お気に入りに追加する
フリーダイヤル0120-049-113
診療時間 平日10:30~19:00 /日祝10:30~18:00
english English 新型コロナ対応施策

先進会眼科コラム

眼瞼下垂は眼科で相談しましょう

歳を重ねてまぶたが以前のようにぱっちり開かなくなった、というお悩みはありませんか?眼を閉じるつもりがないのに、まぶたが下がってしまう場合には、眼瞼下垂の疑いがあります。

眼瞼下垂は本人が眼を閉じようと思っていなくてもまぶたが下がってくる症状であり、視野が狭くなるだけでなく、眼精疲労、頭痛、肩こりなどの症状を引き起こすこともあります。

眼瞼下垂の原因は加齢によるものが多いですが、まぶたを引っ張る腱膜の異常や筋肉の異常、神経の異常に起因するものもあります。

眼瞼下垂が疑われる場合、まずはまぶたの筋肉の機能を測定する検査を実施します。加齢やコンタクトレンズの長期使用などが原因で筋肉機能の衰えがあったり、神経の麻痺によるもであったり、眼球の周囲に炎症があったりするなど、眼瞼下垂が起こる原因を特定することが大切です。

眼瞼下垂という病名があるくらいですので、眼科の分野で治療が患者さまからは「眼瞼下垂の治療は美容」というイメージをお持ちの方も多いと思いますが、決してそのようなことはなく、まず眼科を受診して病気が隠れていないか診察してもらいましょう。

今回は眼瞼下垂を眼科で受診すべき理由について詳しく説明していきます。

眼瞼下垂の原因

まず、分かりやすく大別いたしますと、
1,まぶたの機能に問題がある
2,まぶた自体には問題が無いのに神経系に問題がある
3,まぶたの機能には問題が無いが見た目のバランスが悪い
に分けられます。

応じたそれぞれの治療は
1, → 眼瞼下垂手術
2, → 脳内神経外科等と連携した治療
3, → 美容形成手術
が必要になります。
この中で最も注意すべきが、2のまぶた自体には問題が無いのに神経系に問題がある場合です。この診断・判別には眼科での精密な検査が必要となり、場合によっては脳MRI、CT、特殊な血液検査等が必要となります。

そして、少し専門的になりますが、医学的な眼瞼下垂の原因は、先天性眼瞼下垂・後天性眼瞼下垂・その他の要因の3つに分けることができます。

まぶたを引き上げる上眼瞼拳筋が生まれつき欠損していることや、動眼神経の生まれつきの異常などが原因になるのが先天性眼瞼下垂です。先天性眼瞼下垂の手術の時期は、下垂の程度や両眼性か片眼性か、視力の発育状態(弱視)、年齢などを考慮して決定します。

後天性眼瞼下垂は、まぶたを引き上げる腱膜に異常がある「腱膜性」、重筋無力症やホルネル症候群など筋肉自体に異常がある「筋原性」や、動眼神経麻痺やコンタクトレンズの長期使用などによって筋肉を支配する神経に異常が起こる「神経原性」に分けられます。

眼瞼下垂の多くは腱膜性の下垂です。腱膜性の下垂は加齢によるものが多いですが、最近はコンタクトレンズの長期装着による眼瞼下垂も注目されています。これらの眼瞼下垂は手術で治療します。

眼瞼下垂の医学的診断基準は、MRD-1による程度分類と、拳筋機能の測定で行います。

<MDR(角膜反射と上眼瞼縁の距離)の基準>

正常:2.7㎜以上

軽度下垂:1.5㎜~2.7㎜(意識して眼を開けたら瞳孔が隠れなくなる)

中等度下垂:0.5㎜~1.5㎜(意識的に眼を開けても瞳孔の上側の縁が一部隠れる)

重度下垂:0.5㎜以下(頑張って眼を開けても瞳孔が半分以上隠れる)

眼瞼下垂は眼科で受診するのがおすすめ

最近まぶたが重い気がする、少しまぶたが下がって目つきが鋭くなった等と思われる方は眼瞼下垂が疑われます。しかし、単にまぶたが下がってきたからといって、眼瞼下垂ではなく他の病気(内科的・神経内科的)が隠れている場合もあります。

また、眼瞼下垂という診断のもと手術をする場合にはドライアイではないか、黒目の部分に傷が無いかなど、手術後に不都合なことが起こらないように確認しておくことは重要なことです。そのため、まずは眼瞼下垂に詳しい眼科を受診するのがおすすめです。

眼科で相談・受診するメリット

「まぶたが下がってきたかもしれない」と思われる場合、まず眼科で本当に眼瞼下垂なのかどうか、また、他の病気が原因になってはいないかを早めに調べましょう。

また眼瞼下垂の手術を受けた場合、術後にこれまでまぶたが被っていた眼が露出することになるので、まぶしく感じたり、ドライアイになったり、もともとドライアイの場合には悪化したりすることがあります。

まぶたの被り方が変わることから乱視に影響が出る場合もあり、症状が安定してくるまで眼科での治療が必要になることがあります。

診療の上で手術前からの経過が把握できることは非常に重要なので、最初から眼科の受診をされることをおすすめします。

眼科で受診するのがおすすめな人

眼科では病気に対する手術については保険診療の範囲内で治療を受けられることが多いですが、美容外科は病気ではない部位に治療を施すケースが多いため、ほとんどの手術を自由診療(自己負担)で受けることになります。

眼瞼下垂の程度が強い方や、他に原因があるかどうか不明な場合はまず眼科受診をおすすめします。

眼瞼下垂の治療法

眼瞼下垂に対する治療は基本的には手術です。なお、二重の手術で治そうと考える方もいらっしゃいますが、まぶたを二重にしても眼瞼下垂を治せません。 

先天性眼瞼下垂の場合は、まぶたの筋機能を回復する手術を実施します。ただし、先天性の場合は、重症化していなければ慌てて手術をすることは少なく、経過を見ながら自然治癒を待ち、ある程度経っても改善しなければまぶたの筋機能を回復する手術を実施します。 

後天性で、かつ軽症の場合は、緩んでしまったまぶたを持ち上げる筋肉を短くすることで張力を回復し、まぶたが開きやすくします。重症の場合は、おでこの筋肉の収縮がまぶたを上げる作用を持つため、その筋肉を利用してまぶたを持ち上げる手術を行います。おでこの力を利用して、眉の部分とまぶたの部分の間にトンネルを作り、そこに人工の素材や筋膜を通して吊り上げます。

<眼瞼下垂の手術方法>

・拳筋短縮術:眼瞼拳筋の先にある拳筋健膜やミューラー筋を切り取る方法

・腱膜前転術:瞼板から離れてしまった拳筋健膜を元の位置に縫い付ける方法

・前頭筋吊り上げ術:眉毛を上げる前頭筋とまぶたを繋ぎ、眉毛の動きを使ってまぶたを上げる方法

・眼瞼皮膚切除術:余っているまぶたの皮膚を切り取る方法 

重症筋無力症の場合などは、免疫抑制薬や神経伝達を強める薬を用いて治療し、脳梗塞などが原因で動眼神経麻痺が生じている場合には、まずは元の病気の治療を行います。

手術は通常局所麻酔で行われるので、手術方法によっては日帰りが可能なケースもあります。

■まとめ

先進会眼科東京先進会眼科大阪先進会眼科福岡のそれぞれのクリニックで詳細の検査、眼科専門医による診察を行っています。治療が必要か、適切な治療は何か、治療しないほうが良いか、ということまで丁寧に検査や診察をさせていただきます。さまざまな原因で起きる眼瞼下垂は、原因を見極めて、適切な治療を受ければそれだけで改善できる可能性があります。もし、眼瞼下垂と思われる症状が出た場合、なるべく早めに受診するようにしましょう。

検査の
申し込みはこちら
お電話での申し込みはこちら 0120-049-113 (レーシックいい瞳)
10:30~19:00(日・祝 10:30~18:00)
休業日/年末年始

執筆:岡 義隆

日本眼科学会認定眼科専門医
日本白内障屈折矯正手術学会 理事
先進会眼科 理事長

記事一覧