ICL、レーシック、SMILEの治療なら
東京,名古屋,大阪,福岡の先進会眼科へ

クリニック

東京
新宿区西新宿
〒163-1335
東京都新宿区
西新宿 6-5-1
新宿アイランドタワー35F
休診日
毎週火曜日、年末年始

名古屋
名古屋市中区錦
〒460-0003
愛知県名古屋市
中区錦3-16-27
栄パークサイドプレイス4階
休診日
毎週火・水曜日、年末年始

大阪
大阪市北区小松原町
〒530-0018
大阪府大阪市
北区小松原町3-3
OSビル 17F
休診日
毎週火・水曜日、年末年始

福岡
福岡市中央区天神
〒810-0001
福岡県福岡市
中央区天神2-8-38
協和ビル10F
休診日
毎週火・水曜日、年末年始
FAQ

「視力」で検索した結果

28件中 1 - 28 件を表示
1/1ページ
近藤 美鈴
近藤 美鈴 医師

適応検査前に注意事項があります。

ご参照ください。

【コンタクトレンズの制限について】

コンタクトレンズによる角膜への影響を取る為に、事前にお外し頂く必要がございます。

ソフトコンタクトレンズは、検査の3日前から、ソフトコンタクトレンズの乱視用は、検査の1週間前からお外しください。
 ※就寝時も使用されている場合には、2週間の装用中止期間が必要になります。

ハードコンタクトレンズ・連続装用タイプのレンズをご使用の場合は、検査の2週間前から装用を中止してください。
※ハードコンタクトレンズから、ソフトコンタクトレンズに切り替えて使用される場合には、2週間(14日間)以上ソフトコンタクトレンズをご使用頂いた上で、3日間の未装用期間を設けて頂いております。

【内服薬】

現在眼科、内科、心療内科等医療機関への通院があり、お薬を服用・点眼薬等を使用されている方はお薬手帳をご持参をお願いしております。
尚、通院中で長期にわたり治療中の疾患がある場合は、「診療情報提供書」を主治医より記載頂き、当日ご持参ください。

LASIK手術をご希望の方で、不整脈の内服薬のアミオダロンや日本未承認のニキビの治療薬のイソトレチノインを内服された方は、手術後に角膜に重篤な合併症を起こす可能性があるため禁忌となります。

【二重手術について】

二重手術を検討されている方は、視力の変動がある可能性があるため視力矯正手術のより前に二重手術をし、3か月空けてから適応検査のご予約をお願いいたします。
※二重手術後の方は、3か月空けての適応検査のご予約となります。

【妊娠・授乳中や、出産・断乳後3ヵ月以内の方】

ホルモンバランスの変化により、手術後の視力に影響が出る可能性がございます。
また、眼の状態や医師の判断により手術を行うことは可能ですが、手術後の点眼薬が母乳に影響する場合がございます。
予めご了承のうえご来院ください。  
 

【他院で視力矯正手術を受けられた方】

適応検査は、過去に視力矯正手術を受けてない方のご案内となります。
他院で手術を受けられている方は、まずは眼の状態を確認させていただくため、保険診療のご案内をさせていただきます。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

基本的には、近視の進行は25歳前後で止まるといわれていますので、手術後に近視が進み、視力の低下が起こるとは考えにくいことです。

レーシックをお受けいただいて、良くなった視力ですから、暗い場所で物を見るよりも、できるだけ明るい場所で物を見たほうが、目の中の物を見ている場所にたくさん光が入り視力も出やすくなりますので、ぜひ参考になさってください。

岡 義隆
岡 義隆 医師

ICLはレーシックと異なり角膜を削らない手術となるため、視力の低下は起こりにくいです。

視力の低下の原因は様々ですが、パソコンや携帯等手元にピントが合っている状態が続くと、遠くが見えづらく感じることがございます。

遠くを見て眼を休めたり、使用時間等に気を付けてご使用されることを推奨いたします。

万一、視力が低下した場合は、レーザーでの矯正やレンズの入れ替え等で再度視力を回復させることができます。

岡 義隆
岡 義隆 医師

ICLはほとんどの方が予定した視力を得られています。

万一、予定していた視力に満たない場合は、ICLレンズの入れ替えやレーザーでの微調整などで良好な視力を得ることができます。

石山 善三
石山 善三 医師

オルソケラトロジーは手術を行わず視力を矯正する治療方法です。

特殊なハードコンタクトレンズを使用し、睡眠中に角膜の形状を矯正することで、昼間は裸眼で過ごすことができます。
 

石山 善三
石山 善三 医師

オルソケラトロジーの装用を中止すると、いずれ元の視力に戻ってしまいます。
そのため、継続的に装用する必要がございます。
 

また、お子様の近視の進行を抑えるためにオルソケラトロジーをさせている場合は、近視が進行しにくくなる思春期以降まではオルソケラトロジーを続けさせるのが良いでしょう。
 

石山 善三
石山 善三 医師

オルソケラトロジープログラムの流れは以下になります。

1.問診

2.眼科検診(保険診療)
レンズ適応検査・カウンセリング(ご契約の説明)
 

3.トライアルレンズのフィッティング(自費診療)

トライアル費用:9,800円(税込)

ケア用品:3,500円(税込)

4.トライアルレンズでの視力確認

5.ご説明・ご契約

6.処方用レンズお引渡し

初期費用 片眼:24,000円(税込)、両眼:42,000円(税込)

7.1か月検診

8.定期検診(3か月毎)

岡 義隆
岡 義隆 医師

緑内障の方でも眼の状態によっては視力回復手術を受けることができますので、まずは検査へご来院ください。

治療中の場合は、かかりつけ医の先生にご相談し、視力回復手術の了承を頂ければ、診療情報提供書を作成してもらいご持参ください。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

角膜が何らかの原因により薄くなり、眼球から盛り上がるように変形し、視力障害をきたす、眼球の角膜におこる進行性の疾病です。

円錐角膜の初期症状としては、光に敏感になりまぶしく感じる、物が二重に見えるなどの症状から進行します。 

多くは思春期10代~20代に発症し、30歳を過ぎても進行することもあります。

個人差はありますが、多くは40歳過ぎくらいで進行が止まります。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

以前は、眼鏡やコンタクトレンズによる視力矯正、または重度の円錐角膜になりますと角膜移植が主な治療法でしたが、近年では「角膜クロスリンキング」や「角膜内リング」など、眼の状態や病状に合わせて治療法を選択できるようになってきています。

円錐角膜の治療方法について詳しくはこちらをご確認ください。

円錐角膜とはどんな症状?治療方法と原因について

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

円錐角膜の方でも眼の状態によっては視力回復手術が可能です。

まずは保険診療で眼の状態を確認させていただき、患者様に適した手術をご提案させていただきます。

WEB予約のお申し込みはこちらからどうぞ

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

レーシックは、メガネやコンタクトレンズに代わる矯正方法ですので、メガネやコンタクトレンズで視力が矯正できていらっしゃる方は、視力が回復する可能性があります。
一度検査を受けていただければ、どの程度の回復が見込まれるかも含めてお調べすることができます。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

アメリカで実施されたレーシック後10年の追跡調査では88%の人が良好な視力を維持していると報告されています。(ただし、レーシック初期のレーザーの成績ですので、最新技術ではさらに良好な成績になると推測できます)。

世界的にはレーシックが一般に普及して20年を超えており、その間、レーシックで失明したという報告はありません。治療用レーザーの性能は進歩を続けており、20年後、30年後も、十分安全に視力を維持できる治療と言えます。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

レーシックの手術は、左右の眼でレーザーの矯正量を変えることができますので、裸眼視力で左右の見え方に差がある方も、手術が可能です。また、片眼だけでの手術も可能です。

レーシックの手術後は、現在ご使用中のメガネやコンタクトレンズで矯正した後の見え方になりますので、メガネやコンタクトレンズで左右の見え方の差を矯正できていらっしゃるのであれば、レーシックでも同様の効果が考えられます。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

レーシックは視力の回復が早く、手術直後でも一人でご帰宅いただけるくらいまでは回復しており、翌日にはほとんどの方が裸眼視力で1.0~1.5程度の視力に回復しています。

一番感動するのは手術翌日の朝、目覚めた瞬間で、体験者の皆さんからは、「コンタクトレンズをしたまま寝たと思った!」、「時計がハッキリ見えた」、「枕もとのメガネをもう探さなくていい!」、「見えすぎてなんだか自分の部屋が少し狭く感じた!」といった感動の言葉が寄せられています。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

夜間に光がにじんで見える現象をハロー、眩しく見える症状をグレアと呼びます。
これらの症状は、夜間、光を多く取り入れるために瞳孔が開くことが関係しています。

昼間のうちは明るいので、瞳孔は小さく、目の中に入ってくる光は角膜のレーザーを照射した(矯正した)部分を通過して網膜に届きますが、瞳孔が大きい人の場合、夜間になるとさらに瞳孔が大きく開くため、角膜のレーザーを照射していない(矯正していない)部分を通過した光も、網膜に届くことがあります。

そのため、光がにじんで見えるたり、光がまぶしく見える、という症状を感じることがあります。特に、手術直後は手術前の見え方を脳が記憶していますので、ハロー・グレアを感じやすくはなりますが、徐々に慣れていくことがほとんどです。

一方で、症状の出方には個人差があり、光に敏感であるかどうかも関係していると考えられています。そのため、瞳孔がレーザーの範囲より大きくても全くハロー・グレアの症状が気にならない方もいらっしゃいます。

ハローとグレアの発生については、適応検査時に暗いところで瞳孔がどの程度大きく開くかを調べる検査を行うことで、事前にある程度リスクについて予想することができます。

また、アイデザイン リフラクティブ ストゥーディオやアイデザインアイレーシックは、他の手術方法と比べレーザーを当てる範囲を大きく設定することができますので、ハロー・グレアの発生リスクを抑えることができ、手術後の調査では他の視力回復手術よりも4倍多くの方が、「夜間の視力が良くなった」と回答しています。(アメリカAMO社 社内資料)

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

1年以内がほとんどです。

1年以上経過しても視力が変わらない場合は、その視力のまま安定することが多いのですが、稀に、長期間たってから視力が低下するケースもあります。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

車の運転は、手術当日はお控えいただき、翌日検診での医師の判断に従ってください。

視力が回復し、昼間・夜間ともに手術後の見え方に慣れることが必要です。夜間、長距離・長時間の運転は十分に注意してください。

また見え方に不安がある場合は運転を控えてください。なお、個人差はございますが、アイデザインPRKの場合は保護用コンタクトレンズが取れる1週間検診までは運転を控えてください。

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

お客様に安心して手術を受けていただけるよう、充実の再手術保証プログラムをご用意しています。

術式ごとに再手術保証プログラム期間を設定し、万が一、予定した視力に回復しなかった場合、再手術保証プログラム期間内であれば無料で再手術を行います。再手術にあたっては、当院で術後の検診を受けていただき、医師と相談のうえで行います。
※再手術・追加手術は、再手術保証プログラムの期間内であれば初回無料です。

以下の場合には適用されません。

・他院で視力回復手術を受けられた方
・老化による視力低下、事故、怪我による眼の外傷における視力低下の方
・糖尿病や膠原病など全身に重篤な病気をお持ちの方
・白内障や緑内障など眼の病気をお持ちの方
・妊娠されている方
・残存する角膜の厚さなど、詳しい検査によって再手術が不適応となった方
・その他医師の診断により再手術が困難と判断された方

岡 義隆
岡 義隆 医師

ICLは、メガネやコンタクトレンズに代わる矯正方法です。メガネやコンタクトレンズで視力が矯正できていらっしゃる方は、視力が回復する可能性があります。

レーシックでは矯正できない強度近視の方でもICLであれば手術が可能です。
逆に近視が弱い方でも適応になる場合もあります。

適応検査では、ICLが受けられるかだけではなく、どの程度の回復が見込まれるかも含めてお調べすることができます。

岡 義隆
岡 義隆 医師

ICLの手術の有無にかかわらず、老眼になる時期は変わりません。
またICLの手術を受けたからと言って、老眼が進むこともありません。

老眼になるということは、水晶体と呼ばれる目の中のレンズを支えている筋肉が衰え、近くを見るときの調節がうまくできなくなる状態です。

日本人では40歳を超えると老眼になり始め、45~50歳で自覚されるようになります。ICLの手術を受けて遠くが見えるようになると目の良い方と同じように年齢によって近くが見えづらくなり、老眼鏡の使用が必要となります。

当院ではライフスタイルに合わせた視力回復方法をご提案しています。

岡 義隆
岡 義隆 医師

適応検査時では10種類以上の精密な検査のうえ、お客様のご職業やライフスタイルなども考慮して最適な見え方のアドバイスをしております。

患者様にはご納得いただいたうえで手術を受けていただいております。

万が一、希望通りの視力にならなかった場合は、レンズの入れ替えやレーシックで追加の矯正を行うことが可能です。また、レンズを取り除くことも可能です。

また、万全のサポート体制をご用意しておりますのでご安心ください。当院では、術式ごとに再手術保証期間を設定しております。医師によって追加矯正が可能だと診断された場合、再手術保証プログラムの期間内であれば再手術を無料で行い、末永く快適な裸眼生活をお過ごしいただけるようサポートしております。

岡 義隆
岡 義隆 医師

ICLでは、目の中にレンズをインプラントするだけですので、視力の左右差があっても問題なく手術が可能です。

また、片眼だけでの手術も行っています。

岡 義隆
岡 義隆 医師

角膜を削らずに小さな切開創からICLレンズをインプラントするだけなので手術当日から裸眼で過ごすことが可能です。

手術直後は眼の中で若干の炎症が起こっているため見えにくい場合がありますが、翌日から1週間ほどで良好な視力が期待できます。

個人差がありますが、傷口が治癒する1か月から3か月程度で視力は安定します。

岡 義隆
岡 義隆 医師

夜間に光がにじんで見える現象をハロー、眩しく見える症状をグレアと呼びます。

これらの症状は、夜間、光を多く取り入れるために瞳孔が開くことが関係しています。

ICLは、レーシックに比べてコントラスト感度の低下やハロー・グレアを生じにくく、夜間の視力が向上しました。

岡 義隆
岡 義隆 医師

車の運転は、手術当日はお控えいただき、翌日検診での医師の判断に従ってください。

視力が回復し、昼間・夜間ともに手術後の見え方に慣れることが必要です。夜間、長距離・長時間の運転は十分に注意してください

菅沼 隆之
菅沼 隆之 医師

初めてレーシックやICL(眼内コンタクトレンズ)の手術を受けられる方の適応検査は無料で行っております。

過去に当院以外で視力回復手術をされている場合は、まずは保険診療で眼の状態を診させていただいており、後日改めて、視力が安定しているか、再手術が受けられるかの検査を行います。

近藤 美鈴
近藤 美鈴 医師

他のクリニックで視力回復手術を受けられた患者様でも、当院で検診は可能です。

検診は、保険診療での診察となります。

CLINICS

クリニック一覧

TOKYO

東京

〒163-1335
東京都新宿区西新宿 6-5-1
新宿アイランドタワー35F

新宿区西新宿

休診日:毎週火曜日、年末年始

NAGOYA

名古屋

〒460-0003
愛知県名古屋市中区錦3-16-27
栄パークサイドプレイス4階

名古屋市中区錦

休診日:毎週火・水曜日、年末年始

OSAKA

大阪

〒530-0018
大阪府大阪市北区小松原町3-3
OSビル 17F

大阪市北区小松原町

休診日:毎週火・水曜日、年末年始

FUKUOKA

福岡

〒810-0001
福岡県福岡市中央区天神2-8-38
協和ビル10F

福岡市中央区天神

休診日:毎週火・水曜日、年末年始

クリニックを選択してください

CLOSE