お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
    平日10:00~19:00 /日祝10:00~18:00
english English 新型コロナ対応施策
背景色

レーシック後も白内障手術は受けられる!リスクや注意点を紹介

レーシック後も白内障手術は受けられる!リスクや注意点を紹介

レーシックの手術を検討していろいろ調べているうちに白内障の手術が難しくなるといった情報を目にしたことがあるかもしれません。実際のところは、きちんと検査をすれば適切な手術を受けることが可能なので心配する必要はありません。

ここではレーシック後の白内障手術について心配しすぎる必要がない理由について、詳しく解説します。レーシックと白内障について正しい知識を身につけましょう。

白内障とは

白内障とは眼の中の水晶体(カメラでいうレンズの部分)が加齢性の変化によって白濁し、場合によっては視力が低下する病気です。

60歳以上の高齢者の約8割、80歳以上の高齢者の約10割が白内障を罹患しているというデータもありますが、程度には個人差があり白内障の治療を行わないまま一生を終える場合もあります。白濁が視力に影響を及ぼすほどに進行した場合、手術によって治療できます。その方法は水晶体を人工のものに入れ替える手術です。

白内障は手術によって完治させることが可能な疾患ですので、レーシックを受けた後に白内障の手術を受けられるか受けられないかは非常に重要なポイントと言えます。

白内障とは│症状・治し方などの基礎知識

レーシックとは

レーシックは、主に近視を治療するための手術です。

近視の方はメガネやコンタクトレンズを使用しなければ遠くをクリアに見ることができませんが、レーシック手術で良い結果が得られるとそれらの道具を使用しなくても遠くがよく見えるようになります。朝起きた瞬間から寝る直前までメガネなどを使用しなくても良好な視界を手に入れることができる点が大きな魅力です。

レーシックとは|仕組みと費用について

以下では、手術の方法と安全性についてご説明します。

レーシックの手術内容

手術の方法は、角膜の厚みをレーザー照射によって調整し網膜にピントが合うようにする方法です。

  1. 点眼麻酔
  2. 角膜に切れ眼を入れてフラップといわれるふたを作る
  3. レーザーを照射し角膜の厚みを調整する
  4. フラップを元に戻す

手順は上記の通りです。手術時間は片眼10分ぐらいで終了し、麻酔により痛みにも配慮しています。

レーシックの安全性

レーシックは所要時間、痛みに配慮された手術です。

  • 出血を伴わない
  • 切開した部分は自然に吸着されてくっつくため縫合、抜糸はしない
  • 局所麻酔で痛みに配慮
  • 当日または翌日から良く見えるケースが多い
  • 合併症、感染症、後遺症の発生率が基本的に低い

これらのことから分かるように、レーシックは患者様の負担を考えた手術と言えます。

白内障の場合、レーシックは受けられない

白内障を既に発症している場合、手術を受けることはできません。

その理由は手術を受けたとしても視力の回復が見込まれないからです。白内障によって白濁が起こる水晶体は網膜への光の道を遮るため、角膜の厚みを変えても視力は得られません。

白内障の手術で水晶体を人工水晶体(IOL)に入れ替える際に、網膜にピントが合うIOLレンズを選択することで遠くの視力の回復が期待できます。他に眼の病気がなければ、レーシックを受けなくても視力の回復が見込めます。

レーシックを受けた後でも白内障の手術は受けられる

レーシックを受けた後でも白内障の手術を受けることが可能です。

レーシックで手術する場所:角膜
白内障で手術する場所:水晶体

このように、手術する場所が違います。レーシックから数十年経過して白内障を発症してしまっても、精密な眼の検査後、白内障の手術を受けることができます。レーシックを受けている方とそうでない方の違いは、角膜の厚みが通常より薄くなっていることです。選択が可能であればレーシックを受けた眼科で白内障の手術を受けることをおすすめしますが絶対条件ではありません。

先進会眼科では他の眼科でレーシックを受けた後の患者様のご相談もお受けしておりますのでお気軽にお問い合わせください。

レーシックと白内障手術の違い

レーシックと白内障の手術の違いは手術する場所以外にも多くあります。

レーシック手術

  • 方法:角膜を削る
  • 目的:角膜の厚みを調整して網膜にピントが合うようにする

白内障手術

  • 方法:水晶体を人工のものに置き換える
  • 目的:水晶体の透明性を回復させ、網膜に光が届くようにすると同時にピントの合う人工レンズを挿入する

白内障で取り除く水晶体にはピント調節機能があります。そのため、レーシックをした場合でもピント調節機能は失われず、遠くと近くの視力回復が期待できます。しかし白内障で水晶体を取り除くと、ピント調節の機能が失われて近くにピントが合わない老眼になってしまいます。それを防ぐために多焦点眼内レンズを選択することも可能です。

レーシックのリスク

レーシックは患者様の負担を考えた手術ですが、眼に切れ目を入れて角膜を削るため、また手術である以上失明のリスクもゼロではありません。

  • 角膜を削ることのリスク
  • 術後の合併症のリスク
  • 術後の感染症のリスク
  • 術後に視力が低下するリスク

それぞれについて解説します。

角膜を削って手術を行う

眼の最表面の透明な組織である角膜には、光を屈折させる機能や眼を守るバリア機能など重要な役割があります。

その角膜に切れ目を入れ厚みをレーザーで照射し削ることは、角膜を手術前の状態に戻せないことから、リスクを伴うといってよいでしょう。しかし、レーシックでは危険なほど角膜を削って薄くしすぎることがないように細心の注意を払っています。削っても大丈夫な加減は「屈折矯正ガイドライン」に基づいて決められており、先進会眼科ではそれを遵守しています。

「屈折矯正ガイドライン」についてさらに詳しく知りたい方は以下のページをご覧ください。(「先進会眼科では「屈折矯正ガイドライン」に基づいて手術をしています」のページのリンクをお願い致します。)

また、白内障治療や眼圧測定・緑内障検査を受ける場合は、角膜の形状を考慮して、レーシックを受けていない人とは違った方法を用いる必要があるため、必ずレーシックの経験があることを医療機関や医師に伝えましょう。

術後の合併症

レーシック後に起こる重篤な合併症にケラトエクタジア(医原性の角膜不正乱視)があります。

レーシックが適用でない患者様に対して施術を行うことが原因とされているので、事前の検査でレーシックの施術が可能な眼かどうかの精密な検査が重要になります。

先進会眼科ではそのようなことがないよう、さまざまな術前検査を経験のあるスタッフによって行い、複数人によるチェックを行っております。

また、ケラトエクタジア以外では、ドライアイや光がぎらついて見えるハロー・グレアが起こる可能性もあります。

どちらも一時的な症状であることが多いですが、気になる場合は医師に相談しましょう。

術後の感染症

手術は切開を伴うため、傷口から感染症を起こす可能性は皆無ではありません。感染症により角膜の混濁など他の症状に繋がる可能性があるため、感染症の予防のため先進会眼科では以下のような工夫をしています。

  • 手術に使用する器具の滅菌・消毒の徹底
  • 手術室の清潔管理、環境維持の徹底
  • 術後の生活指導
  • オペ翌日の診察とその後のアフターケア

アフターケアは感染症を予防し、重篤化を防ぐためにも非常に重要と考えております。患者様にも術後の生活で注意していただいた結果、先進会眼科で感染症を起こした例は1例もございません。

感染症を防ぐために、術後数週間の切開創が治り切らない間は、アイメイクや激しい運動などを控える必要がありますので、必ず医師に説明を聞いておきましょう。

視力が低下する可能性がある

レーシックでは「近視の戻り」といって、術後に近視が多少戻ってしまうことがあります。

原因は角膜が元の状態に戻ろうとすることや、生活習慣によって近くのものを見やすいように体が順応してしまうことなどです。もともとの近視が強かった方にこの症状がでることがありますが、術後半年から数年で度数が安定する傾向にあります。

「近視の戻り」は多くは起こりませんが、先進会眼科では再度のオペを角膜の状態によって判断し実施しております。少しのことでもお気軽に医師にご相談ください。

白内障手術の費用

白内障の手術は保険適用の場合とそうでない場合があります。

先進会眼科では、白内障手術は従来の方法に加えてレーザー白内障手術を実施しております。新しいレーザー機器を使用し眼の中の濁った水晶体を摘出する術式です。この方法を選択する場合は自費診療となります。

通常の単焦点のレンズを使用する従来の術式の場合は保険が適用可能です。その場合は遠くか近くのどちらか一方に焦点を合わし、メガネを併用する必要があります。

レーザー白内障手術(多焦点眼内レンズ):両眼176万円(税込み)
レーザー白内障手術(単焦点眼内レンズ):両眼77万円(税込み)
白内障手術(多焦点眼内レンズ):両眼137.5万円(税込み)
白内障手術(単焦点眼内レンズ):保険適用

精密な手術ができるレーザー白内障手術ですが、視界のコントラストが下がることや、ハローグレア、後発白内障、白目の充血・出血、術中の移動時間がかかる、といったリスクがありますので医師に詳しい説明を受けて納得した上で受けましょう。

先進会眼科での白内障手術の費用や詳細について詳しく知りたい方はこちらのページをご覧ください。

また、レーシックの費用については自費診療となります。

先進会眼科では両眼19.8万円~38.5万円(税込み)の範囲で値段を設定しております。

レーシックの費用に関しても詳しくは上記のリンク先にてご覧いただけます。

まとめ

眼に切開創を作って施術するレーシックや白内障の手術にはメリットもありますがリスクも伴います。しかし、先進会眼科ではそういったリスクをできる限り小さくする工夫を行い、これまでの経験を活かして発生を日々抑えています。

また、手術の方法やメリット・デメリット、リスクについて詳しく知ることで不安が解消されることが多いです。先進会では、患者様に対して丁寧なインフォームドコンセント(患者様が理解するまで丁寧に説明すること)を行い、不安を解消してから施術をしております。

患者様には医療機関の選定を慎重に行い、施術を受けてから後悔のないようにしていただきたいと考えております。レーシックと白内障についても詳しくご説明しますので、先進会眼科へお気軽にご相談ください。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113
10:00~19:00(日・祝 10:00~18:00)
休業日/年末年始
執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長

シェアする: