お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

黄斑上膜とは?手術の必要性や原因、症状を解説

シェアする:
黄斑上膜イメージ

「黄斑上膜(おうはんじょうまく)」は、網膜の中心にある黄斑部に膜ができる病気です。黄斑部には物を見るために重要な視細胞が集中しているため、症状が進行すると日常生活に悪影響を及ぼします。

加齢により発症が増加しますので、特に40歳以降の人は早期発見、早期治療開始の観点で初期症状を見逃さないよう日頃から注意が必要です。

黄斑上膜とは

網膜の中央部には「黄斑部(黄斑)」という部位があり、物を見るための視細胞が集中しています。この黄斑部の手前にセロファンのような薄い膜が張り、視力が低下する病気が「黄斑上膜」です。黄斑前膜やセロファン黄斑症、黄斑パッカーとも呼ばれます。網膜の病気の中では発症率が高く、40歳以上では約5%※1に発症すると言われています。また、高齢者や近視が強い人、女性が特に発症しやすい傾向にあります。

黄斑上膜は、出血や委縮が起こることは稀で進行が遅いため、基本的に失明に至ることはありません。しかし、片眼にだけ発症した場合は気づきにくいことが多く、次第に見え方が悪化して生活に支障をきたします。また、国内の失明原因第1 位※2である緑内障に合併することもありますので、なるべく早期に検査をすることが望まれます。

※1日本眼科医会 40 歳を過ぎたなら知っておきたい黄斑前膜―診断と治療―
※2 Alcon 緑内障は失明原因第一位

黄斑上膜が起こる原因

黄斑上膜は、原因によって「突発性」と「続発性」に分けられます。多くの場合は突発性で、年齢が高くなるほど起こりやすくなります。その理由は、眼球自体の老化が大きく関係しています。正常な眼球でも、40代を過ぎたころから次第に硝子体に生理的な変性が起こり、次第に網膜から離れていきます。

このとき、黄斑のすぐ手前にある「硝子体ポケット」と呼ばれる空洞の一部が残って、膜を形成することで黄斑上膜が発生します。

また、若い人でも他の眼病や事故などで、網膜にダメージを受けた場合に続発性の黄斑上膜が起こることがあります。それぞれの原因を以下の項で詳しく解説します。

加齢によるもの

「突発性の黄斑上膜」は、加齢による後部硝子体の剥離が原因です。硝子体は無色透明のゼリー状物質で、若い頃は網膜の中心部にある黄斑にぴったりとフィットしています。しかし、加齢が進むと次第に液化し、網膜から剥離していきます。

このとき、剥がれきれずに残った硝子体を核として、セロファンのような薄膜が形成されることがあり、これが黄斑上膜となります。なお、膜の約9割は剥離後に形成されますが、1割は剥離が起きていないうちに形成されます。

突発性の黄斑上膜は、加齢により自然発生するため予防ができません。また、糸くずのようなものが視界に飛び交う「飛蚊症」を併発する場合があります。

炎症や手術によるもの

眼の疾患や外傷など、網膜の炎症によって引き起こされるのが、「続発性の黄斑上膜」です。原因となる病気は以下のものが代表的です。続発性の場合は、原因となった病気や網膜の状態によっても治療内容が変わってきます。これらの疾患を抱えている人は、目の異常に気づいたらすみやかに主治医に相談してください。

  • 糖尿病による網膜症
  • 網膜剥離や網膜裂孔の手術後
  • ぶどう膜炎など眼内の炎症
  • 網膜静脈閉塞症などの網膜虚血疾患
  • 眼球に外傷を受けた場合

黄斑上膜の症状

黄斑上膜は、初期のうちは症状に気づかない人が大半です。症状が進行して来ると、視野の中心部に見え方の変化が起こります。以下のような違和感がある人は、黄斑上膜の可能性があります。

  • 物がゆがんで見える
  • 実物より大きく見える
  • 視野がかすむ

特徴的な自覚症状としては、黄斑の上にできた膜が収縮することでシワができ、視界にゆがみが生じる「歪視」や、視細胞の上に膜が張るためかすんで見える「霞視」です。また、物が大きく見える「大視症」も、黄斑上膜の際によく起こる症状です。通常は左右どちらかの目に起こるため、見え方のチェックをする際には片目ずつ行うのがポイントです。

黄斑上膜の治療方法​​

黄斑上膜は眼球の奥にある網膜で発生するため、目薬での治療はできません。そのため治療は手術が基本の手段となります。ただし、発症したら直ちに手術というわけではなく、視力に大きな影響がない場合は、定期的に検査をしながら経過観察をすることもあります。

症状が進行して自覚症状が強くなった場合は、後部硝子体を切除して前膜と内境界膜を剥がす「硝子体手術」を行います。

特に視界にゆがみが生じている場合や、急激に視力が下がっている場合は、早めの手術が必要です。網膜に変形が起こったり、穴が開いてしまってからでは、手術後に視力が回復しにくいことがあります。

黄斑上膜の手術

黄斑上膜をはじめとした網膜の手術は、「25ゲージ硝子体手術」という術式が主に用いられています。眼球専用のごく細い器具やレーザーを使用するため、縫合の必要はありません。

  1. 精密検査……視力、眼圧など通常検査の他、眼底検査やアムスラーチャート(ゆがみ判定)、OCT(光干渉断層計)など
  2. 局所麻酔を行います。
  3. 白目に0.5ミリほどの穴を3か所開け、それぞれ灌流液、手術器具、照明を挿入します。
  4. 硝子体を切除し、網膜上の膜をピンセットで丁寧にはがします。
  5. 多くの場合、黄斑上膜の裏にある内境界膜も取り除きます。
  6. 周辺部に裂孔などがあれば、レーザーで光凝固します。

なお、網膜剥離や黄斑円孔などを同時に処置した場合は、眼球にガスを注入して手術を終えます。また、白内障手術も同時に行うことがあります。

黄斑上膜の手術時間・入院期間

手術の所要時間は、症状により異なります。単純な膜の剥離のみであれば30分~1時間弱で終了しますが、他の症状を併発していたり、症状が重い場合は2時間以上かかることもあります。

同様に、入院の有無や期間も個人の症状によって異なるため、術前に主治医と相談の上でスケジュール調整を行います。

黄斑上膜だけの手術であれば、昨今では日帰り手術を行う医療機関が増えています。術後は眼帯を装着するため車の運転は控える必要がありますが、公共交通機関を利用してのご帰宅は可能です。

黄斑上膜手術の成功率

網膜の疾患に採用されている硝子体手術は、長い歴史と多くの臨床例があります。そのため、ほとんどの患者においては良好な結果が期待できます。ただし、ごく稀に術前よりも視力が低下するケースがあります。

例えば、黄斑上膜が発症してから長い時間が経過していたり、強度近視の場合は視力の回復に時間がかかったり、改善のレベルが低いことがあります。また、ごく稀に眼内炎や駆逐性出血、増殖硝子体網膜症などの重篤な合併症を起こした場合は、術前よりも視力が低下したり、失明に至る可能性もゼロではありません。

黄斑上膜手術におけるリスク

どんな手術にもリスクはあります。術前に医師の説明をしっかりと聞き、理解してから手術に臨んでください。

  • 手術後に合併症を起こすことがある
  • 手術後に症状が再発することがある
  • 手術後に網膜剥離を起こすことがある
  • ゆがみの軽減は視力改善よりも長い時間を要することがある
  • ガス注入をした場合、一定期間うつむきで過ごす必要がある
  • 症状や経過によっては再手術、通院の必要がある

なお、症状の再発に関しては、近年の術式では稀な例となっています。これらのリスクをできる限り抑えるためにも、手術後に違和感があった場合は、すぐに担当医の診察を受けるようにしましょう。

白内障手術との同時手術

白内障とは、加齢により水晶体が白く濁って視力が低下する病気です。40代から増加し始め、80代では詳細に検査すると大部分の人に発症しています。

白内障が進行すると、ゆがみや視力低下など黄斑上膜の症状を確認することが難しくなります。また、50歳以上の方に硝子体手術を行った場合、白内障の進行が速くなります。

そのため、一定以上の年代の患者であれば、黄斑上膜と同時に白内障の手術を行うケースが一般的です。もし同時手術を希望しないのであれば、それらのデメリットもしっかりと理解しておく必要があります。

黄斑上膜の手術費用

一般的な硝子体手術は保険適応となるため、負担割合によって支払額が異なります。以下は目安となる費用です。手術を受ける際に医療機関で実際の支払額を確認してください。

■硝子体手術費用の目安(日帰り手術の場合)

1割負担 2割負担 3割負担
片目/自己負担金 35,000~60,000円 70,000~120,000円 100,000~180,000円

なお、自己負担限度額を超えた医療費に関しては、超過分が払い戻される「高額療養費制度」の対象となります。

手術費用の支払額に加え、同じ疾患に関わる他院の医療費や調剤薬局の支払額1ヶ月分の合計が対象になります。区役所または市町村役場に申請の際、領収書が必要となりますので保管しておきましょう。

まとめ

加齢が進んで発症することが多い黄斑上膜。ちょうど老眼が始まる時期と重なるため、初期症状をあまり気にせず見過ごしてしまう人も少なくありません。

しかし放置していると重症化し、視力の回復が困難になることもあります。年齢が上がるにつれ他の眼病も発症しやすくなるため、年に一度の眼科検診を受け、違和感に気づいたらすみやかに検査・診察を受けることをおすすめします。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長