お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
診療時間 平日10:30~19:00 /日祝10:30~18:00
HOME > レーザー白内障手術とは

レーザー白内障手術とは

レーザー白内障手術は、白内障の手術の方法の1つです。白内障手術は、症状の原因となる「濁った水晶体」を取り出して人工レンズを挿入する手術です。従来の白内障手術と同じような流れで手術を行いますが、濁った水晶体を摘出する過程で、レーザーを使用します。

当院では、フェムトセカンドレーザーを使用したFLACS(Femto Laser Assisted Cataract Surgery:レーザー白内障手術)を行っています。従来の白内障手術では、角膜の創口作成、前嚢切開(水晶体嚢に円形の窓を作る)、水晶体の核の分割、乱視矯正角膜切開といった手技が術者の技能に委ねられる部分が多かったのですが、FLACSにより、ミクロン単位の非常に精密な手技が、高速で行えるようになりました。

これらの手技は、白内障手術後の見え方に関係するとても大事な部分です。FLACSを使用して精密な手技を施すことで、「裸眼視力の屈折矯正の精度」を上げることが可能となります。特に多焦点眼内レンズを希望される場合は、その効果を最大限引き出すことが期待できます。

白内障とは

白内障とは、水晶体が白く濁ることによってさまざまな症状が引き起こされる病気です。
視界が全体的にかすむ(霧がかかったような視界)、光がまぶしくなる、暗いときと明るいときで見え方が違うなどは、白内障の典型的な症状です。

白内障は、年齢が上がるとともに患者数が増加する疾患です。現在の日本では若年性の白内障発症率が高くなりつつあり、30〜40歳を過ぎたら水晶体が混濁することも多く、中には10代後半での白内障発症例も見受けられます。

白内障の治療

白内障は、症状が進行しても手遅れということはありませんが、他の病気を併発することもあります。
仕事や生活に支障が出ていない場合は、点眼治療を行います。水晶体が透明に戻る治療ではなく、あくまでも白内障の進行を抑える治療です。
仕事や生活に支障が出てきた場合は、外科的手術にて人工レンズを挿入します。

レーザー白内障手術のメリット

従来の白内障手術ではまた、治療計画の立案や術中のそれぞれの手技が「術者の技量」に委ねられていました。しかし、レーザー白内障手術ではより精密な治療計画の立案が可能であり、術中の手技も治療計画に基づき自動で行われるため、従来よりも安全で正確な手術が可能となりました。

レーザー白内障手術のメリットをまとめると、大きく4つあります。

  1. 1計画通りに、より正確で安全な切開ができる

    従来の白内障手術では、術前の計画に従いながら術者が手動で切開をしていましたが、レーザー白内障手術では患者様の目の状態に合わせて精密に手術計画を決定し、プログラムされた通りにレーザーを動かして切開します。より正確で、安全性の高い手技を施すことができます。

  2. 2合併症が起こりにくい

    従来のように、超音波破砕の機器で水晶体の核をすべて破砕するのではなく、レーザーで核を小さくしてから超音波で乳化して吸引します。超音波の振動を受ける時間の短縮、振動エネルギーの低減が可能となり、眼への負担が減ります。また、水晶体嚢への前嚢切開もレーザーで正確に行えることから、術後合併症が起こりにくいといわれています。

  3. 3手術後の目の負担が減る

    すべての角膜切開をレーザーで行うこと、術後の角膜の「ゆがみ」を軽減できます。また術中にも屈折状態を計測することにより、人工レンズの中心(焦点)のズレが調整できます。結果的に、術後の屈折のズレの軽減や乱視のコントロールも可能となり、裸眼視力の向上が期待できます。

  4. 4多焦点レンズおよび多焦点+乱視レンズとの相性が良い

    白内障手術では、摘出した水晶体の代わりに人工レンズを挿入します。特に多焦点レンズおよび多焦点+乱視レンズを使用する場合、角膜のゆがみやレンズの中心のズレは術後の裸眼視力の向上を妨げてしまいます。しかし、レーザー白内障手術はより精密な手技により手術が進行し、人工レンズの焦点を中心において挿入できるため、多焦点レンズおよび多焦点+乱視レンズとの相性も良いとされています。

手術で使用する最先端手術機器

フェムトセカンドレーザー「LenSxレーザー」

白内障手術用フェムトセカンドレーザー(LenSx®レーザー)は、白内障手術で最も高度な手技が必要な手術の過程を、 人の手に頼らず、全自動で非常に正確にレーザーで行うことのできる最先端の白内障手術機器です。

従来、術者の「経験」や「感覚」に頼って行われていた白内障手術が、フェムトセカンドレーザーに搭載されている完全に統合されたシステムにより、非常に精度が高く高速に行えるようになりました。
生体適合性の高い安全なレーザーで、その精度は従来の手術の1000倍、0.01mm単位での切開が可能です。当院では、5,000件以上の症例実績がございます。

センチュリオン®ビジョンシステムCENTURION® Vision System

次世代の白内障手術装置とも称されるアルコン社のCENTURION® Vision Systeを導入しています。

術中の状況を最適化するように設計された白内障手術装置です。
手術中の眼内圧の変動を抑え術中合併症の危険性も低減しました。
白内障で濁って固くなった水晶体を短時間で効率よく砕き、吸引できるようになりました。

コンステレーション®ビジョンシステムCONSTELLATION® Vision System

コンステレーション®ビジョンシステムは、白内障と硝子体手術を同時に行うことができる最新の手術装置です。
「眼内レーザー」「ガス注入」「シリコンオイル注入」など、あらゆる機能が搭載されています。

また、従来機種に比べて硝子体カットレートが倍速になったことや、 精密にコントロールされる灌流圧供給システムで、より安全で確実な手術が可能になりました。

ORA術中波面収差解析装置 ORA™ System

ORAシステムは、白内障治療における眼内レンズ(以下「IOL」)の挿入術時に使用される術中診断ツール。屈折情報を術中リアルタイムに提供でき、より精度の高い手術をサポートする日本初の装置です。

IOL挿入術では、術前診断してレンズ度数や固定位置を事前に設定しますが、切開や水晶体除去などをすることで目の状態が変化するため、設定した度数や固定位置に誤差が生じることがあります。特に多焦点および乱視用のIOL移植においては、僅かな差が結果に影響を及ぼす可能性があるため、より正確なデータを使用することが望まれています。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113 (レーシックいい瞳)
10:30~19:00(日・祝 10:30~18:00)
休業日/年末年始

手術の手順(レーザー白内障手術の場合)

実際の白内障手術は、次の手順で行います。

  1. 01サクションリングで眼球を固定します。

    サクションリング:レーザーを照射するために眼球を固定するリング

  2. 02三次元光干渉断層画像診断装置(3D-OCT)にて眼球の状態を読取り、詳細な治療計画を立てます。
  3. 03フェムトセカンドレーザー照射を行います。治療計画に従い、角膜切開、水晶体嚢前面の切開、水晶体核の細分化(固くなった水晶体の核をレーザーで細分化かつ乳化する)などを行います。
  4. 04超音波白内障手術装置を利用し、細分化された水晶体の核を吸引、除去します。
  5. 05袋だけになった水晶体嚢内に、創口から小さく折り畳んだ眼内レンズを挿入します。
  6. 06眼内の余分な眼粘弾性物質を除去し、創口を閉じます(縫合はしません)。

最先端のレーザー白内障手術機器を完備

先進会眼科を運営する医療法人先進会においては、「白内障手術成功率100%」「手術後感染症発生率0%」を開業以来連続で達成しております。現在も白内障手術で広く用いられている従来型の単焦点眼内レンズでは、レンズ特性上1点にしか焦点が合わず、多くの場合、近くを見る為には眼鏡が必要でした。

しかし現代では何歳になっても、趣味やスポーツや仕事などを行う事が十分可能な時代であり、お一人お一人の生活のスタイルを尊重し、快適な生活"QOL"を送る上で、視力、特に裸眼視力の向上"QOV"は重要度を増してきました。この夢を実現させることが出来る眼科手術を当院ではご提供させて頂いております。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113 (レーシックいい瞳)
10:30~19:00(日・祝 10:30~18:00)
休業日/年末年始

手術費用

レーザー白内障手術
(割引適用あり)
両眼70万円~(税別)
(レーザーを使用しない場合は保険適用になります)

このページトップへ ↑
先進会眼科TOPページへ ↑