日進月歩で開発されています。

多焦点眼内レンズのメリット

単焦点眼内レンズと違い、近くと遠く、または中間距離の複数に焦点が合うため、術後は約8割以上の方が眼鏡やコンタクトを使わずに生活できます。

パソコンやスマホ・書類といった手元を見る作業をはじめ、スポーツや運転など、生活上必要とされるさまざまなシーンに適応できる視力になります。

2焦点眼内レンズから、さらにもう1点焦点を合わせられるのが3焦点眼内レンズです。近くと遠くの間となる中間距離(50cm~80cm)は、家事や買い物の際など、意外と出番が多い距離です。3焦点眼内レンズは、近くと遠くに加え中間距離50cm~80cmにも焦点を合わせることができるので、日常に必要な視界を広く補うことが出来ます。

多焦点眼内レンズのデメリット

光を距離別に振り分けるところから、焦点が合った場所の見え方は単焦点レンズに劣ります。

また多焦点眼内レンズを挿入した後、夜間にライトを見ると光の輪が見えたり、まぶしく見えるハロー・グレア現象を感じることがあります。

白内障によって視力に症状が現れていない場合は、全体のコントラストが逆に下がってしまい見えにくくなることがあります。

白内障手術後の視力回復にかかる期間

白内障手術後の視力回復にかかる期間は、およそ1ヶ月程度です。

手術後すぐにもの効果は期待できますが、術後は瞳孔が広がった状態であり違和感がある方も多くおられます。自分の眼と人工眼内レンズの焦点の合わせ方の違いに慣れるのに時間がかかる方も時々います。それらも含め、視力は術後1か月で安定します。1ヶ月を過ぎた段階で必要があれば、眼鏡やコンタクトを作成します。

白内障の治療に関するよくある質問

白内障の治療に関するよくある質問とその答えを簡単にまとめました。

白内障は目薬で治せる?

白内障は残念ながら目薬では治りません。濁った水晶体が透明に戻ることはありません。

白内障の治療は一般的に、薬物治療と手術治療に分けられます。仕事や生活に支障が出ていない場合は薬物治療を行います。

薬物治療としては、症状の進行を遅くするお薬を点眼します。薬物治療は水晶体を透明に戻す効果はなく、あくまでも濁りの進行を遅らせる程度の効果しか期待できません。早めに薬剤で進行を抑えることが出来れば、手術を遅らせることができます。

仕事や生活に支障がある場合、屋外では眩しくてほとんど見えない場合、そして視力が0.7以下となり運転免許の更新ができない場合などは手術を検討しましょう。

白内障の手術にはどのようなリスクがある?

最も重篤な合併症として知られるのは、細菌感染による術後眼内炎です。2000〜5000人に1人と非常にまれ※ですが、適切な処置がなければ失明することもあり得ます。手術の直後は問題なかったのに数日後急に激しい痛みや強い充血とともに物が見にくくなった場合は、すぐ手術を受けた眼科を受診してください。

※日本眼科医会-白内障手術を受ける方へ 知っておきたい白内障術後のケア

嚢胞様黄斑浮腫は、手術の後に起こる一時的な網膜の浮腫(むくみ:腫れ)です。浮腫が続く場合はステロイドの薬液を目に注射します。

水晶体嚢が弱く眼内レンズがうまく固定できない、また経年変化などの理由で眼内レンズの位置がずれたり(偏位)、正しい位置から外れてしまうことがあります(脱臼)。見え方が突然おかしくなった場合は眼科を受診しましょう。

数年してから出てくる合併症に、後発白内障があります。水晶体嚢の後ろ(後嚢)が濁り、視力が低下します。YAGレーザーを用いて濁りを取り除く処置を行うと、視力はすぐに回復します。

白内障の手術に年齢制限はある?

白内障手術に年齢制限はありません。年齢は関係なく、白内障と診断されたら手術の適応になります。

まとめ

以上、白内障とはどんな病気か、白内障の手術療法や使用するレンズなどについて説明しました。初期は自覚症状が出にくく気付きにくい病気なため、定期的に検査を受けて早期発見することが重要です。また、少しでも「白内障かな?」と疑う症状があれば、すぐに眼科を受診しましょう。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長