お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

眼鏡から解放されるレーシック手術とは?メリットやデメリット・費用を比較

シェアする:
レーシックイメージ class=

「レーシック手術を受けたことで、眼鏡やコンタクトレンズから解放された」と見聞きしたことはありませんか?

特に眼鏡は定期的に交換の必要があったり、装着時に耳や目頭の圧迫感や痛みがあったりすることや、見た目の問題からもつけたくないと感じている人もいるのではないでしょうか。

今回は眼鏡とレーシック手術を比較し、それぞれのメリットやデメリット、レーシック後の眼鏡に関する質問などを解説します。

レーシック手術とは

レーシック手術とは、角膜をレーザーで薄く削って角膜のカーブを変えることで、近視や遠視、乱視などの屈折異常を矯正する手術です。日本では屈折矯正手術としてよく知られる眼科手術の1つです。わが国におけるレーシック手術は国民健康保険の適用ではなく、自由診療となっています。

レーシック手術の手術時間は両眼合わせて約10~20分程度で、手術中、手術後の痛みも少ないのが特徴です。入院は必要とせず日帰りでできるため、ほかの手術と比べて仕事や学業、家事などの都合をつけやすいでしょう。日頃から眼鏡やコンタクトレンズのわずらわしさや異物感、眼の乾燥などの悩まされている人にはメリットのある手術です。

一方で、角膜を削るため、角膜が極端に薄い人やカーブに異常がある人などはレーシック手術を受けることができません。また、年齢制限もあり、18歳未満は屈折の発達途中であることがあるためレーシックでの屈折矯正はできません。メリットとデメリットや注意点を理解した上で、レーシック手術を検討しましょう。

レーシック手術と眼鏡のメリット比較

レーシック手術と眼鏡それぞれにメリットがあり、今後どのような生活を送りたいかでも選択は変わってきます。まずはレーシック手術と眼鏡のメリットを比較してみましょう。それぞれのメリットを詳しく解説します。

レーシック手術のメリット

レーシック手術のメリットとして一番に挙げられるのは、近視や遠視、乱視に悩む人が裸眼で過ごせるようになる点です。毎日眼鏡やコンタクトレンズを使用する手間やお手入れがなくなるため、朝忙しい人や顔の印象を変えたいという人に向いています。

また、手術後すぐに視力が回復するのもメリットです。手術は日帰りで行うことができ、翌日には多くの人が視力回復を期待できるため、手術後の日常生活に支障が出にくくなっています。自費診療にはなりますが、視力矯正手術のなかでは手術費用が抑えられているのもレーシックの特徴です。

眼鏡のメリット

眼鏡のメリットは、眼の状態にかかわらず使用できることや、長時間装着できる点です。また、毎日のケアや手入れの必要はなく、レンズの汚れが気になったときに汚れをふき取るだけで、本人の視力が変化するまでの期間使用できます。

また、眼鏡であれば斜視の矯正にも使用することができます。レーシックでは斜視の治療はできないため、使用する人を選ばず誰でも扱えるのも眼鏡のメリットと言えるでしょう。

レーシック手術と眼鏡のデメリット比較

次にレーシック手術と眼鏡のそれぞれのデメリットを比較します。レーシック手術を検討する際には、双方のデメリットにも注目して検討しましょう。

レーシック手術のデメリット

レーシック手術は、一度角膜を削るともとに戻すことができません。さらに、微調整や再手術する場合は削られる範囲に限界があります。また、手術後は新たな近視が出てきたりします。強度近視に近い人は近視が出やすいことが分かっています。これはレーシックをしても、していなくても同様に日々目の状態は変化するためです。

そして、術後にハロー・グレアが起こる可能性があります。ハロー・グレアとは、夜間を中心に光が見えにくくなる現象です。街頭や信号がぼやけて見えたり、まぶしく見えたりすることがあります。特に手術後はこの現象が起こりやすくなるため、術後すぐの夜間の車の運転は控えましょう。

上記以外であれば、術後の感染症により角膜が混濁する、一時的なドライアイになる、度数の変化によって視力が低下する、正確な眼圧測定ができなくなる、正確な白内障手術ができなくなる、といった可能性があります。

重篤な合併症としては、稀ではありますがケラトエクタジア(医原性の角膜不正乱視)などもあげられます。
また、手術は一般的で広く普及しており、そういった報告はありませんが、術後のケアを行わなければ感染症などの可能性も0ではありません。
先進会眼科では開院以来、感染症例は1例もありません。

眼鏡のデメリット

眼鏡のデメリットは、マスクや温度差のある場所では眼鏡が曇ってしまうことがある点です。また新しい眼鏡にしたばかりの頃は見え方に違和感があり、慣れるまでに時間がかかることがあります。

さらに、長時間かけていると耳や鼻の付け根が痛くなり、人によっては頭痛が起こる場合もあります。毎日眼鏡をかけている人は、これらをわずらわしく感じるかもしれません。

レーシック手術と眼鏡の費用比較

レーシック手術の費用相場は両眼20万円からで、オーダーメイドの手術になると両眼35万円以上が一般的です。一方で眼鏡の相場費用は、通常の眼鏡作成であれば2万円程度となっています。眼鏡の場合はフレームの種類やレンズの厚みによって値段に差があるため、カスタムすれば高額になる傾向にあります。

レーシック手術:両眼20万円~
眼鏡:約2万円程度

レーシック手術と眼鏡に関するよくある質問

レーシック手術を受けたあとは、眼鏡は必要ないと聞きますが、手術から何年も経つと見え方の変化から眼鏡が必要になるのではないかと気になる人もいるでしょう。ここでは、レーシック手術と眼鏡に関するよくある質問にお答えします。

レーシック手術を受けても視力低下で眼鏡生活に戻る?

レーシック手術を受けてすぐは、視力が安定しないためハロー・グレアなどの見え方に違和感がある場合があります。基本的には裸眼での生活が可能になる視力を目標としますので、手術を受けたあとは眼鏡は必要ありません。そのため、これまで使っていた度入りの眼鏡を使用することはなくなるでしょう。

ただし、近視の戻りや日常生活により視力が再び低下した場合は、再手術で新たに角膜を削るか、新しく度数を合わせた眼鏡を着用することになります。

レーシック手術後に保護用眼鏡は必要?

術後1週間は傷が塞がっておらず、抵抗力が下がっているため感染症にかかりやすくなっています。そのため、ゴミや衝撃から眼を守るために外出時には保護用眼鏡やサングラスの着用が望ましいでしょう。特にスポーツをする人や、粉塵が眼に入る可能性がある人は着用をおすすめします。

また就寝時は、無意識に目元を触ったり眼に圧力が加わったりする可能性があるため、保護用の眼帯や眼鏡をつけて寝るのがおすすめです。先進会眼科では手術後は保護用の眼鏡を使用いただきます。医師の指示に従って装用しましょう。

レーシック手術を受けると老眼鏡は不要?

レーシック手術は老眼の治療はできません。老眼は水晶体のピントの調節能力が加齢によって衰えた状態であるため、角膜の手術だけでは改善は期待できません。

レーシック手術を受けると老眼が早まるという噂もありますが、こうしたことに根拠はありません。レーシック手術の有無で老眼の発症時期は変わりません。老眼になる年代でレーシック手術を受けると、手術後に遠くのものがよく見えるようになり、近くのピント調節がしにくくなることがあります。近くのものをより快適に見るには、シーンに合わせて老眼鏡を使いましょう。

レーシック手術を受けたら運転免許の「眼鏡等」はどうなるの?

レーシック手術を受けたあとは免許証の更新が必要です。「眼鏡等」の条件が付いたままになっている場合で、視力が回復しているにも関わらず運転を続けると条件違反となります。

「眼鏡等」の条件を解除するためには、限定解除手続きが必要です。免許センターや一部の警察署などで手続きができるので、住まいの地域での取り扱いを確認して手続きを行いましょう。

手続き自体は簡単で、所定の窓口で必要事項を記入して、視力検査を受けるだけ。裏面に「眼鏡等条件解除」と印字され、次回以降は「眼鏡等」の表示がなくなります。レーシック手術を受けた人は忘れずに手続きを行いましょう。

まとめ

眼鏡から解放されるためにレーシック手術を検討している人はそれぞれのメリット・デメリット、費用などをよく確認することが大切です。

また、レーシックを受けたあとも眼を保護する目的で眼鏡をつけることや、術後のケアをしっかりとする必要があることを覚えておきましょう。さらに、レーシック手術後は免許更新が必要です。忘れずに手続きしましょう。

何よりも、レーシックで視力回復しても新たな近視にならないよう、近くの作業をするときには休憩を多く入れるように意識してください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長