多焦点眼内レンズ、レーザー白内障、ICL、レーシック、円錐角膜、オルソケラトロジー
平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
新型コロナ対応施策
背景色
先進会眼科コラム

寝起きで目が痛い場合に考えられる疾患は?対処法や注意点を説明

寝起きで目が痛い場合に考えられる疾患は?対処法や注意点を説明

「最近、朝起きたら何だか目が痛い」という症状はないでしょうか?

寝起きで目が痛い場合の原因としては、寝ている間に目が乾いたなどの単純な理由から、なんらかの目の病気が隠れている場合など、いろいろなことが考えられます。

今回は寝起きの目の痛みに焦点を当てて、寝起きで目が痛い場合に考えられる病気、また寝起きで目が痛い場合の対処法や注意点などについてまとめました。

寝起きで目が痛い場合に考えられる疾患

寝起きで目が痛い場合に考えられる疾患

そもそも「目が痛い」と一口で言っても、「ゴロゴロする異物感」などを含めた目の表面の痛みと、「眼球の奥が痛む」といった目の深いところの痛みに分けられます。

表面の痛みは、ドライアイや逆さまつげなどによるものが多いです。目の表面の痛みを起こす病気としては、結膜炎や角膜異物・角膜びらんなど、結膜や角膜の病気によるもの、またまぶたの炎症によるもの(眼瞼炎、ものもらい(麦粒腫)など)が考えられます。

目の深いところの痛みは、眼精疲労などのことが多いです。目の病気としては、ぶどう膜炎や視神経の炎症、急性緑内障発作など、重篤な病気の可能性があります。痛みがひどい、吐き気や視力低下がある場合はすぐに眼科を受診しましょう。その他副鼻腔炎などでも目の深いところの痛みが生じることがあります。

ここでは、寝起きで目が痛い場合に考えられる3つの主な病気について説明します。

再発性角膜びらん

再発性角膜びらんは、角膜にできた傷(角膜上皮の欠損・びらん)が一旦治った後、その部分の角膜上皮が何度も繰り返してはがれることをいいます。一度角膜がはがれると、角膜と実質の接着が弱くなるためです。朝起きる時は目が乾燥していることが多く、さらに角膜がはがれやすくなるのです。

再発性角膜びらんによる寝起きの目の痛みは、非常に強い痛みです。同時に強い異物感や充血、流涙、まぶしさなどを伴うことがあります。

治療は、はがれて浮いてしまった角膜上皮をくっつける目的で、眼軟膏や目薬を用います。症状がひどい場合は、角膜上皮を抑えて空気に触れないようにするために、ソフトコンタクトレンズを装着することがあります。

ドライアイ

ドライアイとは、涙の量が減ったり、涙の質が低下することによって、眼の表面を潤す力が低下した状態をいいます。涙は眼の乾燥を防ぐ働きや眼に入ったゴミを洗い流す働きのほか、殺菌作用も持っています。ドライアイになると、初期は目がしょぼしょぼしたり異物感を感じる程度ですが、重症化すると角膜や結膜の損傷などを発症する場合があります。

高齢化・エアコンの使用・パソコンやスマートフォンの普及・コンタクトレンズ装用者の増加に伴い、ドライアイ患者は増加傾向にあります。日本国内で約800~2,200万人ともいわれています。疲れ目を訴えて眼科を訪れる人の6割には、ドライアイが関係しているという調査結果もあります。

ドライアイの基本的な治療は、点眼薬となります。涙の成分と同じ点眼薬や、涙を出やすくするような点眼薬があります。症状がひどい場合には、少ない涙を効率よく目の中にためておくために涙点を塞ぐ涙点プラグの適応となります。

ドライアイとは|診断基準や原因、症状、治療と対策方法を徹底解説

流行性角結膜炎

流行性角結膜炎は、アデノウィルスによる結膜炎です。いわゆる「はやり目」と呼ばれている病気であり、非常に感染力が高いのが特徴です。腸管出血性大腸菌やコレラと並び、学校保健法第三種に指定される学校感染症の一つです。完全に治るまで、学校や会社への出席・出勤は停止となります。

突然症状が出る病気なので、寝起きでいきなり目が痛くなることも珍しくありません。白目(結膜)が真っ赤に充血し、大量の目やにがみられます。ひどい場合はまぶたや耳の周りのリンパ節も腫れて痛むことがあります。症状が強い場合は黒目(角膜)に傷がつく角膜混濁や、まぶたの裏に炎症性の偽膜を起こすことがあります。角膜混濁を起こすと、異物感やまぶしさが強くなります。

ウィルス感染なので、特に治療法はありません。しっかりと栄養と休息を取ることが大切です。他の感染症を防ぐための抗菌剤の点眼や、炎症がひどい場合にステロイド点眼薬を用いることがあります。

流行性角結膜炎(EKC)とは?症状と対処について

寝起きで目が痛いときの対処法

寝起きで目が痛いときの対処法

寝起きで目が痛い時の対処法について簡単に説明します。病気以外で目が痛いのは、目にゴミなどの異物が入った場合、またドライアイや疲れ目などによる場合がほとんどです。

毎日寝起きに目が痛い場合は目の病気が隠れている可能性がありますので、眼科を受診してみると良いでしょう。

異物が入っている場合は取り除く

ゴミなどの異物が入っている場合は、すぐに取り除きましょう。目を洗うのが早いです。目を洗うときには、人工涙液を用いましょう。水道水は塩素が入っているので、敏感な目の洗浄には不向きです。

市販の目薬を点眼する

寝起きは目が乾いているので、元々ドライアイの方は痛みが出るほど乾いてしまうことがよくあります。このような場合は、市販のドライアイ向けの目薬を点眼するのも良い方法です。朝一番に使用する目薬は、防腐剤の入っていない人工涙液を用いるのが良いでしょう。

そのほか、ドライアイ向けの対策としては、就寝中の部屋の湿度を保つこともおすすめです。部屋が乾くとどうしても目も乾きやすくなりますので、適度な湿度を保つようにしましょう。また、エアコンの風が直接顔に当たらないようにするのも一案です。

眼科を受診する

「目が痛い」というのは、眼科を受診する理由の中でも多いもののうちの一つです。中には、緊急で治療が必要な病気もありますので、目の痛さがひどい、目が痛い以外にものが見えにくい・激しい頭痛・吐き気など他の症状がある場合には、念のため眼科を受診すると良いでしょう。

緊急で治療が必要な病気としては、急性原発閉塞隅角緑内障(急性原発閉塞隅角症)、化学腐蝕、角膜潰瘍、穿孔性眼外傷、眼内炎、眼窩蜂巣炎などの眼科疾患や、内頚・後交通(IC-PC)動脈瘤、内頚動脈(ICA)解離などの脳血管疾患があります。

寝起きで目が痛い場合の注意点

寝起きで目が痛い場合の注意点

寝起きで目が痛い場合の注意点をまとめました。寝起きに限らず、目が痛い場合に大切なのは、目に余分な刺激を加えないことです。

具体的には、「目をこすらないこと」「コンタクトレンズを装用しないこと」をおすすめします。

目をこすらない

寝起きで目が痛くても、決して目をこすってはいけません。ゴミや異物が入っていた場合、目をこすると角膜の表面に傷がつき、余計に目が痛くなります。

コンタクトレンズを装着しない

目が痛いうちは、コンタクトレンズを装着しないようにしましょう。ゴミや異物が目の痛みの原因だった場合、コンタクトレンズと目の間に異物が挟まり、角膜に傷がつくことがあります。

また、ドライアイが原因の場合も、角膜に傷がつきやすい状態となっていますので、コンタクトレンズ挿入の刺激で角膜に傷がつく可能性があります。

まとめ

以上、寝起きで目が痛い場合に考えられる原因や対処法などについて簡単にまとめました。

それほど強い痛みではなくても、症状が続くときには重大な目の病気が隠れている可能性があります。安易に自己判断せずに、眼科専門医の診察を受けましょう。

先進会眼科では、新しい検査機器と経験のあるスタッフにより、あらゆる目の病気に対応しています。まずはお気軽に、気になっている点をご相談ください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
シェアする:
岡 義隆
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長

ICL・レーシック適応検査予約最短日
ICL・レーシック適応検査予約最短日
東京
9/29
大阪
10/7
福岡
9/29
適応検査を申し込む