お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
診療時間 平日10:30~19:00 /日祝10:30~18:00
english English 新型コロナ対応施策

レーシックのよくある質問

レーシックの効果について

視力が0.1以下ですが、視力が回復する可能性はあるのでしょうか?
レーシックは、メガネやコンタクトレンズに代わる矯正方法ですので、メガネやコンタクトレンズで視力が矯正できていらっしゃる方は、視力が回復する可能性があります。 一度検査を受けていただければ、どの程度の回復が見込まれるかも含めてお調べすることができます。
レーシックをした20年後、30年後は、どうなるのでしょうか?
アメリカで実施されたレーシック後10年の追跡調査では88%の人が良好な視力を維持していると報告されています。(ただし、レーシック初期のレーザーの成績ですので、最新技術ではさらに良好な成績になると推測できます) 世界的にはレーシックが一般に普及して20年を超えており、その間、レーシックで失明したという報告はありません。治療用レーザーの性能は進歩を続けており、20年後、30年後も、十分安全に視力を維持できる治療と言えます。
レーシックを受けると老眼になるのが早まるのでしょうか?
レーシック手術の有無に関わらず、老眼になる時期は変わりません。 老眼になるということは、水晶体と呼ばれる目の中のレンズを支えている筋肉が衰え、近くを見るときの調節がうまくできなくなる状態です。 日本人では40歳を超えると老眼になり始め、45〜50歳で自覚されるようになります。レーシックを受けて遠くが見えるようになると目の良い方と同じように年齢によって近くが見えづらくなり、老眼鏡の使用が必要となります。
レーシックで老眼は治療できますか?
レーシックは、近視・遠視・乱視を対象とした矯正方法ですので、老眼そのものを治療することはできません。 当院では、老眼治療に白内障も同時に治療ができる「多焦点眼内レンズ」を導入しています。お客様の目の状態と、これまでの実績やデータに基づき、医師がライフスタイルや要望に合わせたプランを提案いたします。
レーシックは誰でも受けることができますか?
レーシックはすべての方ができるわけではなく、適応条件がございます。 レーシックをご希望の場合は、まずは適応検査を受けていただき、手術を受けていただくことができるかどうかを判断し、最も適した術式をご案内いたします。 ※17歳以下の方は眼が成長の過程にあるため手術を受けることができません。
レーシックをすれば、誰でも希望通りの見え方になるのですか?
適応検査時に、手術後の見え方のシミュレーションを行い、お客様のご職業やライフスライルなども考慮して最適な見え方のアドバイスをさせていただいております。 また、当院では万全のサポート体制をご用意しておりますのでご安心ください。術式ごとに保証期間を設定しております。医師によって追加矯正が可能だと診断された場合、保証期間内であれば再手術を無料で行い、末永く快適な裸眼生活をお過ごしいただけるようサポートしております。 角膜の厚みの問題で、再手術が難しい方もいらっしゃいますので、その結果は適応検査の際にお伝えしています。 ※再手術・追加手術は、初回無料です。 ※2回目以降の再手術・追加手術は有料です。
視力の左右差があってもレーシックの手術はできますか?
レーシックの手術は、左右の眼でレーザーの矯正量を変えることができますので、裸眼視力で左右の見え方に差がある方も、手術が可能です。また、片眼だけでの手術も可能です。 レーシックの手術後は、現在ご使用中のメガネやコンタクトレンズで矯正した後の見え方になりますので、メガネやコンタクトレンズで左右の見え方の差を矯正できていらっしゃるのであれば、レーシックでも同様の効果が考えられます。
乱視でもレーシックを受けることができますか?
現在、使用中のメガネやコンタクトレンズで、乱視を矯正できていらっしゃれば「レーシック」によって、同様に矯正可能です。 乱視とは、角膜にゆがみのある状態をいいます。 本来、乱視の無い正視の方の眼はテニスボールのような球形ですが、乱視の人の眼は、球ではなく、ラグビーボールのような楕円な球形になっています。そのために、その角膜から入ってくる映像がゆがみ、見るモノがぼやけたり、2重3重に見えたりします。この状態が「乱視」です。 レーシックでは正確にピントが合うように角膜の歪んでいる部分をレーザーで削り、乱視も矯正します。
レーシックで遠視の矯正は可能ですか?
レーシックで遠視矯正も可能です。
レーシックの手術後どれくらいの期間で視力が回復しますか?
レーシックは視力の回復が早く、手術直後でも一人でご帰宅いただけるくらいまでは回復しており、翌日にはほとんどの方が裸眼視力で1.0~1.5程度の視力に回復しています。 一番感動するのは手術翌日の朝、目覚めた瞬間で、体験者の皆さんからは、「コンタクトレンズをしたまま寝たと思った!」、「時計がハッキリ見えた」、「枕もとのメガネをもう探さなくていい!」、「見えすぎてなんだか自分の部屋が少し狭く感じた!」といった感動の言葉が寄せられています。
花粉症ですが、レーシックはできますか?
レーシックは、角膜の表面を薄く削り、フラップといわれる角膜の蓋のようなものを作成し、角膜にレーザーを照射した後、フラップを元に戻して手術が終わります。 このため、目をこすることによってフラップがずれてしまう可能性がありますが、かゆみを感じる前ならば何の問題もなくレーシックを受けていただくことができます。 コンタクトレンズをされている方にとっては、空気中に飛散している花粉がコンタクトレンズに付着することで、かえってアレルギー症状を強くしてしまうことがありますので、レーシックの手術後は花粉症の症状が軽くなったという声もいただいています。
レーシックを受けられない状態、疾患などはありますか?
全身に重篤な病気をお持ちの方(重度な糖尿病、膠原病など)や目の病気の方(白内障、網膜疾患、緑内障など)。 ※症状によっては、手術可能なケースもあります。 妊娠・授乳中の方、その他精神系やホルモン系の薬を服用されている方はレーシックの適応から外れる場合があります。 治療中のご病気がある方は、適応検査にお越しいただく前に、以下の項目を診療情報提供書として主治医に記載していただき、検査当日にお持ちいただいた上での判断となります。 診療情報提供書に記載していただく項目 1.診断名・これまでの治療経過・現在の症状 2.お薬の処方があれば、服用期間・種類・量 3.レーザー屈折矯正手術(レーシックの正式名称)の許可 ※通院・加療中のお客様の場合は、当院での適応判断以外に、通院先の主治医の判断で、レーシックを受ける事で現在の治療に影響を与えないかどうかの確認が必要になります。その際は、レーシックでは、手術中・手術後の一定期間、ステロイド点眼薬を使用することを先生にお伝えください。 上記の内容が記載されている診療情報提供書であれば、特に書式は問いませんので、通院先の病院でご用意していただいたものをお持ちください。
レーシックはどのクリニックで受けても同じ結果になりますか?
同じ検査機器を使用していても、クリニックによって検査技術と、条件が異なる為、同じレーシックであっても結果が異なります。 特に、オーダーメイドの「アイデザイン リフラクティブ ストゥーディオ」や「アイデザインアイレーシック」、「アイデザインPRK」などは、検査結果により一人ひとりの目に合わせた照射プログラムを作成するため、手術結果が大きく異なります。
レーシックで過矯正になるって本当ですか?
レーシックは正視を目標に屈折を調整しますが、レーザーの反応には個人差があるため、ごく稀に過矯正気味になる方もいらっしゃいます。 万が一、過矯正になった場合、当院では充実のサポート体制をご用意しておりますのでご安心ください。 ▶アフターケアについて( https://senshinkai-clinic.jp/after/ ) また、もしご不安な場合は、医師と相談の上、軽く近視を残す低矯正という方法もございます。詳しくはお問合せください。

レーシックの検査について

レーシックの手術前の検査は、どのような検査があるのですか?
角膜形状解析、角膜内皮細胞検査、瞳孔径、他覚的屈折検査、角膜厚測定、細隙灯顕微鏡検査、眼圧測定、自覚的屈折検査、眼底検査などがあります。
レーシックは入院しないといけないのですか?
レーシックは日帰りで行える手術なので入院の必要はありません。
レーシックの手術のために、何回通院する必要がありますか?
レーシックの手術の過程は、大きく分けて、以下の3つの過程があります。 1.手術前の適応検査とカウンセリング 2.手術 3.手術後の検診 1回目のご来院は、レーシックができるか否かを見極める適応検査と診察、手術の説明です。カウンセリングでは、ご不明点やご質問を納得されるまでご質問ください。 実際にレーザーの照射方法や照射量を決める検査も行います。電話かインターネットでご予約をいただきます。この検査の所要時間は2時間半から3時間です。レーシックが可能な患者様には、手術日のご予約をいただきます。 2回目のご来院は、手術日当日です。 来院からご帰宅までの全工程は約1時間半〜2時間程度を目安にお越しいただいています。手術自体は、両眼およそ10分で終了します。手術終了後、すぐにご帰宅いただけます。 手術後の検診は受けていただく手術方法により異なりますが、レーシックの場合、手術翌日、1週間、1か月の受診をお願いしています。 ※手術前の検査結果によって、再検査にお越しいただくこともあります。 ※眼の状態によっては手術前に治療が必要な場合がございます。
コンタクトレンズを使用していますが、レーシックを受ける場合、どんな準備が必要でしょうか?
コンタクトレンズを使用している方は、角膜にコンタクトレンズの影響がございますので、本来の角膜の形状で検査を行うために、コンタクトレンズの未装用期間が必要となります。 角膜についたレンズの影響は、コンタクトレンズを外すとすぐになくなるものではなく、一定期間コンタクトレンズを外していただくことで、ゆっくりと元の状態に戻ります。また、未装用期間は、あくまでも平均的な目安となり、角膜が本来の形状に戻るまで個人差がありますので、1日でも長くコンタクトレンズの使用を中止してからの来院をおすすめいたします。検査の際にコンタクトレンズの影響が残っている場合は、再度、検査をお願いすることとなります。 近視用ソフトコンタクトレンズをご使用中の方 3日以上外していただいた状態で検査へお越しください。 乱視用ソフトコンタクトレンズ、遠近両用ソフトコンタクトレンズをご使用中の方 1週間以上外していただいた状態で検査へお越しください。 ハードコンタクトレンズをご使用中の方 2週間以上外していただいた状態で検査へお越しください。 連続装用ソフトコンタクトレンズ※、オルソケラトロジーをご使用中の方 1か月間以上外していただいた状態で検査へお越しください。 ※連続装用とは、夜眠っている間もレンズをつけたままにしておく装用法です。

レーシックの手術について

レーシックの手術の跡は残りますか?手術したことが分かりますか?
アイデザインアイレーシックやiFSイントラレーシックは、フラップと呼ばれるフタを角膜の表面に作ります。手術直後はよく見るとこのフラップの縁の部分がわかりますが、フラップが完全に癒着した後は一般の方が普通に目を見てもその跡を見ることはできません。 アイデザインPRKなどの場合は、レーザーで取り除いた角膜上皮が再生してくれば切り口はふさがりますので、レーシックのような跡は残りません。
レーシックの手術中に瞬きをしても大丈夫でしょうか?眼が動いてしまっても大丈夫でしょうか?
術の際は専用の器具でまぶたを固定しますので、瞬きをすることはできません。 当院のエキシマレーザー ビジックス・スター S4 IRには3Dアクティブ・アイ・トラッカーという自動追尾機能が備わっており、手術中のお客様の目の動きを追いかけ、レーザー照射します。 もし、眼球が大きく動いた場合は、自動的にレーザー照射を停止する安全機能も備わっています。この機能により、「絶対に目を動かしてはいけない」という過度の緊張から開放されリラックスした状態で手術を受けていただけるようになりました。 なお、手術の際には点眼麻酔を使用しますので、特に痛みを感じることはございません。その点は、ご安心ください。
レーシックの手術中の様子は見えますか?
手術はすべて眼から近い距離ですので、ほとんど何も見えないまま手術が終了します。 フラップを作成するフェムトセカンドレーザーや角膜を矯正するエキシマレーザーを照射しますが、レーザーが当たっているような感覚もありません。

レーシックの手術後について

レーシックの手術後、パソコンの使い過ぎや暗い所でTVを見たりすることで再度視力は低下しますか?
基本的には、近視の進行は25歳前後で止まるといわれていますので、手術後に近視が進み、視力の低下が起こるとは考えにくいことです。 レーシックをお受けいただいて、良くなった視力ですから、暗い場所で物を見るよりも、できるだけ明るい場所で物を見たほうが、目の中の物を見ている場所にたくさん光が入り視力も出やすくなりますので、ぜひ参考になさってください。
レーシックの手術後のハロー・グレアとはどのような症状ですか?
夜間に光がにじんで見える現象をハロー、眩しく見える症状をグレアと呼びます。 これらの症状は、夜間、光を多く取り入れるために瞳孔が開くことが関係しています。 昼間のうちは明るいので、瞳孔は小さく、目の中に入ってくる光は角膜のレーザーを照射した(矯正した)部分を通過して網膜に届きますが、瞳孔が大きい人の場合、夜間になるとさらに瞳孔が大きく開くため、角膜のレーザーを照射していない(矯正していない)部分を通過した光も、網膜に届くことがあります。 そのため、光がにじんで見えるたり、光がまぶしく見える、という症状を感じることがあります。特に、手術直後は手術前の見え方を脳が記憶していますので、ハロー・グレアを感じやすくはなりますが、徐々に慣れていくことがほとんどです。 一方で、症状の出方には個人差があり、光に敏感であるかどうかも関係していると考えられています。そのため、瞳孔がレーザーの範囲より大きくても全くハロー・グレアの症状が気にならない方もいらっしゃいます。 ハローとグレアの発生については、適応検査時に暗いところで瞳孔がどの程度大きく開くかを調べる検査を行うことで、事前にある程度リスクについて予想することができます。 また、アイデザイン リフラクティブ ストゥーディオやアイデザインアイレーシックは、他の手術方法と比べレーザーを当てる範囲を大きく設定することができますので、ハロー・グレアの発生リスクを抑えることができ、手術後の調査では他の視力回復手術よりも4倍多くの方が、「夜間の視力が良くなった」と回答しています。(アメリカAMO社 社内資料)
レーシックの手術後の近視の戻りは、いつぐらいからおこるのですか?
1年以内がほとんどです。 1年以上経過しても視力が変わらない場合は、その視力のまま安定することが多いのですが、稀に、長期間たってから視力が低下するケースもあります。
レーシックの手術後にコンタクトレンズはつけられますか?
レーシックを受ける前と角膜形状が変わっていますので、ハードコンタクトレンズは装着しづらくなる場合があります。 ソフトコンタクトレンズはお使いいただくことができますが、手術前と比べフィット感が変わっていますので、使い始めは違和感を感じる可能性があります。
レーシックの手術後にカラーコンタクトレンズはつけられますか?
カラーコンタクトレンズの装着は手術後1か月以降可能ではありますが、レーシックを受ける前とはコンタクトレンズのフィット感も変わってくるため、基本的は使用しないほうが良いです。 また、お洒落目的のカラーコンタクトレンズの中には、品質に問題があるものが存在します。酸素透過性のよくないコンタクトレンズを装用すると、角膜が腫れたり傷がついてしまったり感染症の原因となる恐れがありますので、眼科医に相談の上、安全性が確立されているコンタクトレンズをお選びください。
レーシックの手術を受けた場合、翌日から仕事をすることは可能でしょうか?
デスクワークなどは手術当日と翌日、屋外作業やハードワークなどは手術当日から翌々日までの2日間は、お休みいただきますようお願いしています。 手術翌日の検診が終わればお仕事を開始することが可能ですが、車の運転は、手術当日は控えるようご案内しています。手術翌日以降は、見え方に不安がない場合は十分に注意をして運転してください。
レーシックの手術後、車の運転はいつから可能ですか?
車の運転は、手術当日はお控えいただき、翌日検診での医師の判断に従ってください。 視力が回復し、昼間・夜間ともに手術後の見え方に慣れることが必要です。夜間、長距離・長時間の運転は十分に注意してください。 また見え方に不安がある場合は運転を控えてください。なお、個人差はございますが、アイデザインPRKの場合は保護用コンタクトレンズが取れる1週間検診までは運転を控えてください。
レーシックの手術後、いつ頃からお化粧はできますか?
手術後1週間はアイメイクとファンデーションを控えてください。他の部分のお化粧は、眼の周りは避けていただければ、翌日の検診以降から可能です。 手術当日はお化粧、香水、整髪料、香りの強いクリームなどのご使用をお控えください。(エキシマレーザーの効果に影響します) ※基礎化粧品(化粧水、乳液)は、目の周りを避ければ手術当日もご使用いただけます。
レーシックの手術後、いつからお風呂に入れますか?
洗髪、洗顔ともに翌日検診終了後から可能です。手術当日も肩から下のシャワーは可能ですが、眼に水が入らないようにご注意ください。顔は濡れタオルで拭く程度にしてください。
フラップの強度はどれくらい?
手術当日は、絶対に触らないようにご注意ください。 また無理に力いっぱい眼をつぶったりしないようにしてください。 万が一フラップがずれたとしても翌日の検診にお越しいただいたときに処置ができますので、必ず翌日の検診は受診をお願いしています。
フラップが取れたらどうなるの?
当院ではこれまで過去にフラップが取れたケースはございません。万が一取れた場合でも治療法はございますのでご安心ください。
レーシックの手術後、予定した視力に回復しなかった場合はどうなりますか?
当院では、お客様に安心して手術を受けていただけるよう、充実のアフターケアをご用意しています。術式ごとに保証期間設定し、万が一、予定した視力に回復しなかった場合、保証期間内であれば無料にて再手術を行います。再手術にあたっては、当院で術後の検診を受けていただき、医師と相談のうえで行います。 ※再手術・追加手術は、初回無料です。 以下の場合には適用されません。 ・他院で視力回復手術を受けられた方 ・老化による視力低下、事故、怪我による眼の外傷における視力低下の方 ・糖尿病や膠原病など全身に重篤な病気をお持ちの方 ・白内障や緑内障など眼の病気をお持ちの方 ・妊娠されている方 ・残存する角膜の厚さなど、詳しい検査によって再手術が不適応となった方 ・その他医師の診断により再手術が困難と判断された方
レーシックを受けると、眼圧が低くなるというのは本当ですか?
いいえ、実際に低くなっているわけではありません。 レーシックの手術後は、角膜の形状が平坦化し角膜厚が薄くなっているため、眼圧計によっては、見かけ上の眼圧が低く測定される場合があります。手術後に眼科を受診される際は、眼圧を正確に判定するためレーシックを受けていることをお伝えください。

レーシックの費用について

レーシックの手術費用がクリニックごとに差があるのはどうしてですか?
レーシックは自由診療ですので、料金はクリニックごとに設定します。 当院では、手術後の相談・検診などのアフターケアを含めての手術料金としてご案内させていただいております。保証期間内は、相談や検診にいつ来院いただいても、無料で対応します。
レーシックは生命保険の医療給付の対象ですか?
生命保険・医療保険でレーシックが手術給付金の対象になる場合があります。加入している保険の種類にもよりますが、一般的に3万円〜10万円くらいの手術給付金が支給されます。 どれくらいの額が支給されるか、また手術給付金の対象か否か、詳しくは現在、ご加入されている保険会社へ事前にお問合せください。 お問合せの際の正式な手術名称は、「レーザー角膜屈折矯正手術」とお伝えください。 保険会社へ手術給付金の請求をする場合、診断書の作成が必要になります。多くの保険会社では、給付金申請用の診断書フォームをお持ちですので、その書類をお取寄せの上クリニックにお持ちください。保険会社専用の診断書フォームがない場合は、当クリニックの診断書をご用意させていただきます。 診断書が完成しましたら(約1週間程度)保険会社へご提出ください。給付金申請手続きが開始されます。 ※診断書の作成には一通5,500円(税込)の手数料が掛かります。
レーシックは医療費控除の対象ですか?
1月から12月までの間に、本人または家族(税法では「生計を一にする親族」といいます)が支払った医療費が10万円を越える方は、確定申告をすれば税金の還付が受けられます。 (10万円を超えた医療費全額が戻るわけではなく、所得税率など複雑な計算によって、最終的な還付金額が決定いたします) 確定申告の時期は1月から12月までの間に支払った医療費を、通常翌年の2月16日から3月15日までに申告します。当院では、手術代金の領収書を発行いたしますので、大切に保管し確定申告の際に、控除対象か否かをお住まいの地域税務署にお問い合わせください。
レーシックでは健康保険は使えますか?
レーシックは、健康保険の対象外の自由診療にあたります。 健康保険はご利用になれませんのでご了承ください。
乱視も入っている場合は、レーシックの手術費用は変わりますか?
近視と乱視の両方を治療するからといって、別途費用が、加算されることはありません。また当院では皆様に安心してレーシックを受けていただくために費用体系を明確にしております。